トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

熱帯魚水槽のバクテリアを増やそう!水をきれいにするバクテリアについて

熱帯魚水槽の「水質とバクテリアの関係」を知っていますか? 底砂やろ過材に棲息している目に見えないバクテリア。彼らは、熱帯魚の老廃物や餌の食べ残しなどを分解して、きれいな水の維持に役立ってくれています。

そのため、バクテリアが十分に増殖した水槽は、水がピカピカです。逆に、バクテリアが上手く働いていない水槽では、水が白く濁ったり不快な臭いがしたりします。

今回は、そのような「水質維持に欠かせないバクテリア」について、じっくりと考えていきたいと思います。

熱帯魚水槽におけるバクテリアとは?

バクテリアとは、広い意味では「真正細菌」と呼ばれる細菌の仲間のことを指します。しかし、アクアリウム用語で使われているバクテリアとは、水中の有機物(魚の老廃物や枯れた水草、食べ残しの餌など)を無機物に変えてくれる好気性の(酸素を好む)細菌のことを指している場合がほとんどです。

具体的には、次の2つの作用を持つバクテリア達があげられます。

ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)

アンモニア硝化菌と呼ばれるように、熱帯魚に有害なアンモニアを分解して、アンモニアよりも害が少ない亜硝酸塩に変えてくれる」バクテリアの仲間です。

熱帯魚は排泄物としてアンモニアを体外に排出します。アンモニアは生物にとって猛毒です。

本来の自然環境であれば川や海の大量の水でアンモニアはすぐに薄まり、熱帯魚に害を及ぼすことはないのですが、水槽ではそうはいきませんのでバクテリアに分解してもらわないと熱帯魚は死滅します。

アンモニアを増加させるのは熱帯魚の排泄物だけではありません。餌の食べ残し、水草の枯れ葉なども腐敗するとアンモニアを発生させてしまいます。

よって、アンモニアを分解してくれるバクテリアは、水槽には欠かせない重要な存在です。

アンモニア硝化菌は休眠加工が可能なため、市販の水槽用バクテリア剤にはこのアンモニア硝化菌が入っています。

ジェックス サイクル 250ml

水槽を立ち上げる時にこういったアイテムを使うと、早めにバクテリアが定着してくれると言われています。効果がないと言う人もいますが、アクアリウムに害を及ぼすものではないので、試しに使ってみるのは間違いではないでしょう。

このようなアイテムを使わなくても、バクテリアたちは空気中を漂っていますので、水槽が良いコンディションであれば勝手に住み着いてくれます。

ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)

亜硝酸硝化菌と呼ばれるように、「魚に有害な亜硝酸塩を、魚に比較的無害な硝酸塩に変えてくれる」バクテリアの仲間です。

亜硝酸塩はアンモニアほどではありませんが、やはり熱帯魚にとっては毒ですのでニトロバクター属もアクアリウムには重要なバクテリアです。

ニトロバクター属が作り出す硝酸塩はかなり毒性が低い物質なので、そこまでいけばかなり安心できます。

休眠加工が難しいため、市販の水槽用バクテリア剤には生きている亜硝酸硝化菌が入っていることは少ないと言われています。(ASPシステム用のバクテリア剤など、生きた状態で彼らが入っている製品も有りますが、「常温では使用期限が短い」「長期保管には冷蔵保存が必須」「比較的価格が高め」などの課題があります)

バクテリアの役割

アンモニアや硝酸塩などの難しそうな言葉が出てきましたが……高校の生物の授業ではないので覚えなくても大丈夫です。バクテリアの役割はシンプル。「バクテリアは、水をきれいにしてくれる」ということを覚えていればOKです。

水槽内にはフィルターや底砂など、さまざまなろ過システムがありますが、最も威力を発揮するのがこのバクテリアによる生物ろ過になります。

バクテリアがうまく繁殖している水槽では、水はいつも美しく澄んでいます。バクテリアが定着していない水槽では水質が悪化しやすく、頻繁な水換えが必要になってしまいますし、悪臭が発生することもあります。

美しいアクアリウムを維持する上で、バクテリアを定着させることは最重要課題と言っても過言ではありません。

熱帯魚の水槽内にバクテリアを増やす方法

バクテリアは、水中にある微細な凸凹に棲息しています。底砂やろ過装置のろ材はもちろん、水草の表面や流木の表面、ガラスに生えたコケなどのいたるところにバクテリアは生息しています。

しかし、ガラスに生えたコケは処分したいですし、底砂も定期的にクリーナーをかけて綺麗にしたいです。そのため、ここでは「綺麗な水槽を維持しつつ、バクテリアを増やす方法」を5つ紹介したいと思います。

1. ろ過装置を工夫する

ろ過装置の容量を大きくしたり、表面積の大きい凸凹したろ材を使用することで、ろ過槽内のバクテリアの数を増やすことができます。

オススメのろ材は多孔質のものです。セラミック系のリング状のろ材を使うのが良いでしょう。

なお、ろ過材が汚れで目詰まりを起こすとバクテリアの活性が落ちますので、ろ過装置は1~2ヵ月に1回は掃除をすることが大切です。

ただし、水槽の掃除の時には、ろ材を水道水で洗うことはやめましょう。ろ材に住み着いたバクテリアが塩素で死んでしまうからです。ろ材を洗う時には、飼育水やカルキ抜き済みの水を使用して下さい。

2. 底砂を定期的に掃除する

底砂にはたくさんのバクテリアが生息しています。ただし、底砂を厚くしすぎたり、掃除をさぼったりすると、別の種類のバクテリアが増殖して「有毒なガス」が発生してしまいます。うまくバクテリアが定着していない水槽から悪臭がするのはそのためです。

底砂の厚みを5~6㎝以内にとどめて、定期的に底砂クリーナーで掃除することが、底砂のバクテリアを良い状態で維持するためには大切です。

底砂の掃除はなかなか大変ですが、底砂掃除用のアイテムも販売されていますので、そういったものをうまく活用することで掃除の大変さを軽減することもできます。

3. エアレーションをする

水槽で有益とされているバクテリアは酸素を好みます。そのため、水槽内にエアレーションをしてあげることで、バクテリアの活性が上がります。

特に水槽立ち上げ初期は、エアレーションをすることでバクテリアの増殖速度が早くなる(比較的早く水質が安定しやすい)と言われています。

でもエアレーションは音がするからイヤだなと感じる方には、下のエアポンプが静かでオススメです。

エアポンプ本体を棚などの上に乗せると振動で音がしますが、S字フックなどで吊り下げると騒音はかなり軽減されます。

4. 水替えのサイクルを考える

水替え時に一度にまとめて掃除をすることは、バクテリアの状態を考えると、あまり良いことではありません。「底砂にクリーナーをかけて⇒水草をトリミングして水槽の水を3分の1換えて濾過槽の掃除をして」……とすると、水槽内のバクテリアが一度に減少してしまうからです。そうなると水槽内の水質バランスが崩れることになります。

対策としては「底砂の掃除をした日は、濾過槽の掃除をしない」「底砂掃除は1回に半分だけとして、2~3週に分けて掃除をする」など、水槽内のバクテリアのことを考えた掃除や水替えをすることが大切です。

また、当然ですがバクテリアも生き物ですから、温度やphの急激な変化には弱いです。そのあたりも気を遣ってあげましょう。

5.水槽内の凸凹を増やす

バクテリアを水槽に定着させるには、バクテリアが住む凸凹を増やしてやることも大切です。

底砂も水草も植えないベアタンクよりは、様々なアイテムが入っている水槽のほうが凸凹が多く、バクテリアは定着しやすいでしょう。

凸凹を増やすために、多孔質のアイテムを意識して水槽内に入れましょう。例としては

  • 底砂は砂利系ではなく素焼きのソイルにする
  • 流木を入れる

などを挙げることができます。

他に水草を植えたり、アクセサリー(岩石や魚の隠れ家のようなもの)を入れるのも凸凹を増やすのに役立ちます。

バクテリアが熱帯魚に与える影響とは

バクテリアは熱帯魚にもよい影響を与えてくれます。

バクテリアが繁殖し、アンモニアが消費されて水が安定すると熱帯魚は健やかに育ちます。

しかしバクテリアは酸素と水素を消費するので、水は少しずつ酸性に傾いていきます。そこに注意が必要です。

pHが下がりすぎると熱帯魚及びバクテリア自身にも悪影響です。水換えでちょうどいいpHを維持するように心がけましょう。

アルカリ性の水が好きな熱帯魚を飼育する場合は、サンゴ砂を入れたり頻繁に水換えを行い、上手にアルカリ性を維持してあげましょう。

バクテリアは水草の成長にも影響します

水槽内の水草は、光合成を行って生きています。

そのほかに肥料分として、バクテリアが産出した硝酸塩を吸収して成長します。

バクテリアが正常にはたらけば、毒性の強いアンモニアを分解してくれるだけではなく、水草にとって肥料となる硝酸塩を作ってもらえるのです。

また、水草を植えることで水槽内の硝酸塩が消費されていきますので、水換えの頻度を少なくすることも可能です。水草の表面も凸凹の一つなので、バクテリアの住みかを増やすことにも繋がります。

もちろん、熱帯魚たちの隠れ家や産卵床として利用されることもありますし、何よりも水草がユラユラと揺れるアクアリウムは見た目に美しいですね。

水槽に水草を植えるとメリットはたくさんありますね。

まとめ・水槽内のバクテリアを増やそう!

アクアリウムは「水づくりが肝心」と言われることがあるように、熱帯魚の魅力を存分に引き出すためには、水質を維持してくれるバクテリアの存在が欠かせません。ぜひ、熱帯魚水槽の「立ち上げ初期」や「掃除」の際には、バクテリアのことも意識してあげて下さい。

普段は目に見えない彼らですが、上手にコントロールすることができたら、ワンステップ上の生体飼育ができるようになります。なにより楽で安定したアクアライフになりますので、バクテリアと仲良くしていきましょう!

※コメントは承認後に表示されます