トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

【塩浴まとめ】熱帯魚の塩水浴の方法と効果、期間について

塩浴(塩水浴)は体力の回復に効果があります

塩は、熱帯淡水魚にとって必要なミネラル

「塩」は「薬」として、病気の初期段階であればある程度の効果が期待できます。

1週間くらい塩水浴することで、体調が良くなると言われています。

【注意!】

塩は水草水槽の中には入れないでください。水草が枯れてしまいます。

塩浴は、写真(上)のように隔離水槽で行いましょう。

熱帯淡水魚もストレスや水質、エサなど、さまざまな原因で病気になることがあります。

下記症状のように「おかしいな?」と思ったことはありませんか?

  • 泳ぎ方が少しおかしい
  • いつもより元気がない
  • 体型が崩れている

環境を変えても、弱ってしまった魚を元気にすることは素人ではなかなか難しいもの。

そんな時、まずは「塩浴」をしてあげましょう。

※病気を治療するというより、「体力を回復させる」という意識で行いましょう。

どうして弱った魚に塩(塩浴)が効果的なの?

その理由は、大きく分けて2つあります。

浸透圧の調整

淡水魚でも、体を流れる血液や体液には塩分が含まれております。
また、淡水魚が生活する飼育水中には塩分は含まれておりません。

すると、体の内側と外側に浸透圧の差が生まれます。

塩分は、浸透圧が高い方→低い方に移動しようとする性質があります。分かりにくい方は、漬物の作り方をイメージされるとわかりやすいかと思います。

健康な熱帯魚であれば何も問題はないのですが、けがや病気などの理由で体調を崩している熱帯魚にとっては、このわずかな差が体力を奪う原因となります。

そのため、体の外側の浸透圧を内側の浸透圧に合わせてあげよう、というのが塩浴の目的です。

塩を入れ、熱帯魚にとって住みやすい環境を整えてやることで、熱帯魚の自然治癒力の後押しをしてやる、というのが塩浴の仕組みの一つなのです。

殺菌効果

塩の主成分、塩化ナトリウムには殺菌効果があり、塩分に弱い寄生虫や病原菌の殺菌効果が期待できます。

実は、塩の殺菌効果の正体は、上記で解説した浸透圧が関係してきます。

病原菌や寄生虫の細胞の浸透圧は、熱帯魚の浸透圧よりも低いです。
つまり、熱帯魚にとって快適となる塩分濃度でも、病原菌にとっては高すぎる塩分濃度です。

そうなると、病原菌・寄生虫の細胞内から水分を奪い、これらを死滅させることができます。

これが、塩の殺菌効果の正体なのです。

どんな塩を使えばいいの?

一般的に売られている食塩でOK。

ただし、化学調味料が含まれている塩など、アミノ酸がまざっている塩は使わないようにしましょう。

魚用の塩も売っています。

初心者の方、迷っている方は、専用塩を使いましょう。

塩はどのくらいの量を入れるの?

初心者は濃度0.5パーセントにしましょう。

(※0.5%の塩水は、水1リットルに対して塩5グラム)

0.8パーセントにするととても危険です。

そして、分量通りだからといって塩は一気に入れるのではなく、数回に分けて入れてください。

プロのおすすめ:ティーバックに入れてゆっくりと自然に溶かすといいですよ。

塩浴はどのくらいの期間続ければいいの?

基本は、お魚が元気になるまで。

まずは1週間同じ濃度で塩浴しましょう。

ただし、水換えで濃度が急に変わると危険です。

塩浴のポイント:塩を入れたら、最低でも1、2日のペースで水換えを行いましょう。

あまりに弱った魚だと、疲れてしまうので注意が必要です。

下記記事を参考に、丁寧に行いましょう。

病気の原因 トップ3

できることならば、塩浴をしなければならない状況を避けるのがベストです。

どういうときに、熱帯魚は病気になってしまうのか考えてみましょう。

  1. 急激な水温の変化・水質悪化
  2. 病気の魚の持ちこみ
  3. エサの質と量

病気のほとんどは、水質の急変や悪化が原因です。

水かえ、エサやり、新しい魚の追加時など、水質が急変しやすい作業は、いつも丁寧に行うようにしましょう。

変だと感じたら、まずは飼育環境をチェック!

魚が病気にならない環境を作りましょう。

また、熱帯淡水魚の病気と一言で言っても、さまざまな種類があります。

こちらの記事で、予防と対策方法をチェックしてください!

水温の急変に気をつけましょう!

硬度やpHの変化など、熱帯魚に影響を及ぼす要因は様々ですが、何といっても水温の急変には気をつけましょう。

魚にとって水温の変化は私たち人間が思っている以上にストレスになります。
特に暑い夏、寒い冬は要注意!

夏は水温が上がらないようにクーラーで対策を!

冬は水温が下がらないように、ヒーターを使用しましょう。

まずは病気にさせないことが第一

大事に飼育している淡水魚が病気になったら慌ててしまいますよね。

病気になったらどうしよう…と心配する前に、魚にとって快適な環境=病気にならない環境を作ってあげることが大切です!

塩浴の紹介記事でしたが、塩浴をしないといけない事態にならないよう、愛情を持って熱帯魚を育ててあげてくださいね!

※コメントは承認後に表示されます