トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

市販の水槽用バクテリア剤は必要? メリットやデメリットは?

いきなりですが、市販の水槽用バクテリア剤はアクアリウム生活に必要だと思いますか?

「水槽立ち上げ時には、入れた方が良いかも??」
「水替えの度に入れた方が良いの?」
「いやいや、バクテリア剤なんて必要ないよ!」

色々な意見があると思います。そこで今回は、メリットやデメリットをふまえながら、「水槽用バクテリア剤」について考えてみたいと思います。

アクアリウム水槽におけるバクテリアとは?

アクアリウム水槽におけるバクテリアとは、水中の有機物(魚の老廃物や食べ残しの餌、枯れた水草など)を無機物に変えてくれる細菌のことを指しています。

バクテリアが水槽内のろ過材や底砂に棲んでいるおかげで、水槽の水がピカピカの状態で維持されます。もし、バクテリアの数が少なかったりバランスが崩れていると、水槽の水は白っぽく濁ったり不快な臭いがしたりします。

そんなアクアリウム水槽に有益なバクテリア達ですが、市販のバクテリア剤に関係するのは、一般的に次の2種類になります。

ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)

アンモニア硝化菌と呼ばれる「生物や水草に有毒なアンモニアを分解して、害が少ない亜硝酸塩に変えてくれる」バクテリアの仲間です。

休眠加工をすることで常温での長期保存が可能になるため、市販の水槽用バクテリア剤には、一般的に彼らが入っています。

ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)

亜硝酸硝化菌と呼ばれる「亜硝酸塩を、より無害な硝酸塩に変えてくれる」バクテリアの仲間です。バクテリアを休眠加工することが難しいため、市販の水槽用バクテリア剤には生きた状態で彼らが入っていることは少ないと言われています。

なお、ASPシステム用のバクテリア剤や生きたバクテリアを売りにしている商品などには、生きた状態で彼らが入っている製品も有りますが、「長期保管には冷蔵保存が必須」「常温では使用期限が短い」「やや価格が高め」などの課題があります。

市販の水槽用バクテリア剤は必要か?

ジェックス サイクル 250ml

水槽に有益と言われる細菌を多量に含んでいる市販のバクテリア剤。ここからは、市販の水槽用バクテリア剤のメリット&デメリットを紹介していきたいと思います。

メリット①:水槽立ち上げ初期の保険になる

一般的に市販の水槽用バクテリア剤には、休眠状態のバクテリアがたくさん入っています。彼らは水槽に入れられると、休眠状態から活動状態になり、ろ過装置内や底砂などで増殖するのです。

バクテリアは底砂や水草、空気中のホコリなどにも存在するので、わざわざ水槽に添加しなくても大丈夫という考え方もあります。しかし、バクテリアの絶対数を水槽を立ち上げた時に増やすことができるのは、水質の安定などの保険となってくれると言えます。

メリット②:水槽立ち上げ初期のアンモニア濃度を下げられる

ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)が入っているバクテリア剤の有効な活用方法として、「水槽のアンモニア濃度を下げるために使える」というものがあります。

水槽立ち上げ初期は水槽内のバクテリアが少ないため、水槽設置から3~5日程でどうしてもアンモニア濃度が上がってきます。そのタイミングに市販のバクテリア剤を入れることで、水槽内のアンモニア濃度を下げることができるのです。

シマテック PSB 水質浄化栄養細菌 1000mL 光合成細菌 淡水

デメリット①:効果が見えにくい

バクテリア剤のデメリットとして、「効果が見えにくい」というものがあります。

バクテリア剤を使用しなくても、普通に熱帯魚を飼育することができるためです。ただし、水替えが不要になるASPシステムと呼ばれる飼育方法では、バクテリアを添加することが必須と言われています。

デメリット②:途中使用はバクテリアのバランスを変えてしまう

バクテリアは生き物です。市販のバクテリア剤を使用しても、自分の水槽にバクテリア剤の細菌が無事に定着してくれるかは未知数な部分があります。

また、水槽立ち上げ初期にバクテリア剤を添加するのは大丈夫なのですが、一度立ち上がった水槽に後からバクテリア剤を添加するのはおすすめできません。バクテリアが相互に干渉してしまうことがあり、水槽内のバクテリアのバランスを崩してしまうことがあるからです。

デメリット③:亜硝酸硝化菌が含まれている製品が少ない

市販の多くのバクテリア剤には、休眠化ができて、常温での保存や輸送が可能なニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)が使用されています。

一方で、ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は休眠加工をすることができないため、バクテリア剤に含まれていると「長期保管には冷蔵保存が必須」「常温では使用期限が短い」「やや価格が高め」などの注意点があります。また、流通過程や購入後の保存状態によっては、使用する前に細菌が死んでしまっていることもありえます

デメリット④:入れ過ぎると水槽内が酸欠状態になる

市販のバクテリア剤に使用されている細菌は、好気性(酸素を好む)バクテリアがほとんどです。そのため、水槽内に大量に入れると「活性化したバクテリアが酸素を一気に消費して、水槽内が酸欠状態になる」ことがあります。バクテリア剤を使用する時には、用量をしっかりと守って下さい。

水槽用バクテリア剤の選び方

それでは、ここからは実際に水槽用のバクテリア剤を選ぶポイントを紹介したいと思います。次の3つの項目を押さえて、お好みの製品を選んでみて下さい。

ジェックス ベストバイオ 120ml

淡水用・海水用を使い分ける

市販のバクテリア剤には、淡水専用、海水専用、淡水&海水共用があります。これを間違えてしまうと、生体や水草にダメージを与えてしまうことがありますので、用途別に使い分けましょう。

ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)が含まれているか?

水槽立ち上げ初期にアンモニア濃度を下げたいという目的なら、比較的安価な製品でも大丈夫です。アンモニア濃度を下げるだけでなく、水槽の早期立ち上げまで目的とするなら、ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)が含まれている製品を選ぶことが大切です。

まとめ・市販の水槽用バクテリア剤は必要? メリットやデメリットをふまえた上で

ここまで、市販の水槽用バクテリア剤について考えてきました。水槽用バクテリア剤のメリットやデメリットを考えると、「基本的には無くても大丈夫。でも(きちんとした製品なら)水槽立ち上げ初期に使用すると色々と便利」そして「水替え時には添加する必要は無い。むしろ、水槽内のバクテリアのバランスを崩してしまう危険性もある」と言えます。

もちろん、バクテリアは身近な場所に棲んでいます。新しく設置したばかりの水槽でも、底砂や水草、空気中のほこりなどにくっついているので、市販のバクテリア剤を使用しなくても水槽はきちんと立ち上げることは可能です。

市販のバクテリア剤を使用する時のポイントとなるのは、「立ち上げ初期のアンモニア濃度を下げてくれる」「比較的短期間で水槽が立ち上がる」というメリットです。

熱帯魚の飼育に慣れている方は、バクテリア剤を使用しなくても水の調子を見ることができるので大丈夫だと言えますが、水づくりが上手くできない初心者のうちは、市販のバクテリア剤を使うことが保険的な意味でも安心だと私は思います。

市販のバクテリア剤はメリットもデメリットもあります。上手に使って、アクアリウム生活を楽しみましょう♪