メダカと一緒に飼える魚や生き物は何がいる?

一番手軽に飼い始めることができ、初心者向けだとおもい、飼い始めたはいいものの、メダカだけだと寂しいと感じ、他の生き物を入れてみたいと思ったら最後まで読んで見てください!

メダカと一緒に入れられる魚は何がいる?

アクアショップなどに行くと必ず販売しているメダカですが、そのメダカにも種類がたくさんあり、飼育や混泳(一緒の水槽で飼う事)が難しい種類もいます。

今回は混泳が比較的しやすい種類で考えてお教えします。

ドジョウ

アクアショップなどに行くと販売されているドジョウ! 地味なイメージが付きがちですが、白色のドジョウや、縞模様がある種類まで、意外と地味色だけではありません!

どじょうは砂の上や砂の中など、水槽の下で暮らしています。

種類にもよりますが、ドジョウな中にも気性の荒い種類がいます。

よく販売されている中でなら、ホトケドジョウと言われる種類が気性が荒く肉食性が強いです。

ホトケドジョウとの混泳は避けておきましょう!

ネオンテトラ等の小型熱帯魚

熱帯魚と小型熱帯魚の混泳ってできるの!? と驚かれるかとも思いますが、熱帯魚と混泳をする場合には、必須条件があります。

ヒーターをいれましょう!! メダカは日本の気温差や水温に耐えることができますが、熱帯魚はその名の通り熱帯にいる魚です! 水槽にヒーターは必須アイテムとなっています!

水量によって選ぶワット数などが変わってくるので購入の際は注意して下さい!

ヒーターさえ入っていれば、ネオンテトラやカージナルテトラ、ラスボラエスペイ等の小型熱帯魚との混泳が可能です!

実際に著者はネオンテトラやエンゼルフィッシュとメダカの混泳に成功しています! ただし必ず成功するわけではありません。 魚同士の個体差や性格によっては難しい場合もあるので、一気に混泳開始ではなく、最初数匹と混泳して、大丈夫そうなら増やしていく。 という方法をお試しください!

コリドラス

水槽のコケ取り、汚れ取りで有名な コリドラスです!

↓他のコケ取り生物はこちらから!

コケ を食べる 熱帯魚! 水槽 の コケ を食べつくせ! ~淡水編~
どんなに掃除をしていても生えてくるコケ。 コケの対処方法や掃除方法はたくさんあるけど面倒くさい、、、 その厄介なコケや汚れは魚や生き物...

コリドラスも熱帯魚の仲間になるのでヒーターを必ず入れて下さいね!

コリドラスは砂の上で他の食べ残しの餌などを食べてくれます! メダカとも相性がそこまで悪くないので、混泳は比較的しやすいです!

メダカと一緒に入れられる魚以外は何がいる?

エビ(ヤマトヌマエビ、ミナミヌマエビ)

↑写真はヤマトヌマエビ

コケ取りなどで大活躍してくれるエビです!

日本の川にすんでいるエビなので、水温が低くても大丈夫!! 特に喧嘩などもせず、一緒に飼う事ができます!

ただし、ビーシュリンプ系の熱帯にすむエビと一緒に飼う事は難しいです。

ヒーターを入れても難しので余りオススメはできません

貝(イシマキガイ、ラムズホーン、ヒメタニシ)

↑写真はイシマキガイ

水槽面や砂の上をノソノソ歩く貝です! 意外と見ていると癒されるんです!

コケも取ってくれるのでオススメです!

ただし、ラムズホーンやヒメタニシは繁殖をするので、気がつくと水槽内が貝だらけ!? という事になりかねないので、最初購入する時は気持ち少なめにするか、イシマキガイの購入をしておきましょう!

メダカってどうやって飼うのが正しいの?

そもそも、メダカってどうやって飼うのが正しいんだろう? と疑問に思った事はありませんでしょうか?

ペットショップやアクアショップでメダカを飼う為のセットを買って、それで飼い始めたけど、今後どう飼えばいいのか? という質問を頂く事があります。

身近にいるので飼っている人は多いですが、以外にも正しい飼い方を知っている人は少ないです!

メダカを飼うに当たっての基本をお教えします!

水槽の選び方

メダカなどの小型魚は、1匹対して最低1リットルの水が必要とされています。

小さすぎる入れ物での飼育はオススメできません! また、水槽に水量以上の沢山のメダカを入れてしまうと、メダカがストレスを感じたり、水質悪化は早まる原因となってしまうので注意しましょう!

外でメダカを飼育する場合は気をつけるべき事がたくさん! 気をつけましょう!

水槽の水の換え方

水槽の水は週に1回、3分の1から2分の1を目安に換えていきます!

新しくいれる水は、水温と塩素に気をつけましょう!

水槽に入っていた水と同じ水槽に合わせた水を作りましょう!

水道水には塩素が入っているので、その塩素は抜かなければいけません!

塩素の抜き方はトロピカの他記事を見てみましょう!

餌の上げ方

餌はメダカ用の餌を購入してあげましょう。 餌の値段はピン切りです。特にこれをオススメ! という物はありませんが、100円均一などで販売されているものは避けておきましょう!

目安として1日1回、もしくは2回あげましょう。1回のあげる量はそのメダカが食べ切れる量です。残してしまうと水質悪化の原因ともなりますし、食べ過ぎると肥満気味になってしまうので気をつけましょう!

メダカの混泳は難しいの?

混泳出来ない魚はいるの?

本来なら、混泳は避けた方がいい種類の魚も勿論います! 大まかに分けて3種類をご紹介!

  1. 肉食魚
    無いとは思いますが、アロワナやガーなどの肉食魚とは混泳出来ません! 食べられてしまいます!
    川で釣った魚と一緒に飼おう! なんて思っている人はいないでしょうか? 日本の川魚にも肉食性の魚はいます! 一緒に飼えば食べられてしまいますよ!!
  2. 金魚
    混泳している人は多いのではないでしょうか! 実は金魚との混泳もあまりよくありません! 金魚の性格上、口に入るものは何でも食べてしまいます! 雑食性なのでメダカでも食べてしまうんですね。
    金魚と一緒に飼える魚や生き物は何がいる?
    夜店やお祭りなどで金魚をゲットして、飼い始めたはいい物の、金魚だけだと寂しいと感じ、他の生き物を入れてみたいと思ったら最後まで読んで見てくだ...
    金魚と何故混泳が難しいかはこちらに書いてあります!
  3. カメ
    混泳している人は少ないとは思いますが、カメも駄目です! 食べられます! 肉食性が強い種類もいるのでやめておきましょう。

種類によっては混泳は難しい! メダカは種類が多い!

メダカは本当に沢山の種類がいます!

【今、人気のメダカと種類について】

↑の記事でも書きましたが、品種改良が進み、一匹何千円もするようなメダカがいるくらいです!

そのくらいメダカの品種改良は進み、日々新しい種類のメダカが生まれています!

その為、一般的なメダカと比べ飼育が難しい種類もいます。

ダルマメダカ等は混泳にあまり向いているとは言えません。 その種類だけで飼うのがいいでしょう。

よく販売されている ヒメダカ、楊貴妃、ミユキ、白黒メダカなどは比較的飼育が簡単で、混泳も難しくありません!

ラメが入っている種類や色が何色もある種など、少し値段の張るメダカ達は、多少弱い傾向にあるので、心配な場合はヒーターを入れたり、室内で飼ってあげましょう

メダカは種類が沢山いますが、特に喧嘩をする種類などはいませんので、基本的には大丈夫です! もし今の水槽に飽きてしまったら、水草を入れてみたり、ヒーターを入れて熱帯魚と飼ってみたり、他の種類のメダカを飼うなど、色々試してみて下さい!

ピラニアやプレコ、熱帯魚から爬虫類、小動物に囲まれて暮らす元ペット・アクアショップ店員です。
魚の魅力は勿論、それ以外の動物の魅力も発信していけるよう、今日もピラニアを愛でつつ精進していきます。