トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

コケの生えない水槽とは!?海水魚水槽のコケを極力抑える方法をご紹介

海水魚水槽もコケ(苔)が生えるのか

淡水にはコケが(苔)が生えることをご存じの人も多いのではないでしょうか。

その理由として、日本に住んでいれば金魚を飼育した経験がある人や、金魚が飼育されている水槽を見た事がある人が多いと思います。

そして、少なからずほとんどの水槽にコケ(苔)が生えているとおもいます。

このことから、淡水水槽にはコケ(苔)が生えることがわかりますね。

では、今回のお話である海水水槽にはコケ(苔)が生えるのでしょうか。

結論から申し上げますと、淡水同様コケ(苔)は生えます。

そのため、淡水同様で海水水槽専用のコケ抑制剤も各メーカーが商品化しています。

でも、コケが生えにくい水槽の淡水編でもお伝えしましたが、

プロとしては抑制剤をあまりオススメできません

その理由は、淡水の抑制剤を使用して副作用と同じです。

では、海水水槽における美しい水槽維持はどうすれば良いのでしょうか。

コケを抑える水槽機材について

コケの発生を抑える機材の代表として、代表的な機材を2つ紹介します。

RO浄水器

水道水には塩素や重金属のほかにも、コケ(苔)の栄養素となるケイ酸など、

魚以外にも、サンゴやイゾギンチャクの育成に不必要かつコケ(苔)発生の元となる、

数多くの物質が含まれております。

そのため、浄水器を使用しこれらの不純物を可能な限り除去した純水を作り出します。

この純水を使用することで、コケ(苔)の発生を抑制いたします。

紫外線殺菌筒

ろ過ポンプへ接続し、飼育水へ紫外線を照射することで、

コケの胞子を殺しコケ(苔)を抑制します。

また、ゴミやフンを分解するので水の黄ばみが消え水槽が綺麗にみえることや、

病原菌も殺菌し病気を抑制する効果もあります。

海水魚水槽のコケ(苔)撃退生物について

上記で説明した機材の使用もオススメですが、

設置スペースの確保や高価な機材のため気軽に設置できないことが難点です。

そこで、水槽管理のプロである、

私達、東京アクアガーデンオススメのコケ撃退生物をご紹介します。

シッタカ貝

日本に生息するバテイラと呼ばれている貝です。

食用で出回ることが多く、市場ではシッタカ、もしくはシッタカ貝と呼ばれていることから、観賞魚業界でもシッタカ貝と呼ばれることが多いです。

上の赤丸で囲ったシッタカはちょうど水槽面にへばりつきコケを食べているところです

そして、この貝のコケ取り能力は非常に優れており、

60センチのスタンダード水槽なら10匹入れていればまず綺麗に保てるとおもいます。

ただし、底砂をパウダーなども細かい砂を選定すると砂にとっかかりが無いため、

貝自身が起き上がれずそのまま死んでしまうことがあります。

もし、ひっくり返っていたら手で起こしてあげましょう。

マガキ貝

こちらもシッタカ貝同様、日本に生息しています。

食用で出回ることが多く、私も食べたことがありますがとてもおいしかったです!!

マガキ貝は砂を綺麗にする清掃能力があります。

海水水槽の多くは、白色を基調としたサンゴ砂を使用することが多いため茶色のコケが生えると見栄えが悪くなります。

それを、綺麗に清掃するのがこのマガキ貝なんです。

目安として、60センチ水槽で3匹~5匹程度入っていると綺麗に保てるとおもいます。

ヤエヤマギンポ

こちらはお魚です。

ヤエヤマというだけあって、日本でいうと八重山諸島のある沖縄周辺に生息しています。

この魚は、主にライブロックから生えてくる藻類を綺麗に食べてくれます。

コツとしては、まだライブロックが綺麗に段階で入れることをオススメします。

もっさりと藻が生えてからだと撃退まで時間がかかりますので。

そして、縄張り意識が強く基本的に水槽1本に対して1匹しか入れることができません。

美しい海水魚水槽を保つために

最近は、インテリアの一部としていろいろな所で、美しい海水魚水槽を見かける機会が増えてきているとおもいます。

美しく管理するには、ここで説明したことをまず実施してみてください。

ただ、最も大切なことは日々の水槽管理にあります。

できるだけ毎日餌を与える時に、全ての魚が餌を食べているか、また機器が正常に作動しておりかなど、昨日との変化を確認することが非常に大切になっていきます。

しかしながら、美しく水槽を管理したくても時間が無い、

でも水槽は美しく保ちたいと思う人もいらっしゃるとおもいます。

その時は、是非弊社東京アクアガーデンまでご相談ください

水槽を綺麗に保つための貴重な時間を弊社に管理を任せていただくことで、

美しい水槽を保ちながら、空いた時間で好きなことをする時間を増やせるのではないでしょうか。