トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

ビーシュリンプを繁殖させよう!繁殖方法や注意点とは

ビーシュリンプというエビを知っていますか? 白と黒の縞々だったり、赤と白の縞々のエビです。他にも交配を重ねた結果、全身真っ白のエビや全身真っ黒なエビ、全身真っ赤なエビなども見ることができます。

今回は、そんなビーシュリンプ(レッドビーシュリンプ)の繁殖について紹介していきたいと思います。

ビーシュリンプとは?

ビーシュリンプとは、ヌマエビ科カワリヌマエビ属のエビの仲間です。淡水で殖える陸封型のエビなので、水槽内での繁殖を楽しむことができます。寿命は2年程です。

原種は香港のエビと言われていますが、水槽内で品種改良が繰り返されすぎた影響で学名が付けられなくなったという、ちょっと変わったエピソードを持つエビでもあります。

ブラックビーシュリンプ 10匹+1匹補償サービス付き[生体]

ビーシュリンプの飼育と繁殖方法

ここで紹介する方法は、失敗が少ない基本的なセット内容になります。この内容で、200匹~250匹くらいまでなら、安定してビーシュリンプを飼育&繁殖させることが可能です。

===
水槽:60センチ規格水槽
フィルター:スポンジフィルター(エアレーション式)×2個
照明:有った方が良い
底砂:JUN/マスターソイル(吸着系ソイル)
水温:23~24度
水草:ウイローモス、ロタラ等
餌:専用の人工飼料
混泳:基本的には不可
(稚エビを襲わない巻貝やオトシンクルスなどは可)
===

初めての方に推奨したいのは水量が多くて水替えもしやすい60センチ水槽ですが、30センチ水槽でも上手に繁殖させている方もいますし、90センチ以上の水槽で繁殖させている方もいます。

なお、飼育に関して押さえておきたいポイントがありますので紹介します。

飼育ポイント①:吸着系ソイルを底砂に使う

ジュン (JUN) マスターソイル HG 3リットル

底砂用のソイルには主に、水中のアンモニアなどを吸収してくれる「吸着系ソイル」と、水中に水草の栄養素などを放出してくれる「栄養系ソイル」の2種類があります。

栄養系ソイルはビーシュリンプをたくさん繁殖させるのに便利なソイルなのですが、水槽の立ち上げ(魚を受け入れるための準備)に1~2ヵ月程の時間が必要なので初心者の方にはあまりお勧めできません。一方で、吸着系のソイルを使用した場合には、2週間ほどで水槽の立ち上げができます。

それぞれメリット&デメリットがありますが、初心者のうちは吸着系ソイルがおすすめというのを覚えておくと便利です。

飼育ポイント②:スポンジフィルターを使うこと

テトラ (Tetra) ツインブリラント フィルター

ビーシュリンプの稚エビはとても小さいです。上部式フィルターや外部式フィルターを使用することも可能なのですが、給水口にスポンジを付けないと吸い込まれてしまいます。

その点、スポンジフィルターは濾過能力も高く、稚エビが吸い込まれるようなことがありません。また、ビーシュリンプは早い水流を好みませんので、上部式フィルターや外部式フィルターのよりもスポンジフィルターの方がエビにとっては好ましいです。

飼育ポイント③:水草を植えること

水槽の水質の安定のために水草を入れておくと良い影響があります。また、稚エビの餌になる微生物の繁殖にも水草は欠かせません。

ただし、定期的な底砂の掃除やエビの選別の邪魔になっては本末転倒なので、水草を植える面積は水槽の3分の1程度に抑えておいた方が良いです。

ビーシュリンプの繁殖における注意点

ここからは、ビーシュリンプの繁殖に大切な条件をより詳しく紹介します。これらの条件が一致しないと、なかなか増えてくれないのでしっかりと確認しておいて下さいね。

オスとメスの比率

ビーシュリンプを繁殖させようと思った時には、オス6匹に対してメス14匹くらい(オス:メス=3:7)が丁度良いです。メスの数を多めにすることで抱卵するときにメスの取り合いにならず、メスの疲労や死亡率を下げることができます。

水温

水温は22度~25度に設定します。水温25度以上になると、ビーシュリンプの抱卵が止まったり、最悪、ビーシュリンプがぽつぽつと死んでしまうことがあります。夏場の高水温や締め切った室内の高温などには、特に弱いので水槽用のファンを付けたり、エアレーションをしたり、エアコンを使用したりするなどの対策が夏場には必要です。

なお、ビーシュリンプの卵は、水温25度の場合には約25日で孵化します。

水草&コケ

ビーシュリンプの生まれたての稚エビには、水槽内の水草(ウイローモスなど)やコケ(緑色の藻など)に棲む微生物が良い餌になります。積極的に水槽内に水草を植えておくことが、繁殖の難易度を下げてくれることに繋がります。

水のPHや硬度

ビーシュリンプの水槽のPHは6.0~6.5の弱酸性、総硬度は3~4になるようにしておきます。水質検査キットを使用すれば簡単に計測することが可能です。

なお、底砂に新品のソイルを使用して2週間ほど水槽の水回しをしていれば、大体はこの数値に収まっているはずなので、あまり難しく考えなくても大丈夫です。

テトラ (Tetra) テスト 6 in 1 試験紙

フィルターと水の汚れ

エビの仲間は水質の汚れに魚よりも敏感です。そのため、定期的なフィルターの掃除や底砂の掃除、水替えは欠かせません。これらの掃除をさぼっていると、エビが抱卵しなくなります。

まとめ・ビーシュリンプを繁殖させよう!繁殖方法や注意点のおわりに

(エビ) 無選別 レッドビーシュリンプ 赤白バンド(10匹) 本州・四国限定[生体]

ここまでビーシュリンプの繁殖や繁殖における注意点を紹介してきました。今回紹介した内容は、とても基本的なことになりますが、これを押さえておくことでビーシュリンプの繁殖が無理なくできるようになります。

なお、ビーシュリンプを水槽に導入する時には、PHショックを起こさないように「点滴方式」と呼ばれる方法で慎重に水合わせをしてあげて下さい。この最初の水合わせに失敗すると、持ち直すまでに時間がかかったり、最悪死んでしまう原因になったりもしますので。

ビーシュリンプの繁殖は、品種の固定や改良など、とても奥が深いです。今回はスポンジフィルターをおすすめしましたが、底面式フィルターで飼育する方法などもあります。底砂のチョイスや餌のチョイスなどにも、工夫する余地と楽しさはたくさんあります。

ビーシュリンプの繁殖に慣れてきたら、ぜひ色々な飼育方法を探ってみて下さい。