熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

水漏れに注意!!熱帯魚水槽から水が漏れた 原因と対策方法とは

  1. 「水槽が水漏れを起こしたらどうしよう?」
    「賃貸物件に住んでいるけれど、階下に水漏れしたらどうなるのかな?」
    「この水槽、7年目だけれど……大丈夫かな?」

熱帯魚や水棲生物を飼育している方なら、「水槽の水漏れ」という問題を一度は考えたことがあるかと思います。60センチ水槽なら約50リットルの水が入っていますし、30センチ水槽でも20リットル近い水が入っています。

想像してみて下さい。

部屋の中にバケツ3杯~7杯分の水がこぼれたとしたら……どうなる?」
「床に置いた延長コードのコンセントが水浸しになったとしたら……どうなる?」
「気付かないうちにじわじわと水が漏れて、床が腐ってしまったら……どうなる?」

――とても怖いですよね。

幸い、一番危険だと思われるヒーターは、「空焚き防止機能」という安全装置がどのヒーターにも標準で付いているので、水漏れが起こってもヒーターが原因で火事になるようなことはほぼ無い(最近のヒーターを使っているのなら!)と言えますし、水槽からの水漏れも大抵は「じわじわ漏れる程度」なのですが……「外出から帰宅したら部屋が水浸し」とか「気付いたら部屋の床が腐っていた」とか「階下の住人に被害を出してしまった」とか言うのは、正直勘弁してほしいトラブルです。

掃除は大変ですし、壊れた家具の買い替えにお金もかかります。他人に被害を出した場合には、補償するのも大変です。特に、賃貸物件の2階以上の部屋に住んでいる方は、何も対策を取らずに「万が一」が起こると大きな問題になってしまいますから、60センチ以上の水槽を置くことを躊躇している方も少なくないかと思います。

水漏れで、下の階の住人のテレビやパソコンを壊してしまったら、想い出のアルバムを濡らしてしまったら、クローゼットを丸ごと水浸しにしたら……。想像するだけでも眩暈がしそうです。

そこで今回の記事では「水槽の水漏れについて原因と対策について」考えていきたいと思います。水槽の水漏れに対して正確な知識を身に付ければ、大きな被害が発生する前に防ぐことができる可能性も高くなります!

はじめに/水槽の寿命について

水槽の寿命は数年~十数年と言われています。これは、水槽が「水と魚を入れる容器」として使用できる年数のことです。かなり大雑把な値ですが、私の家にも18年物の現役60センチ水槽(NISSOのスティングレー)が有ったりしますし、寿命が短かった水槽は4年程度で水漏れを起こした経験もあります。

水槽の寿命を踏まえた上で、水槽が水槽として使えなくなる原因と対策について見ていきたいと思います。

(↓詳しくはこちらの記事も参考にしてみて下さい。)

長年の使用でシリコンやアクリルの接合部が劣化している

水槽の寿命は先ほど述べました。水槽はガラスの板やアクリルの板を接合して作られているので、その接合部分が劣化するとどうしても水漏れを起こしてしまいます。(上の画像は、少し見づらいですがアクリル水槽の接合部です。10年程使用した水槽のため、劣化して気泡ができています)

なお、次のような条件に当てはまる水槽は注意が必要です。

〇7年以上使用している。
〇屋外で使用していた。
〇中古で購入した。
〇水を抜いて乾燥した状態で2週間以上放置していた。
〇水槽の水面が斜めに傾いている。

いずれも、接合部の劣化が進んでいる可能性があります。

ガラス水槽の場合は、シリコンが浮き上がって剥がれていたり、汚れて茶色っぽくなっていたりしたら要注意です。アクリル水槽の場合は、アクリルのつなぎ目に空気が入ったように気泡が出てきたら注意サインです。気泡が大きくなって水槽内部と水槽外部がつながると、水がぽたぽたと漏れてしまいます。

また、一度使用した水槽を空にした状態で長期間放置していると、シリコンの水分が飛んでしまってガラスから剥離していることもあります。その場合も水漏れが起こりますので、再使用する前に水漏れが無いか、水が漏れても大丈夫な場所でチェックすることが大切です。

このように接合部の劣化に気付いたら、水槽を買い替えることを検討してみて下さい。

水槽の置き場所が傾いている

接合部の劣化の条件にも出てきましたが、水槽の置き場所が傾いていると、なぜ水漏れが起こるのでしょうか? その根拠はシンプルで「水槽の置き場所が傾いている→水槽内部の水が斜めに偏る→水槽の一部に水の重さが偏る→水槽本体が歪んでしまう→接合面が傷んだり、割れたりして水が漏れる」というものになります。

設置場所が傾いているだけで、水槽も歪むの? と軽く考えてしまいそうになりますが――60センチ水槽は成人男性一人分くらいの重さを持ちますし、30センチキューブ水槽でさえ小学生くらいの重さになります。そんな重量物が傾いていると、力の偏りも大きくなってしまいます。「たかが数ミリ程度のガラス板」に、数十キロの重さが偏って掛かったら……想像するだけで怖いと思いませんか?

↓こちらから水槽の重さを『自動計算』できますので、ご自身の水槽でお試しください!↓

なお、水槽の傾きを防止する対策としては、「水槽専用の台を使用する」というのが一番です。重量物を置くために専用の設計がされているので、安心感を買うという意味でもケチってはいけないと思います。

また、水槽の専用台によっては、金属製のフレームのみで作られている水槽台(安価な製品に多い)もありますので、そのような時には「8ミリ以上の厚みを持ったベニヤ板を、水槽と水槽台の間に敷く」のも大切です。水槽の底にかかる重さを、ベニヤ板で分散させるのです。

ちなみに、水槽台の組み立ては慎重にして下さい。ネジを片方だけ締めすぎたり、仮締めをせずにいきなり本締めをしてしまったりすると、水槽台自体が傾き、本来の安定性能を引き出すことができなくなります。ご注意を!

屋外で使用していた水槽を再使用する

屋外で使用していた水槽を再使用する――何が問題なのでしょうか?

実は、日光やそれに含まれる紫外線が原因で、シリコンやアクリルの劣化が早まっている可能性があるのです。(特に、アクリルの劣化は水槽がいきなり割れる原因になりますので、アクリル水槽は屋外では使用しない方が良いです)

個人的には、屋外で使用していた水槽を室内に持ち込むのはおススメしません。

(余談)毛細管現象などに注意しましょう

ここからは、水槽本体に問題が無くても起こる水漏れについて紹介します。水槽の周りに水が落ちていた時には、慌てずに下の事柄が原因でないか確認してみて下さい。

毛細管現象

フチなしの水槽を使用している時に、水槽の上部ギリギリまで水を入れると「水槽のシリコンを伝って、水が水面よりも上に上がり、水が漏れること」「水垢や固まった海水成分などの汚れを伝って、水が水面より上に上がり、水漏れを起こすこと」があります。

いずれも毛細管現象と呼ばれる自然現象が原因です。対策としては、水槽に書かれている上限ラインを守って使用することや水槽の汚れを綺麗に落としておくことが大切です。

エアポンプやフィルターの飛沫

これは経験されたことがある方も多いと思います。エアポンプを使用した時の飛沫やフィルターからの排水が、ガラス蓋などに集まって伝い漏れをするのです。

対策としては、エアストーンの置き場所を調整したり、排水口の位置を調整したりすることで対処できます。

結露した水が付いている

冬場のガラス蓋や夏場に水槽用クーラーを使用している水槽など、水槽が結露することも季節によってはあります。結露した水が、水槽本体の水漏れと誤解しやすいので注意が必要です。

対策としては、結露した水が外部に流れ出ないようにガラス蓋の位置を調整する、水槽が結露しないようにコーティング剤(住居の窓用が使えます)を使用するという方法があります。

フィルターなどの設置ミス

オーバーフロー水槽や外部式フィルターのホースなど、フィルターの設置ミスによって水漏れを起こすことがあります。初めて設置する時はもちろん、掃除などでホースを外した時には、水漏れがないかしっかりと確認してください。

配管からの水漏れは、大量の水漏れになりやすいので、要注意です!!

まとめ/水槽の水漏れについて原因と対策

ここまで、水槽の水漏れの原因と対策について考えてきました。

いずれにしても、水槽の接合部の劣化や破損に気を付けることが大切で、そのためには水平な台の上に設置することが重要です。なお、水槽の下に小さな木片や大磯砂などの小石が挟まっているだけでも、水槽の寿命が縮んでしまうことがあります。水槽を設置する時には、下に物が挟まっていないか必ず確認するようにして下さい。

ちなみに、賃貸物件などで水槽の水漏れが起こって他の住人に迷惑をかけた場合、自動車保険や生命保険に追加で入れる「個人賠償責任保険」で相手の損害を補償することが可能な場合もあります。

賃貸物件で60センチ以上の水槽を設置している方は「万が一」が起こる前に、ご自身やご家族が加入している保険を一度チェックしてみて下さい。知っているだけでも、安心材料になりますよ。(もちろん、定期的な水槽のチェックもお忘れなく!!)