トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

初心者でも飼育しやすい金魚の種類5つ

金魚といっても、様々な種類があります。

今回、この記事では初心者でも飼育しやすい金魚の種類5種を紹介したいと思います!

金魚には大きさ・模様・色・体形など異なる個所がたくさんあり、

どんな金魚に魅力を感じるかも人それぞれでしょう。

出目金や水泡眼のように少し変わった形をした金魚に魅力を感じる人や、

琉金や土佐錦といった金魚らしい容姿に魅力を感じる人もいるでしょう。

どんな金魚を飼育するかは、飼育者次第ですが見た目の美しさ・可愛らしさのみで飼育する金魚を選んではいけません。

金魚を長く元気に飼育させるためにも金魚の種類ごとの正しい飼育方法を学びましょう。

金魚にはその種類ごとに飼育難易度の違いがあり、とても丈夫で飼育が簡単な種類もあれば、

かなり飼育に気をつかう種類もあります。

まずは、以下に紹介する金魚を参考に、自分の飼育技術と比較して飼育できそうな金魚を選定してみましょう。

飼育技術に関しては、金魚飼育を続けていれば誰でも身に付いていくものです。

簡飼育が単な種類から始めるのも良し、少し飼育難易度の高いものから始めることも

しっかり飼育法を勉強すれば挑戦してみても良いでしょう。

↓↓↓↓金魚飼育に関連する記事はこちら↓↓↓↓

初心者でも飼育しやすい金魚 5種

今回は飼育難易度のが低く、育てやすい品種を5つ紹介します。

それぞれ違った魅力がありますので是非様々な種類の金魚飼育に挑戦してみましょう!

飼育しやすい金魚その1 和金(ワキン)

(国産金魚)よりなし和金 色指定無し(10匹) 本州・四国限定[生体]

金魚といえば最初にイメージするのが和金でしょう。

和金はとても丈夫で飼育も簡単な品種です。

金魚の祖先であるフナに形がよく似ており、細長の体形で

色は赤色や更紗模様が一般的です。

また有名がゆえに、流通量も多く安価で入手できます。

飼育しやすい金魚その2 コメット

(国産金魚)コメット(3匹) 本州・四国限定[生体]

コメットは名前からも想像がつくと思いますが、アメリカ産の金魚です。

日本の琉金と和金を交配して作り出された種類で、長い尾ひれが一番の特徴です。

和金同様とても丈夫で飼育しやすいですが、和金に比べるとやや運動量が多いので、

大き目の水槽で飼育するのが望ましいでしょう。

飼育しやすい金魚その3 朱文金(シュブンキン)

(国産金魚)朱文金(3匹) 本州・四国限定[生体]

コメット同様にフナ型金魚特有の丈夫さを持っている金魚です。

三色出目金との交配によって作り出されたキャリコ模様が特徴で、

コメット同様運動量が多いので大き目の水槽で飼育してあげましょう。

コメットとの違いは主に体色であり、藍色・赤色・白色・黒色が混ざった美しい雑色です。

さらに朱文金の鱗は光を反射する鱗が混ざっているため独特な色合いを生み出します。

飼育しやすい金魚その4 出目金(デメキン)

(国産金魚)よりなし(無選別) 黒出目金(クロデメキン)(3匹) 本州・四国限定[生体]

出目金は文字通り大きな眼球が横に飛び出している特徴的な品種です。

この特徴的な目を気持ち悪いと感じる人もいますが、

大きく飛び出した目とフリフリ泳ぐ姿に魅力を感じる人も多いです。

色は様々な個体がありますが金魚では珍しく、真っ黒な個体が最も人気です。

丈夫で飼育しやすい品種ですが

泳ぐのは得意ではないので、ほかの金魚との混泳は避けましょう。

飼育しやすい金魚その5 琉金(リュウキン)

(国産金魚)オタマ金魚ミックス(5匹) 本州・四国限定[生体]

金魚といえば、この琉金を思い浮かべるかたも多いのではないでしょうか。

中国から沖縄を経て日本に輸入されたため琉金という品種名がつけられました。

琉金は紅白の更紗模様も鮮やかに長いヒレを振り振り泳ぐ華麗な姿が愛され、古くから飼われてきた代表的な金魚です。

丈夫で飼育難易度も低いですが、出目金同様泳ぐのが苦手なので、混泳や水流の強さに注意しましょう。

飼育しやすい金魚まとめ

今回は初心者でも飼育しやすい金魚についてまとめましたがいかがだったでしょうか?

金魚にはほんとに多くの品種があり魅力も様々なので

より多くの種類の飼育に挑戦してみてはいかがでしょうか?

きっとお気に入りの種類が見つかると思います!!

それではよりよいアクアリウムライフを!!

コメント

  1. 出目金ちゃん より:

    有難う御座いました!大変参考に成ります。私も頑張って金魚君を飼育して行きたいと思います。

    • 中島 より:

      ありがとうございます!これからもアクアリウムに親しんでいただけるよう一同、頑張ります。もちろん金魚の記事にも力を入れていきますので、よろしくお願いいたします。