トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

【プロが教える】実は高めが良い!?海水魚飼育に最適な比重とは?

わたしがまだ海水魚水槽を管理しはじめの頃、こんなにたくさんの塩を溶かすものかと驚いたものです。

おそらく、海水魚水槽の管理をしたことない人からすると、この塩を使うことで海水魚飼育におけるハードルを高く感じてしまうのではないかとおもいます。

海水魚水槽やサンゴ水槽などを管理する上で比重の管理は非常に大切です。

比重の調整を誤れば、いくらわたしたちプロでも上手に飼育管理することは不可能です。

しかし最近では、人工海水という水道水に適正な量を溶かすだけで誰でも簡単に人工的に海水を作ることができ、また、塩分濃度を計測する比重計というのも簡単に手に入ります。

と、ここで話を終えるのも良いのですが、海水魚を飼育していくと比重を下げれば白点病が完治しやすいという記事や、サンゴ水槽と海水魚水槽の比重は変えると良いと書かれた記事と、様々な情報を目にすることがあります。

そこで、プロが教える適正な比重についてお伝えしていきたいとおもいます。

一般的な海水魚水槽の比重について

一般的な海水魚水槽の比重は1.024~1.025程度をオススメします。

こまめに水槽の水位を確認することができるなら、1.026程度まで上げても構いません。

水槽の水は、蒸発すると水分のみ蒸発し塩分は水槽に残るため比重が高くなってしまいます。特に30センチ程度の小さい水槽は蒸発により比重変化の振り幅が大きくなるため、気をつけましょう。

また、比重計の合格ラインとされている1.020~1.023ではダメなのかということについて解説していきます。

結論から申し上げますと、単純に生かす飼育をするだけなら問題無しです。

それではなぜ1.024以下は外したのかと言いますと、海水魚の体色と比重は密接な関係にあるとわたしは考えております。

つまり、比重が低いと海水魚の体色は薄くなると考えているからです。

その理由として、太平洋の比重が1,020程度で計測されていることに対し、紅海やカリブ海などは比重が1,024~1,030と高いのです。紅海やカリブ海の魚の体色が濃い理由は比重によることだと考えています。また、これは経験からですが低い比重で飼育している水槽の魚はやはり体色が薄く感じることがあります。

以上のことから、とくにこだわりがなければ比重は1.024~1.026程度に設定することをオススメします。

比重を低くすることで病気を治療することができるのか

海水魚の病気と言えば白点病ですね。白点病が蔓延してしまえば水槽内のほとんどの魚が死に直結してしまう恐ろしい病気です。

しかし残念ながら白点病を発症した時、または予防方法として手軽にできることから比重を低くする方法が広がっているように見受けられます。

では、比重を低くしたことで白点病は治るのでしょうか。

その答えは、治る可能性がありますがそれ以上に危険が伴うという事です。

確かに理屈では低比重にすれば白点虫という原虫の活性は低下します。しかし、比重計で計測した際に1.008程度まで落とさないと期待できるほどの効果は見込めません。

※簡易比重計では計測不可。

1,008まで落とした水槽で病気により衰弱している海水魚を何日も泳がせていれば、その負担の大きさで逆効果となり死んでしまう可能性が極めて高いと言えます。

また、サンゴ水槽には低比重は絶対にしてはいけません。すぐに衰弱し死んでしまいます。

以上の見解から、わたしは低比重による白点病の治療や予防は控えるべきと考えています。

少し話がそれますが、白点病になった際はその魚を見るだけでなく水槽全体を見回し、その原因を特定する必要があります。

白点病の主な原因は、水質とストレスにあります。

ろ過材の目詰まりがないか、機材は正常に作動しているか、または機材選定に無理はないか、魚同士のケンカがないかなど、そもそもの原因を特定し解決していきましょう。

サンゴ水槽の適性比重について

サンゴ水槽の適性比重は、海水魚水槽同様1.024~1,026です。

サンゴ水槽が割と高めの比重が良い理由は、比重が高い=サンゴに必要な栄養が豊富ということです。

人工海水のパッケージに記載があるとおもいますが、人工海水に含まれている成分が必ず書かれています。

比重を高く設定するということは成分が多いという事です。

しかしここで注意です。

1.026より高くしてはいけません。今度は塩分濃度が高すぎることで調子を崩してしまいます。必ず比重の最大値は守りましょう。

また、サンゴ専用の人工海水を使用することをオススメします。サンゴ専用人工海水は普通の海水魚飼育用よりさらに栄養分が多く含まれているため、その分サンゴ飼育が楽になるからです。

まとめ

いかがでしたか。

比重の目安についてお伝えしていきましたが、意外と奥が深いものですよね。

比重と海水魚の体色が関係あるということを知らなかった方は多いのではないでしょうか。

また、比重は安易に見られがちですが、経験が豊富なベテランほど水槽の調子が悪くなったときに比重の確認を見過ごしがちです。

比重がおかしいわけはない、もっと複雑な理由があるとおもってしまうものです。

水槽の調子が悪い時は、まずは比重や水温など簡単なところから原因を究明していくのが解決への糸口になります。

比重を上手に管理し素敵な水槽を楽しみましょう!!