熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

熱帯魚水槽に魚の隠れ家は必要!?メリット、デメリットとは

たこつぼ土管、シェルターなど熱帯魚用の隠れ家は、いろいろな種類が売られています。

でも観賞者としては『隠れないで元気に泳いでいてほしい…』と思いますよね。

熱帯魚の隠れ家のメリット、デメリットを考えます。

熱帯魚の隠れ家の必要性

熱帯魚たちにも、リラックスタイムは必要です。
明るいLEDライトの光からちょっと離れたい、強面の同居者から隠れたい、など気の抜ける場所が必要です。

人間も、ふとしたときに照明をおとしたり、人気のないところへ行きたい気持ちになりますよね。

隠れ家は、熱帯魚たちの防衛本能とプライバシー(!)をまもります。

しかし、魚によっては邪魔になってしまうこともあります。

熱帯魚の隠れ家のメリット

隠れ家のメリット1 魚の防衛本能を満たす!

熱帯魚は、基本的に物音や人影、照明に敏感です。

慣れてくれば、人影を見るだけで近寄ってきますが、地震のような急な振動いきなり近寄ってきた人影には驚いてしまいます。

魚たちは身を守ろうと各々の隠れ場所へ逃れますが、隠れ家が無かった場合、魚は混乱して逃げ回ります。

その時、強いストレスがかかっているのは、見ていて明らかです。

ストレスは万病のもとです!人間も熱帯魚も同じです。

また、逃げ回ることで体に擦り傷を負ったりしてしまうと、病原菌に感染しやすくなってしまいます!それらを防ぐうえで、隠れ家は有効と言えるでしょう。

特にコリドラスなどの臆病な熱帯魚(慣れていれば全然平気ですが)には、必要です。

隠れ家のメリット2 熱帯魚の繁殖に役立つ!

隠れ家は、形状や熱帯魚との相性にもよりますが、『産卵筒』の役割も果たします。

特にプレコは、土管のような形状のシェルターを非常に好み、産卵場所としても利用します。

普段から、流木の隙間などを好むため、プレコを飼う場合は繁殖に関係なく、隠れ家はあったほうが良いでしょう。

スドー 多目的シェルター シングルチューブ S

また、稚魚のシェルターとしても役立ちます。

種類にかかわらず身体の小さな稚魚は、他の大きな魚からいじめられたり、食べられたりしてしまいます。
通常、稚魚は見つけ次第隔離してあげるのが一番なのですが、例えばグッピーなどの繁殖しやすい熱帯魚は、いつの間にか子供を産んでいた!ということも良くあります。
そんなとき、隠れ場所があれば生存確率が上がります!

もちろん、みつけたら救出してあげましょう。

隠れ家のメリット3 ライトのストレスから護る!

熱帯魚には明るい場所を好む魚と、夜行性のようにちょっと暗い場所を好む魚がいます。

LEDライトなどの照明は、1日8時間程度の照射が望ましいですが、都合で消しにいけないこともありますよね。

そんな時、照明タイマーがあれば万全なのですが、そこまでするのも、手間がかかります。

サンワダイレクト タイマーコンセント 24時間 アナログ式 15分単位 電源自動オン/オフ 700-TAP016

照明がいつまでも明るいと、ストレスを感じる魚もいます。

熱帯魚にも体内リズムがあり、あかるすぎると体内時計か乱れ、体調不良を起こすことがあります。眠いのに明るいと、人間でも嫌になりますよね。

結局はストレスが原因なので、一息つける木陰のような感覚で、隠れ家を設置してやると落ち着きます。

熱帯魚の隠れ家のデメリット

熱帯魚の隠れ家にもデメリットはあります。

隠れ家のデメリット1 意外と場所をとる

隠れ家(シェルター、土管、たこつぼなど)は水槽に入れてみると、意外と大きかったりしますよね。

60cm水槽ならまだしも、30cmや45cm水槽だと、隠れ家で占められる割合が予定より多かった!ということもあります。水草を植えていたりすると、底砂だけのスペースが完全に埋まってしまうことも。

隠れ家はおもに陶器や焼き物です。底砂の上にのせると蓋をする形となり、隙間にフンなどのゴミが溜まりますので、掃除はきっちりしましょう。

隠れ家のデメリット2 縄張りができ、隠れ家の取り合いになる

隠れ家がお気に入りになると、魚はその周辺を自分の『縄張り』として意識し始めることがあります。

そうなると、近づく他の熱帯魚を攻撃します。

また、隠れ家の居心地がいいと、隠れ家を狙う魚同士で、取り合いに発展することがあります。

ケンカをしてしまうと、ストレスがかかるだけでなく、身体も傷ついてしまいます。

取り合いが発生した場合は、新たにもう一つ隠れ家を入れてやるか、隠れ家を撤去するしかありません。

隠れ家のデメリット3 怪我をする、成長に響くことも

身体が大きかったり、ヒレが長い魚は、稀に隠れ家にぶつかり怪我をすることがあります。

なるべく、角の丸いひっかかりのないような形状の隠れ家を選定してやるべきです。

現に、販売されている熱帯魚用の隠れ家は、角の丸いものばかりです。

また、大きすぎる隠れ家は、障害物となり、魚の成長を妨げる場合があります。

魚は、泳げる環境に合わせて体の成長が変わる生き物です。

必要以上に遊泳域を狭くしてしまうような隠れ家やアクセサリーは、避けてあげたいですね。

まとめ:隠れ家は状況に応じて必要!

隠れ家(シェルターなど)は無くても、水草流木がある場合は、それらが自然と、隠れ家の役割を持ちます。

熱帯魚飼育は、魚たちにどれだけ『ストレスを感じさせないか』がポイントです。

ストレスが無く、健やかな熱帯魚は逃げることはあまりありません。

逆にいえば、魚はストレスを感じると、隠れてしまいます。

病気になった金魚が、何日も怯えて隠れ家から出てこないことがありました。

調子が悪く、ストレスを感じていたんですね。

体調が戻ると、その金魚は隠れ家には入らず、泳ぎ始めました。

このように、魚の調子を見る道具としても、隠れ家を利用することができます。

たんに、隠れ家が気に入って出てこない場合もありますが、餌の時間でも反応しなくなるのは、体調不良の証です。

隠れ家を水槽内に設置するかは、完全にお好みです。

飼育魚の種類や周囲の環境にあわせて用意してあげると良いでしょう。

【関連記事】