熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

初心者におすすめの金魚10選!強くて飼育しやすく、購入しやすい種類!

金魚といっても、様々な種類があります。

この記事では初心者でも飼育しやすい金魚の種類10種を紹介したいと思います!

金魚には大きさ・模様・色・体形など異なる個所がたくさんあり、どんな金魚に魅力を感じるかも人それぞれでしょう。

出目金や水泡眼のように少し変わった形をした金魚に魅力を感じる人や、琉金や土佐錦といった金魚らしい容姿に魅力を感じる人もいるでしょう。

どんな金魚を飼育するかは、飼育者次第ですが、見た目の美しさ・可愛らしさのみで飼育する金魚を選んではいけません。

金魚を長く元気に飼育させるためにも金魚の種類ごとの正しい飼育方法を学びましょう。

初心者におすすめの金魚10選を動画で見る!

初心者におすすめの金魚10選!強くて飼育しやすく、購入しやすい種類!

YouTubeチャンネル『トロピカチャンネル』ではアクアリウムに関する情報を動画で解説。通勤通学時間のお供に是非チャンネル登録お願いします!

金魚にはどんな種類がいるの?

金魚には体の長い和金タイプ(長手)と、丸っこくてヒレが長い琉金タイプ(丸手)がいます。中にはランチュウのように背ビレのない金魚や、ピンポンパールのように特殊な鱗を持つ金魚もいます。

金魚にはその種類ごとに飼育難易度の違いがあり、とても丈夫で飼育が簡単な種類もあれば、

かなり飼育に気をつかう種類もあります。

まずは、以下に紹介する金魚を参考に、自分の飼育技術と比較して飼育できそうな金魚を選定してみましょう。

飼育技術に関しては、金魚飼育を続けていれば誰でも身に付いていくものです。

飼育が簡単な種類から始めるのも良し、少し飼育難易度の高いものから始めるも良し。

しっかり飼育法を勉強すれば、挑戦してみても良いでしょう。

↓↓↓↓金魚飼育に関連する記事はこちら↓↓↓↓

初心者におすすめ!飼育しやすい金魚 10選

今回は飼育難易度が低く、育てやすい品種を10種類ご紹介します。

それぞれ違った魅力がありますので、是非様々な種類の金魚飼育に挑戦してみましょう!

飼育しやすい金魚その1 和金(ワキン)

金魚 姉金(和金)【こだわりの生体をお届けします 名生園】

サイズ ~16cm
価格 約50円~(1匹)
飼育の難しさ ●〇〇〇〇
性格の特徴 温和・元気
混泳(複数飼育)

金魚といえば最初にイメージするのが和金でしょう。

和金はとても丈夫で飼育も簡単な品種です。

金魚の祖先であるフナに形がよく似ており、細長の体形で、色は赤色や更紗模様が一般的です。

また有名がゆえに、流通量も多く安価で入手できます。

飼育しやすい金魚その2 コメット

国産金魚 コメット 個体サイズ約:8~10cm [生体]

サイズ ~17cm
価格 約480円~(1匹)
飼育の難しさ ●〇〇〇〇
性格の特徴 元気・俊敏
混泳(複数飼育)

コメットは名前からも想像がつくと思いますが、アメリカ産の金魚です。

日本の琉金と和金を交配して作り出された種類で、長い尾ひれが一番の特徴です。

和金同様とても丈夫で飼育しやすいですが、和金に比べるとやや運動量が多いので、

大き目の水槽で飼育するのが望ましいでしょう。

飼育しやすい金魚その3 朱文金(シュブンキン)

(国産金魚)朱文金(1匹)

サイズ ~17cm
価格 約480円~(1匹)
飼育の難しさ ●〇〇〇〇
性格の特徴 元気・俊敏
混泳(複数飼育)

コメット同様にフナ型金魚特有の丈夫さを持っている金魚です。

三色出目金との交配によって作り出された、キャリコ(朱、白、墨の三色)模様が特徴でコメット同様運動量が多いので大き目の水槽で飼育してあげましょう。

コメットとの違いは主に体色であり、藍色・赤色・白色・黒色が混ざった美しい雑色です。

さらに朱文金の鱗は光を反射する鱗が混ざっているため独特な色合いを生み出します。

飼育しやすい金魚その4 出目金(デメキン)

金魚 出目金(でめきん)国産【生体 名生園】

サイズ ~16cm
価格 約850円~(3匹)
飼育の難しさ ●●〇〇〇
性格の特徴 温和
混泳(複数飼育)

出目金は文字通り、大きな眼球が横に飛び出している特徴的な品種です。

この特徴的な目を気持ち悪いと感じる人もいますが、大きく飛び出した目とフリフリ泳ぐ姿に魅力を感じる人も多いです。

色は様々な個体がありますが金魚では珍しく、真っ黒な個体が最も人気です。

丈夫で飼育しやすい品種ですが、泳ぐのは得意ではないので、ほかの金魚との混泳は避けましょう。

飼育しやすい金魚その5 琉金(リュウキン)

(国産金魚)琉金(1匹)

サイズ ~16cm
価格 約850円~(1匹)
飼育の難しさ ●●〇〇〇
性格の特徴 温和
混泳(複数飼育) △(琉金とは〇)

金魚といえば、この琉金を思い浮かべるかたも多いのではないでしょうか。

中国から沖縄を経て日本に輸入されたため、琉金という品種名がつけられました。

琉金は紅白の更紗模様も鮮やかで、長いヒレをふりふりと泳ぐ華麗な姿が愛され、古くから飼われてきた代表的な金魚です。

丈夫で飼育難易度も低いですが、出目金同様泳ぐのが苦手なので、混泳や水流の強さに注意しましょう。

琉金同士の混泳は問題なくできます!

飼育しやすい金魚その6 更紗和金

(国産金魚)更紗和金 志村養魚場産(1匹)

サイズ ~17cm
価格 約500円~(1匹)
飼育の難しさ ●〇〇〇〇
性格の特徴 温和
混泳(複数飼育)

更紗模様(赤と白のまだら)が可愛らしい和金です。

尾ヒレの形が普通の和金とは違い、3つ尾か4つ尾になっています。通常の和金より高価ですが、きめ細かな鱗の光沢と、更紗模様の美しさが楽しめる金魚です。

非常に強健で、飼育難易度も和金と同じく容易です。

普通の和金よりやや水流に弱いですが、一般的な飼育環境なら問題なく飼育できます!

飼育しやすい金魚その7 三色和金(キャリコ和金)

サイズ ~17cm
価格 約1680円~(1匹)
飼育の難しさ ●〇〇〇〇
性格の特徴 温和・元気
混泳(複数飼育)

キャリコ(三色)カラーの和金です。

こちらも更紗和金同様、非常に強健です。更紗模様に墨(黒)がはいった和の美しさを持つ金魚です。

どの店舗でも、比較的大きめの個体(13cm程度)が流通しており、初めはびっくりしてしまうかもしれませんが、逆に体力があるため、そう簡単にはへこたれません。ただし、少し高価です。

餌の食べ方も迫力があって可愛らしいですよ!

飼育しやすい金魚その8 桜和金

荻野産 シルク和金 SM [生体]

サイズ ~16cm
価格 約1280円~(1匹)
飼育の難しさ ●〇〇〇〇
性格の特徴 温和・元気
混泳(複数飼育)
ショッピングサイトを選べます

こちらは、ほんのりピンク色の和金です!

基本は赤と白のカラーですが、更紗和金のように金属質でなく、乳白色に透ける鱗を持ちます。そのため、体の色が透けて桜色に見えるというわけです。

黒目がちな個体が多く、とても可愛らしい金魚です。和金ですので丈夫で、基本的な飼育環境があれば大丈夫です。

飼育しやすい金魚その9 ゴールデンコメット(イエローコメット)

イエローコメット 短尾 1匹

サイズ ~17cm
価格 約780円~(1匹)
飼育の難しさ ●〇〇〇〇
性格の特徴 元気・俊敏
混泳(複数飼育)

ポップなオレンジ~イエローカラーがかわいらしい、コメットの仲間です!

コメット同様、泳ぎが得意で元気な金魚です。こちらもやや大きめの水槽を用意してあげると良いです。

同じ系統でレモンコメットイエローコメットなどもおり、それぞれ爽やかなゴールドカラーをしています。

飼育しやすい金魚その10 キャリコリュウキン

金魚 キャリコ(キャリコ琉金)【こだわりの生体をお届けします 名生園】

サイズ ~16cm
価格 約850円~(1匹)
飼育の難しさ ●●〇〇〇
性格の特徴 温和
混泳(複数飼育)

三色模様のリュウキンです!

赤と白のリュウキンとは一味違った魅力がありますね。

やはり強い水流は苦手ですので、一緒に飼う場合は同じリュウキンタイプと泳がせてあげましょう。飼育難易度も同じです。

長く華やかな尾鰭をふりふりとしながら泳ぐ姿は本当に優雅です!

飼育しやすい金魚まとめ

今回は初心者でも飼育しやすい金魚についてまとめましたがいかがだったでしょうか?

丈夫さだけでなく、購入しやすさも考慮して厳選しました!

金魚は、ほんとうに多くの品種があり、魅力も様々なので多くの種類の飼育に挑戦してみてはいかがでしょうか?

きっとお気に入りの種類が見つかると思います!!

それではよりよいアクアリウムライフを!!

【関連記事】

コメント

  1. 出目金ちゃん より:

    有難う御座いました!大変参考に成ります。私も頑張って金魚君を飼育して行きたいと思います。

    • 中島 より:

      ありがとうございます!これからもアクアリウムに親しんでいただけるよう一同、頑張ります。もちろん金魚の記事にも力を入れていきますので、よろしくお願いいたします。

  2. 5 21 02 より:

    飼育しやすくて、安くて、きれいな金魚は、なんの種類ですか。?

    • 中島 より:

      個人的にはですが、更紗和金や三色和金がおすすめですね。
      丈夫ですし、ヒレは短いですが色合いが美しいです。
      和金の中でも3つ尾タイプなどは泳ぎも素早すぎず、混泳もしやすいのも良いポイントですね。