トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

キューブ水槽とは? サイコロの形をした立方体水槽の魅力をご紹介!

アクアリウムが人気になり、実にさまざまなタイプの水槽が販売されています。その中でもおすすめなのは「キューブ水槽」です。ひと昔前にはなかったキューブ水槽ですが、最近では30センチほどの小さなものであれば、通信販売やアクアショップで購入することができます。

今回はアクアリム初心者にもおすすめな、キューブ水槽の魅力やデメリットなどについて説明していきます。

キューブ水槽の魅力とは?

キューブ水槽は奥行きや横幅、高さのサイズが均一になっている立方体型の水槽のことを言います。また、奥行きと横幅は同じでも高さがあるキューブ水槽も存在します。

見た目的にもオシャレに見えますし、一般の横長の水槽よりも水槽に入れる水の量が多くなり、水質が安定しやすくなるというメリットがあるので初心者がアクアリウムを始めるときに向いている水槽です。

サイズに関しては下記のリンクを参考にしてください。

キューブ水槽は大きなサイズもある?

ホームセンターやアクアショップでは60センチくらいまでのキューブ水槽しか置いていない、というところが多いですが、それ以上の大きなサイズのキューブ水槽も存在します。

一般家庭では25センチくらいから大きくても60センチくらいまでを使用していることが多いですが、アクアリウム慣れしている人では90センチのキューブ水槽を使用している人もいます。

中には市販のものではなく、東京アクアガーデンのような専門のショップでキューブ水槽をオーダーメイドしている人もいるほどです。オーダーメイドを受け付けているショップでは相談や見積もりが無料なので、なかなか気に入ったキューブ水槽が見つからない人や欲しいサイズのキューブ水槽が見つからないという人は、オーダーメイドも検討してみてはいかがでしょうか。

キューブ水槽のメリットとは?

一見他の水槽との違いがあまりなさそうなキューブ水槽ですが、特徴をひとつひとつ見ていくと、意外にメリットが多いんです。一体どんなメリットがあるのかわかりますか?これからキューブ水槽のメリットについて解説していきます。

一般の水槽よりも水量が多く、初心者におすすめ

水槽の中に入れるソイルや岩・流木の大きさや量によって多少上下はしますが、一般の30センチ規格の水槽では水量は約13リットルです。それに対し30センチのキューブ水槽は27リットルとなっています。一般の水槽の倍の量の水が入るということになります。

水槽の水の量が多いということは、水質が安定しやすいのでアクアリウム初心者におすすめです。小型水槽では水が汚れやすいため、同じ30センチの水槽で飼育するならキューブ型のほうがおすすめです。

一般の水槽よりも個体数を多く飼育できる

水量が多いとなると、飼育できる個体数にも差が出てきます。小型の熱帯魚を1匹飼育するのに約2リットルの水が必要と言われているので、一般的な30センチ水槽では5~6匹ほどですが、30センチのキューブ水槽では13匹程度なら問題なく飼育できるということになります。

シュリンプになると、1尾で0.1~0.2リットルの水が必要と言われているので、30センチのキューブなら計算上は100~200匹までなら飼育可能ということになります。

水槽の大きさと飼育数に関してはこちらの記事を参考にしてください。

水草の育成にも最適

背丈のある水草を水槽内に植えるときに困るのは高さがないこと。しかし、キューブ水槽なら高さがあるので、ロタラなど有茎草タイプの水草の育成にも向いています。

もちろん、トリミングの必要はありますが、一般の水槽で育成するよりはキューブ水槽で育成したほうが、気が付いたら水面から出ていたなんてことを防ぐことができます。

狭い場所にも置きやすい

オールガラス水槽 アクロ30Nキューブ(30×30×30cm) 30cmキューブ水槽(単体) Aqullo

キューブ水槽は横幅を取らないため、一般の水槽よりも狭い場所に置くことができます。コンパクトな作りになっているため、万が一水槽を使わないときでも物置や押し入れなどでの管理がしやすいです。

コンパクトなので管理しやすい

キューブ型水槽は同じサイズの一般水槽よりも手入れする範囲が狭いため、コケ取りや底砂の掃除などの手間が一般水槽よりも比較的楽です。そのためアクアリウム初心者でも比較的簡単にメンテナンスをすることができます。

キューブ型水槽のデメリットは?

(水草 熱帯魚)初めての石組レイアウトセット 30cmキューブ水槽用(水草・風山石のみ) 本州・四国限定[生体]

キューブ型水槽はメリットがいろいろありますが、、デメリットもそれなりにあります。

ここからはキューブ水槽のデメリットについてみていきましょう。

キューブ水槽は水量がある分重い!

キューブ水槽は水量がある分、水を入れるととても重くなり1人で持つのも大変な場合があります。そのため、キューブ水槽を使用する場合には、水槽の置き場所をじっくり考えて、あまり動かさなくてよい場所を選びましょう。

小さいサイズだと適合サイズの照明が少ない

意外な落とし穴に、適合サイズの照明が少ないというものがあります。一般的な熱帯魚用の照明も30センチとなるとあまり種類がありません。そして水草用の30センチの照明はなかなか販売しているメーカーがないのが現状です。

意外にレイアウトが難しい?

キューブ水槽は全てのサイズが同じ立方体なので、水槽内のレイアウトをまとめるのが難しいです。

熱帯魚やエビなどの個体を入れてからあまりレイアウトをいじりすぎると、必要以上に生体にストレスを与えてしまうことになります。そのためキューブ水槽を使う時は、あらかじめレイアウトをしっかりと決めておく必要があります。

キューブ水槽の水槽台はオーダーメイドしなければならない!

キューブ水槽は規格外の水槽なので、専用の水槽台がありません。そのため、水槽台は自作するなり、業者にオーダーメイドする必要があります。

アクアショップなどで発注することもできますが、東京アクアガーデンでは無料で相談や見積もりを出してもらうことができます。

水槽台の制作を依頼するときは、複数社で見積もりを出してもらい、素材など納得した上で信頼できる業者に制作を依頼しましょう。

キューブ水槽とは_ その魅力をご紹介!まとめ

今回はキューブ水槽のメリットやデメリットなどについて解説しました。なかなか横幅を取る水槽がおけなくて困ってるという人や、アクアリウム初心者にキューブ水槽はおすすめです。デメリットもありますが、それ以上にメリットがたくさんあります。

気に入ったキューブ水槽がない、サイズがないといった場合には業者に頼んでオリジナルの水槽を作ってもらうこともできます。

水槽台に関してはキューブ水槽用のものが販売されていないので、しっかりと東京アクアガーデンのようなオーダーメイド制作を受け付けている業者に見積もりを頼んで、納得した上で制作してもらいましょう。