トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

オーバーフロー水槽とは。普通の水槽と何が違うの?

『オーバーフロー』という形式の水槽をご存知でしょうか?水槽内や上部にろ過機材を設置するのではなく、水槽の下にろ過機材を設置する形式のことを言います。

オーバフロー水槽は、ひと昔前は60センチ以上の大きなサイズの水槽がメインでしたが、最近では60センチ以下の水槽にも適応できるものが販売され人気が出ています。

今回はオーバーフロー水槽について、他の形式の水槽との違いや必要な機材、メリット・デメリットといったことについてお話していきます。

オーバーフロー水槽ってどんな水槽?

オーバーフロー水槽とは、通常水槽の周囲や水槽内に設置するろ過機材を水槽の下に設置するろ過形式の水槽のこと。

水槽内の水を水槽の下にあるろ過機材に通いゴミや余計な成分を取り除いて綺麗になった水を、再び水槽内に戻すという仕組みになっています。

オーバーフローのことを略して『OF』と表現することもあります。オーバーフロー水槽はそのほとんどが海水魚飼育で使用されていて、淡水魚飼育にはあまり向かないと言われています。

オーバーフロー水槽のメリット

マニアックなイメージを持つ人の多いオーバーフロー水槽ですが、

  • 水槽回りをすっきりさせることができる
  • 収納台の内部には他の機材をセットできる
  • 収納大に餌やメンテ用品を収納できる
  • 水槽の上部が開くのでライトなどの設置場所が確保できる
  • パーツがばら売りされているので故障しても買い替えがきく
  • 水質が安定し、酸素不足になりにくく掃除しやすい

このようなメリットがあります。

機材のほか、普段使うこまごまとしたものも水槽台の中に片づけられるので見た目重視の人ならば、水槽内や水槽周辺に機材が見えなくてすっきりするのですすめです。

いくつものパーツに分かれているため、他のろ過装置のように壊れたから全て買い替えではなく、パーツ単位で交換できるのもおすすめできる理由の一つです。

チャーム本店

オーバーフロー水槽のデメリット

オーバーフロー水槽はメリットばかりではありません。デメリットもいくつかあります。

  • 一式そろえるとなると高額になる
  • 水中の二酸化炭素が発散しやすい
  • 音がうるさい

オーバーフロー水槽を使用する場合、まずオーバーフロー専用の水槽と水槽を設置する収納台が必要になります。さらに収納台の中に設置するオーバーフロー機材など一式そろえるとなると、それなりに高額になるのがネックです。

また、水槽内の水が空気を取り込みやすい状況になるため、二酸化炭素が発散されやすく水草の育成をする場合にはCo2の添加が必要になってきます。

オバーフロー水槽には3つのシステムがある

オーバーフロー水槽は大きくわけて3つのシステムがあります。淡水魚に使えるのは『ウエット式システム』仕様のもののみで、この形式は海水魚でも使用できます。残り2つの仕様に関しては海水魚のみが使うことができます。

ウエット式システム

この仕様のオーバーフロー水槽は淡水魚・海水魚どちらでも使用できるメジャーな仕様と言えるでしょう。外部・上部設定形式のろ過装置と近い仕様になっており、飼育するのが魚メインの場合に利用されます。

水中に発生したアンモニアなどの有毒な物質をろ過材で繁殖したバクテリアが分解し、水を浄化します。フロー管の下にはゴミが入らないようウールボックスなどを設置するなどの処理をしていることが多いです。これはろ過槽のメンテナンス期間を延ばすために行われています。

ベルリンシステム

この仕様のオーバーフロー水槽は海水魚の飼育のみで使用可能です。

ろ材を使わず、プロティンスキマーという装置とライブロックのろ過能力で水をきれいにするシステムです。ミドリイシなどの硝酸塩に弱いサンゴの飼育で利用されることが多いです。

プロティンスキマーでバクテリアがタンパク質を分解する前に取り除きますが、サンゴにはよいものの、魚を多く入れることができない点は注意すべき点でしょう。

マッドシステム

この仕様のオーバーフロー水槽は最も自然に近い状態で水をろ過します。海水魚飼育のみに使用可能です。

ろ過槽に海藻を投入し、サンゴにとって有害な物質(硝酸塩やケイ酸塩など)を吸収させるというろ過システムとなっています。

ろ過槽には海藻がちゃんと根付くようにミネラルの供給源となる専用のマッド(泥)を入れる必要があります。またPhが下がってしまわないように、そして海藻が光合成をできるように24時間照明をつけておく必要があります。

ベルリンシステム仕様のものよりも魚などの生体を多く入れられるというメリットがあるため、注目されているシステムです。

オーバーフロー水槽の配管の種類

オーバーフロー水槽には、システムで使用する配管設備が必要になります。この配管システムも様々な形式がありますが、主流となっている仕様は3つあります。

市販されているオーバーフロー水槽は配管仕様が決まっているものが多いですが、DIYが得意な人などは自分で配管場所などを加工している人もいますし、オーダーメイド水槽で配管の種類をオーダーすることも可能です。

水槽に設置されている配管部分はOFカバーの役割を果たすものでもあるので、水槽購入前にどういった形で配管をするかを考えておく必要があります。

三重管加工

OFカバーは筒状で、中央部から『給水管』、『フロー管』、『OFカバー』といった3種類の管が重なっているため、この名称がついています。

他の設置よりも水槽内が広く見え、配管の穴を水槽の中央に取りつけた場合でもOFカバーの面積ロスが少ないというメリットがあります。

コーナー加工

文字通り水槽のコーナー部分に配管部分を設置する仕様です。オーダーでこの仕様にする場合には加工賃が他の仕様と比べて比較的安く済みます。

コの字加工

この仕様は三重管よりは安いものの、コーナーよりは加工料金が高いです。水槽を上から見たときにOFカバーが『コの字』になって見えることからこの名称がついています。

OFコーナー加工と比較すると、水槽を両面から見てもすっきりとしています。

オーバーフロー水槽に必要な材料

オーバーフロー水槽にはさまざまな機材が必要になってきます。具体的にどのような機材が必要なのか一つずつ説明しますので、導入の際の参考にしてください。

オーバーフロー水槽

オーバーフローを取り入れる場合には、あふれた水がろ過槽に落ちる設計になっている専用の水槽が必要です。

エビや小魚が流れ込む場合があるため、排水管の加工位置には注意が必要です。

オーバーフロー水槽専用キャビネット

寿工芸 寿工芸 コトブキ プロスタイル 600L ブラック

オーバフロー水槽を設置するためのキャビネットで、OF管を通す穴が開いているのが特徴です。

キャビネットの下段にOF装置一式を設置しますが、ヒーターなど他の機材を入れて利用することもでき、餌や水槽掃除道具なども入れておくこともできます。

ろ過槽とろ過槽に設置するろ材

↑このような、中古ろ過槽を選ぶという選択肢もアリです。水槽と違って、ろ過槽は普段人目に触れないので、多少汚れていても問題ありません。
ろ過槽はキャビネットに収納できるサイズのものを選ぶ必要があります。ろ過槽が広いが場合、アクリル板などで仕切りをしてろ過槽を分割するという使い方もできます。

ろ材は水槽内の生体にあったものを選びましょう。

揚水ポンプ

レイシー マグネットポンプ RMD-401

一般的には、1時間に最低3回総水量を回すことのできる力のあるポンプが良いとされています。

複雑な配管や、水槽の高さがある場合、また生体のフンなどが多く水の汚れが激しい場合には一般で言われている以上の力のあるポンプが必要となります。

配管材

PVCボールバルブ(塩ビ管接続用)TS式 13A

一般的に配管は主に塩ビパイプ、耐圧チューブの2つを用いて行います。

三重管方式の場合にはピストルが必要となります。

オーバーフロー水槽の値段は?


オーバーフロー水槽についてや、必要な機材について説明しましたが、やはり気になるのはその値段でしょう。デメリットの部分でも軽く触れましたが、オーバーフロー水槽はさまままな機材が必要になるため、一式そろえると高額になります。

最近では60センチ以下に対応するものも出ているようですが、やはり主流は60センチ以上の水槽になります。ろ過方法や設置する水槽のサイズ、ろ材、オーダーメイドにするのかどうかなど様々な要因で金額は変わってきます。

おおよその値段ですが60センチサイズの水槽で5万円、120センチの水槽になれば20万円を超えるものもあります。

値段を安く抑えたいというのなら、ある程度ネットなどで水槽や機材の値段を比較する、場合によってはオーダーメイドの場合が安い場合もありますので、オーダーメイドの見積もりを出してもらって比較するといったことを考える必要があります。

もしくは、初めての方は上の写真のような中古で一式そろえるというのも悪くない選択肢でしょう。

オーダーメイドも可能!

オーバーフロー水槽にしたいけれど、具体的な機材などがわからない、水槽の作りにはこだわりたいという人いは、オーダーメイドがおすすめです。

熱帯魚関係のオンラインショップなどで、オーバーフロー水槽のオーダーメイドを受けている所がいくつかあります。

東京アクアガーデンのオンラインショップではオーバーフロー水槽のオーダーメイドのほか、水槽を設置するキャビネット台のオーダーメイドも扱っています。

もちろん、相談だけでもOKなので、オバーフロー水槽の導入を考えている人は一度相談してみてはいかがでしょうか?

オーバーフロー水槽とは。普通の水槽と何が違うの?まとめ

今回はオーバーフロー水槽についてお話しました。

水槽回りや水槽内がすっきりするだけでなく、ろ過能力が高いためが安定しやすいといったメリットがありますが、使用する機材がいくつもあり、水槽も特殊な仕様になっているため、一式そろえると高額になります。

場合によっては、オーダーメイドのほうが安く済む可能性もありますので、オーバーフロー水槽の導入を考えている人は、見積を出してもらったり、いくつかのブランドの商品を比較するなどして導入のコストを抑える方法を考えたほうが良いですね。