トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

こんなに簡単!!底面ろ過機で作る本格アクアテラリウム水槽の作り方

アクアテラリウム水槽。

陸上と水中の両方を1つの水槽で楽しめるレイアウト水槽のことです。

普通の水槽と異なり水を水槽の半分程度でとどめるため、

陸上の水の流れや、水中へ注ぐ際の水の滴る音も楽しめる、

自然の一部を切り取ったレイアウトを作り目と耳で観賞することが、アクアテラリウム水槽の一番の魅力です。

では、いざ作ろうとしたらどんなものが必要なのか、費用はどのくらいかかるのか気になりますよね。

そこで、今回は誰でも簡単に本格的なアクアテラリウム水槽が作れる魔法の方法をお伝えしてまいります。

他のアクアテラリウム水槽のレイアウトはこちら!↓↓

アクアテラリウム水槽資材

水槽

ガラス水槽(w600×d300×h450)

ろ過機

  1. ニッソー SQ10×2式
  2. ろ過マット×2
  3. ウールマット

照明

ニッソーカラーライト600(2灯式蛍光灯)

底砂

大磯砂7厘 約10キロ

レイアウトアイテム

  1. 流木
  2. 溶岩石

レイアウト植物

  1. ウィローモス
  2. 観葉植物4株
  3. アヌビアスナナ3株
  4. サジタリア5株

アクアテラリウム水槽作り方手順

底面ろ過機設置

今回2つのろ過機を使用しますがここがプロの技です。

実際はろ過機を1でも出来ないことは無いのですが、水上だけだとどうしても水中の流れが弱くなり、水面に油膜が発生してしまいます。

そのため1機を水上から流して、もう1機水中で回すことで水中の淀みをなくし美しいアクアテラリウム水槽を維持可能なのです!

ろ過機の位置を決めたら、底面ろ過機へ付属している透明のプラスチックパイプを適切な長さへカットし接続します。

最後に底面ろ過上にウールマットを敷きます。

ウールマットの役目は、はろ過ポンプが砂を吸わない様にするための役割です。

これでろ過機セットは完成です。

砂を敷く。

次に大磯砂を入れていきます。

ここでもプロの技をお伝えします。

砂を敷く高さですが、必ずポンプ付近を高くしてください。

理由としまして、この底面板上の砂を通過しポンプアップされます。

つまり、通過する部分の砂の量でろ過能力が決まるのです。

これをすることで後の管理が楽になりますので、必ず実施しましょう。

レイアウト準備

水槽半分弱まで水を注ぎます。

注ぎ終えたらろ過機の電源を入れます。

陸上のレイアウトをする上で、ろ過機を作動させながら作っていくと簡単です。

レイアウト開始

さあ、ここからが一番楽しいレイアウトですね!!

時間が許す限り思いっきり楽しんでやりましょう。

まずは、土台を置きます。

今回は土台として握りこぶしよりやや大きい溶岩石を2個使用します。

その上に、同じくらい大きい平らな溶岩石を置きそこへ足に見える様流木を2個配置します。

そうしたら、メインの流木を置きます。

ここが今回のレイアウトにおける一番のポイントです!!

このメインの流木で水の流れを演出するため、水が美しく流れる様に平らなものを使用します。

そのため、陸上から出ているろ過ポンプの水がメインの流木に流れる様に配置します。

最後に、メイン流木の固定とろ過ポンプを隠す様に小さい溶岩石を配置し完了です。

ウィローモスの配置

アクアテラリウムには色々なコケが存在しますが、最も簡単なのがこのウィローモスです。

これを、水を流したい場所や水が激しく飛び散っている場所へ配置していきます。

基本的には自由ですが、メインの流木から出てくる水を阻害しない様に注意してください。

阻害してしまうと、水上の水の流れが悪くなり植物が綺麗に育ちづらくなってしまいます。

観葉植物の配置

植物を置く際は、必ずウィローモスの上に置いてください。

ウィローモスの上でないと、植物の根に当たる水分量の調節がうまくいかず枯れてしまします。

また、観賞の観点から根は見えない様に配置してください。

これだけで、一層本格的なアクアテラリウム水槽ができます。

水草の配置

最後に水中に水草を配置します。

水中の水草は無くても良いのですが、今回はより本格的なアクアテラリウム水槽を作ることがテーマでしたので少し入れてみました。

配置場所のポイントとしまして、流木や石に添わせる感じで配置すると良いでしょう。

完成

いかがでしょうか。

こんなに簡単な設備で本格的なアクアテラリウム水槽が出来てしまうのです!!

普通の水槽に飽きた人、初めてアクアリウムをやる人、来訪客をあっと驚かせたい人にオススメです。

また、今回かかった費用としておよそ10,000円です!!

ここまで本格的なアクアテラリウムをこの金額で作るには、この仕様しか無いでしょう!

アクアテラリウム水槽最大の魅力である、自然の一部を切り取った空間をを皆さまの生活する空間へ取り込んでみてはいかがでしょうか。

※コメントは承認後に表示されます