トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

【写真でわかる】60センチ水槽で作るレイアウトテクニック

はじめて水槽を設置する方は60センチ水槽がオススメです!!

(ちなみに水槽業界では60センチ水槽という60の数字は横幅を指すことがほとんどです。)

なぜなら、水槽サイズの中で最もポピュラーなサイズがこの60センチ水槽であるため、豊富な機材の中から飼育者が求める水槽に合わせてカスタマイズしやすいという最大の長所があるからです。

さらに、大抵の熱帯魚は60センチ水槽程度大きさがあれば飼育できるのも魅力です。

そこで今回は、60センチ水槽を使ってプロが作るレイアウトテクニックをご紹介していきたいとおもいます。

60センチ水槽のレイアウトテクニック編1 水槽の選び方

オールガラス水槽 アクロ60N(60×30×36cm) 60cm水槽(単体) Aqullo

60センチ水槽の最一般的な規格サイズは横幅60センチ、奥行き30センチ、高さ36センチという水槽サイズです。

このサイズは黄金比を用いて規格が決められており、観賞時に最も美しき見える水槽サイズとなっています。

余談ですが、今から15年ほど前は横幅75センチ、奥行き高さともに45センチの水槽も黄金比が取れており一部マニアの間では人気があり、筆者は非常このサイズが好きでした。

テトラ グラスアクアリウムGA-60T (60×30×40) 60cm水槽 (単体) フタ受け ガラスフタ

しかし今回は、60センチ水槽をより迫力ある水景にするため水槽高さを4センチアップした高さ40センチの水槽を使用することにしました。

60センチ水槽のレイアウトテクニック編2 機材の選び方

冒頭でもお伝えした通り、60センチ水槽は非常に機材が豊富なため選定に迷うこともあることとおもいます。そういう時は王道を選ぶことをオススメします。

ろ過器の王道 EHEIM外部フィルター

エーハイム クラシックフィルター2213 ろ材付セット

ろ過器の王道と言えばやはり外部フィルター。その中でもEHEIMは別格です。アフターパーツは豊富ですし、日々の管理や分解掃除も非常に簡単です。

今回はEHIEM2213という外部ろ過器を選定しました。

ヒーターの王道 ニッソープロテクトプラス200W

ニッソー プロテクトプラス 200W

ヒーターを選定する際のオススメはサーモスタットとヒーターが分離されているものを選ぶことをオススメします。

筆者の経験上サーモスタット一体型より故障しにくいと感じているからです。また、ヒーター単体交換ができるため経済的に優しいことも特徴です。

照明の王道 LED照明

ゼンスイ LED PLUS 60cm ストロングホワイト

最近ではすっかり王道へ定着した水槽用LED。一昔前までは蛍光灯が主流で一部HIDランプを備えたメタルハライドランプ主流でしたが。時代の流れは早いですね。

各メーカーからLEDが販売されていますがこだわりがなければゼンスイ製のLEDをオススメします。各メーカーを比較した際に明るいと感じ水槽が美しく見えたのがゼンスイ製LEDでした。

底砂の王道 大磯砂

No.12 Classic(大磯砂) スモール 9リットル(60cm水槽用)(約15kg)

恐らく水槽業界で最も歴史が古く親しみのある砂と言えば大磯砂でしょう。何と言っても安価であること!!これが最大の特徴です。もちろん、ただ安価なだけではなく暗色のため水槽を引き締めて魚や水草を綺麗に見せる効果もありますから本当に飼育者思いの砂です。

60センチ水槽のレイアウトテクニック編3 水槽レイアウト

底砂を敷きます

水槽を安定した水平な場所へ設置したら、はじめ大磯砂を敷きます。今回使用した大磯砂の量は約10キロです。底砂の厚さは5センチ程敷くと水草の植栽がしやすいです。

ろ過器をセットします

ろ過器をセットします。見栄えを良くするため配管を左右のどちらか一方へ寄せましょう。この時必ず真っすぐ配管がなるようにし、付属のキスゴムで固定しましょう。

ヒーターをセットします

ヒーターのコード類もろ過器配管同じ場所くるようにセットします。ここも見栄えをよくするためですので気を抜かずにいきましょう。ヒーターをセットする際に気をつけなければならないポイントが3つあります。

  1. ヒーター本体とサーモセンサーを近づけすぎないこと
  2. サーモセンサーが水上に飛び出ないようにすること
  3. ヒーターは横置きにすること

この3点は必ず守ってください。水槽トラブルでヒーターが原因のトラブルが多いのも事実ですので安全に説明書通りの使用をしましょう。

流木と石を配置します

流木は3本、石を3つ使いました。石や流木の選ぶポイントは流木同士、石同士の色や模様を統一することです。ここを統一することで自然な水景を作ることができます。

また、流木そうですがとくに石は大・中・小とサイズをバラバラで選びましょう。そうすることでレイアウトに立体感が生まれます。

今回は王道の凹型レイアウトにするため、真ん中に吹き抜けの道をつくるように配置します。

水草を植栽します

水草は活着水草のアヌビアスナナとミクロソリウムをメインに作りました。この2種類を流木に巻き付けてボリュームを出し、水槽後景にはバリスネリアとエキノドルスを植栽、前景にはサジタリアを植栽しました。

完成!!

照明をつけて完成です。

いかがでしょうか。

60センチ水槽を一度でも設置し人なら分かるとおもいますが、水槽高さが4センチアップするだけでレイアウトにボリュームがでていることが分かるかとおもいます。

水槽サイズを選ぶは設置するスペースに合わせて検討するケースが多いと思いますが、観賞する際美しく見えるように水槽サイズを検討してみるのも有効な手段だとおもいます。

日本で最も多く流通しているであろう60センチ水槽。そんな60センチ水槽をあなた自身のセンスで少し他と違ったオリジナリティーを出せばより水槽への愛着が強まるのではないでしょうか。

熱帯魚業界歴もうすぐ20年!
海水やアクアテラリウムなど、さまざまな水槽を担当してるアクアリストです。
よろしくお願いいたします!

シェアする

フォローする