トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

熱帯魚水槽に必要な照明時間はどのくらい? 魚や水草の調子に影響します!

水槽を始めたけれど、水槽のライトってつけた方がいいの?どのくらいの時間つけるべき?

など、水槽照明の点灯時間についての色々な疑問についてお教えいたします!

水槽に専用の照明はつけるべきなのか?

そもそも水槽に照明器具は絶対に必要なのでしょうか?

外でメダカを飼育している人もいれば、もしかしたらライトをつけずに飼育している人もいるかもしれませんが。

しかし、結論から言いますと「水槽に水槽用照明は必要」です。

水槽用照明とは?

水槽には水槽専用のライトがあります。その種類は魚に合わせたもの、水草やサンゴに合わせたもの、蛍光灯かLEDなど、種類がたくさんあります。

部屋につける照明と違い、魚にとっての照明です。

魚や水草、サンゴなどを育てるためには必要不可欠な機材といっても過言ではありません。

最近では、下記のようなLED照明が流行ってきています。

↑こちらはフレームから吊り下げて使用する高光量LEDです。吊り下げて使用することによって、水槽上部が大きく開けるので開放感がありますし、何よりメンテナンスもしやすくなります!

↑こちらも人気のLED照明です。故障にも強く、水草もよく成長すると話題の商品です。

東京アクアガーデンでも一番使用している照明です!

水槽用照明はなぜ必要?

水槽に照明をつける理由は沢山ありますが、その中でも得に大切な2つの理由をお教えします。

  1. 魚の1日のサイクルを管理する為
    人間に朝夕夜のサイクルがあるように、魚もそのサイクルがあり、しっかりとそのサイクルをつけさせる必要があります。
    人間も丸1日ライトがついた部屋にいたら、気分が悪くなったり今が何時かわからなくなりますよね。
    魚も、きちんとライトをつけて消す事で、朝夕夜のサイクルの管理する必要があります。
  2. 水草やサンゴなどを育成させる為
    熱帯魚だけでは寂しいので、水草を入れる人、海水魚でライブロックやサンゴの飼育を楽しむ人もいるのではないでしょうか?
    水草やサンゴも勿論生きています。
    種類によっては特別なライトが必要な水草や、光量が沢山必要なサンゴもいます。
    ライトが無い事で、すぐに枯れる事もあります。
    きちんと育ててレイアウトする為にもライトは必要不可欠です

太陽光ではなぜダメなのか?

外で飼育している人もいるし、太陽光で飼育している人もいます。

もちろん飼育はできますが、問題が何点か出てきます

  1. コケが発生しやすい
    太陽光は、水槽用照明よりもコケが生えやすいんです。これにより掃除の回数や手間が増えたり、水質の悪化など、様々な問題が起こってきます!
  2. 日によって光量が全く違う
    太陽の日差しは、天気によって左右されます。曇りの日もあれば雨の日、日差しが強い日弱い日と、毎日規則正しく水槽を照らしてくれるわけではありませんよね。
  3. 水草が育たない
    水草の種類にもよりますが、太陽光だけでは水草の飼育は難しいです。
    光量が足りずに枯れてしまったり溶けてしまったりします。
  4. 水温の上昇、蒸発してしまう
    夏場は得にですが、日差しの強い日が続いた時は、水温が上昇したり、水が蒸発します。
    水温の変動が激しいと魚にストレスがかかり、最悪死んでしまいます!
    水の蒸発が早いとそれだけ水を足すなどの作業が必要になって、手間がかかります。

外でメダカなどを飼育している場合は、直射日光の当たる場所に置かないなどの対策を行いましょう。

水槽の照明時間は何時間?

水槽の照明時間は絶対に何時間!と決まっているはいませんが、大体の「水槽の照明時間は8~10時間」と言われています。

一般的な熱帯魚水槽がこの8~10時間と言われていますが、水草水槽や水槽の状態によっても変わってきます。

熱帯魚水槽の場合

一般的には「8~10時間」と言われている照明時間ですが、水槽の状態などによって、照明時間は調節していきましょう。

8~10時間というのは、正確に言うと水槽照明をつけている時間ではなく、水槽に照明が当たっている時間になります。同じにも聞こえますが少し違います。

部屋の明かりや太陽光など、それらの明かり含めての8~10時間になります。

その為夜間に部屋の照明をつけていると、水槽照明は消していたとしても、魚は明るくて眠ることができません。

人間が眠る時間、照明をつけている時間も考慮して、照明時間は調節しましょう!

水草水槽の場合の照明時間

下記記事では、照明時間についてさらに詳しく分析・解説を行っております!

しかし、「8~10時間」これは変わりません。

水草の種類により必要な光量が違うというのも、難しくもあり面白くもあるところです。

もしも、水草にコケが生えてしまった場合は、コケにより遮光され水草が光合成できないのですぐに取り除いてあげましょう!

水槽照明のオススメ機材は?

水槽照明器具は沢山の種類があるので、選ぶのは大変です。

下記リンクでは、弊社のオススメ照明器具をまとめているので参照ください!

水草やサンゴは特別なライトが必要になるので注意しましょう!

水槽の照明時間は管理が大切!

水槽の照明時間が8~10時間と分かっても、長期の休みで家を空ける時や、家に帰るのが遅い人など、中々思った時間で照明をつけたり消したりできないことも。

そんな時は、照明用タイマーを使いましょう!タイマーを使うことにより、ライトをつけたい時間、消したい時間を設定できます。

これならつい付け忘れてしまった、消し忘れてしまった、という心配もせずに済みますね!

水槽照明時間は自分で管理しよう!

いかがでしたでしょうか?

水槽の照明時間は、インターネットを調べても似た事が沢山書いてあり、迷うかもしれません。自分の生活時間や照明をつけている時間、育てている水草やサンゴの種類、環境によって、管理調節して、素敵な水槽を作り上げましょう!