トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

コケだらけ の 金魚水槽 ! どうする?!

金魚を水槽に入れてしばらく経つと、どうしても生えてくるのが『コケ』。

金魚水槽は他の水槽よりコケが生えやすいなんて噂も。

コケの生える理由と、金魚水槽でのコケの対策をご紹介いたします!

なぜ金魚水槽にコケが生えるのか

コケは藻類で、植物性です。水草に近い属性を持っています。

まず、栄養がなければ成長できません。

栄養というのは有機物…つまり、金魚のフンや餌の食べ残しなどです。

それに十分な光が合わさると、コケは成長を始めます。

例えば、水換えが少なく、水が汚れていたり、底砂に糞などのゴミが溜まっていたり、太陽の光が当たったりすると、ほぼ確実に発生します。

糞など汚れが溜まる=水以外の養分が増える=水の富栄養化、ということです。

特に金魚は排せつ物がとても多く、水が富栄養化しやすいです。

富栄養化とは、私たちからしたら汚れた水(水以外の成分が増えている)ですが、コケからしたら大好物の栄養素でいっぱいの状態を指します。

そしてコケも植物性ですから、生きていくのに光が必要です。

その状態で強いライトや日光が当たれば、爆発的に繁殖していくのは当然ですよね。

コケの胞子はあらゆるところからやってきます。

一番多いのは、ショップで購入した水草についていることです。

水槽にいれる前に良く洗っても、発生してしまうことがあります。

風に乗ってくるなど諸説もあり、コケの胞子を完全に断つのは不可能と言えます。

【コケ関連記事】

金魚水槽でのコケ対策

出来てしまったコケは、取る以外に対策はありません。

コケを取る方法は2つ。

  • コケが好物の生体に食べてもらう。
  • スポンジなどで、削ぎ取る。

コケが好物の生体にたべてもらう

普通の熱帯魚水槽より、金魚水槽でのコケ対策はちょっぴり難しいです。

熱帯魚水槽では、コケが好物の生体(コケ取り生体)のヤマトヌマエビやオトシンクルス、ラムズホーンやイシマキガイなどを数匹入れて対処する場合が多いです。薬品などを使うよりも安全だし、効率も良いからです。

【コケ取り生体についてはこちら】

しかし金魚水槽ではそういうわけにはいきません。

というのも、コケ取り生体は比較的、小さい体格のものが多いですよね。

金魚は縄張り意識があるし、口に入れば割と何でも食べてしまいます。

つまり、自分の体格より小さい生体はいじめるし、エビや貝は食べてしまうのです!

コケを退治する前に、コケ取り生体が全部食べられてしまった…なんてこともよくあります。自分と同じくらいのサイズの生体だったり、口に入らないサイズの貝であれば共存できなくもないですが、なるべく生体に頼らないコケ対策が必要であると言えます。

スポンジやクレーパーなどで削ぎ取る

生体が使えないとなると、残る手段は自らの手で削ぎ取る以外にありません。

金魚は水草を丸坊主にするなど、強い草食性を持つ魚です。

幸いにして、コケ自体は金魚の大好物であります。

コケクレーパーで削ぎ取ったコケは、金魚にあげると喜んで食べますよ!

コケを生やさない方法

それでも、やはり削ぎ取るのはなかなかの労働です。

そもそもコケを生やさない方法はないのか?と考えてみました。

光を当てない!

コケが成長するには強い光が必要であると、最初のほうで書きました。

光を抑制すればコケも減るのではないか?

単純な方法ですが、効果てきめんでした。

まず、光が入り込む窓には、黒い紙を貼りました。

そして水槽に対しては、弱めのLED照明のみ、8時間だけつけることで、コケは驚くほど発生しなくなりました。

LEDは水草育成にはあまり向かないといわれており、その点を逆手に取った方法です。

当然マツモやアナカリスなどの水草育成には向きませんが、水草を入れず、金魚の飼育だけに絞った水槽なら有効な方法です。

※ただし、長期にわたり光を弱めすぎると、体色が薄くなる恐れがあります。

水流を弱める!

コケは水流の強い場所にできやすいです!

水流が強い=水が良く当たる=養分が運ばれてきやすいからです。

決まった場所からいつもコケが生えてしまう場合は、水流を疑ってみましょう。

金魚は泳ぎが下手なので、強い水流が苦手な個体が多いです。

水流の強さを調整してやるのも一つの手です。

水換えを適切にする!

コケは富栄養化した水が大好きです。

結局のところ、水槽内の栄養のバランスが整っていれば、爆発的に水槽を埋め尽くすこともありません。

富栄養化を防ぎ、水質のバランスを保つ方法…それは水換えや定期的なフィルター掃除です!

また、金魚の数を調整するのもポイントです。

水槽に対して金魚が多すぎると、当然、排せつ物が多くなり富栄養化も早まります。

見た目より多くの水を必要とする魚が金魚です。

目安として、金魚は1cmにつき1Lの飼育水が必要です。例えば5~7cmの金魚が3匹なら60cm水槽にするなど、適宜買い替えてあげてください。

コケが生えるのは、生物が住める水の証

とにかくアクアリストを悩ませるコケですが、生えてくるということは、水草が育ちやすい環境が整っているのです。つまり、生物の住める水の証でもあります。

コケが生えてきたら、あとは栄養のバランスをとるだけです。

水は透明で、栄養素までは判断しにくいですが、定期的に掃除をすれば栄養素を一定に保てます。=水質も安定します。

水換えや掃除は大変ですが、かわいい金魚たちの為に頑張りましょう!