トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

【初心者におすすめ】安くて人気の飼いやすい海水魚 ベスト10

アクアリウム慣れして海水魚飼育にシフトチェンジしたり、魚飼育そのものが初めてで初心者向けの海水魚にはどんなものがいるのかわからないという人が多いです。

そこで今回は海水魚飼育初心者向けの値段が安く買いやすい海水魚をランキング形式でご紹介します!

海水魚飼育の準備などに関してはこちらの記事を参考にしてください。

初心者におすすめな海水魚の特徴

まず海水魚飼育初心者におすすめな海水魚の特徴ですが

  • 病気にかかりにくく、丈夫 
  • 小さめの海水魚 
  • 餌付きのよさ 
  • 性格が良いもの 

といったものがあります。それぞれについて解説していきましょう。

病気にかかりにくく、丈夫であること

これは基本中の基本と言えます。熱帯魚で魚の飼育に慣れている人でも、海水魚となると塩分濃度の調整が難しかったり生態系ががらりと変わるので熱帯魚の感覚で飼育していて失敗したと言う人が多いです(私もその一人ですが…)。

また初心者の場合には水換えのペースがわからないため水質悪化に気づかず、魚が病気になることもあります。

そのため海水魚飼育初心者の場合は、丈夫で飼育しやすい海水魚から始めるのがベターです。特に淡水魚と違って水換えごとに塩分濃度なども注意しなければならないので、水質の変化に強いものをおすすめします。

餌付きの良い海水魚

熱帯魚でもごく一部餌付きの悪いものがいますが、海水魚では餌付けを行ってからでないと人工飼料を食べてくれない種類が存在します。魚の飼育自体が初めての人で海水魚飼育にチャレンジするような場合には、餌付けはとてもハードルが高いので、飼育を始めた初日から人工餌を食べてくれる種類がおすすめです。

性格の良い海水魚

熱帯魚や金魚など魚の飼育経験のある人ならわかると思いますが、海水魚にも人間と同じようにそれぞれ性格があります。おとなしいものや臆病なもの、攻撃的なものとさまざまな性格の海水魚がいます。

海水魚飼育初心者の場合は、攻撃的な海水魚を避けたほうが、魚同士のトラブルを避けられるので無難でしょう。

飼育しやすい海水魚についてはこちらの記事もご覧ください。

初心者におすすめの海水魚ベスト10

それでは、ここから初心者におすすめな安くて飼いやすい海水魚をランキング形式でご紹介しますので、海水魚飼育時の参考にしてください。

安くて飼いやすい海水魚1位:デバスズメダイ

(海水魚)デバスズメダイ Mサイズ(6匹) 本州・四国限定[生体]

海水魚の中でも丈夫で初心者向けとして知られているデバスズメダイはとても大人しい性格で、餌付きもよい海水魚です。大人しすぎるので、気の強い海水魚と混泳させるといじめられる場合があります。群れて泳ぐ習性があるため、5~6匹くらいでの飼育をおすすめします。 

安くて飼いやすい海水魚2位:ハタタテハゼ

(海水魚)ハタタテハゼ(1匹) 本州・四国限定[生体]

ハタタテハゼは背びれが旗をたてたようにピンと立っているのが特徴的なハゼで体のグラデーションがとても美しい海水魚です。とても大人しい性格で、引きこもってしまいがち。しかし餌付きが良く、水質の悪化に強いので海水魚飼育初心者におすすめです。ただし、驚いた時には水槽から飛び出してしまうことがあるので、飼育水槽にふたをする必要があります。

安くて飼いやすい海水魚3位:スプリンガーズダムセル

スプリンガーズダムセルは青地をベースに黒い模様がとても美しい海水魚でスズメダイの仲間です。丈夫でおとなしく、餌付きやすいため初心者にも飼いやすいおすすめの海水魚です。

種類の違うスズメダイ同士だと喧嘩をしやすいのですが、デバスズメダイとスプリンガーズダムセルは喧嘩をするどころか、混泳するほど気が合います。

安くて飼いやすい海水魚4位:スカーレットフィンラス

スカーレットフィンラスは真っ赤な体と大きなヒレが特徴的なベラの仲間です。ベラ自体が何でも食べる魚で、スカーレットフィンラスも人工飼料をよく食べるので餌付けは簡単で飼いやすいです。

スプレッディングという威嚇時にヒレを大きく広げる行動を見ることもできます。

同種同士だと喧嘩することがありますが、他の海水魚に対してはおっとりとしていて混泳向きです。

ただし、夜間は砂にもぐる習性があるため、底砂は3センチ以上入れること、また飛び出しやすいため飼育水槽にふたをする必要があります。

安くて飼いやすい海水魚5位:ヒレナガネジリンボウ

(海水魚)ヒレナガネジリンボウ(1匹) 本州・四国限定[生体]

ヒレナガネジリンボウは別名をハタタテネジリンボウと言います。大きさは6センチほどで共生ハゼの仲間です。白を基調としたボディに黒のライン、頭は黄色とカラフルな色合いで、アンテナのようにピンとたったヒレが特徴的な海水魚です。

性格は非常に温和なので他の海水魚との混泳が可能ですが、巣穴から出ることはあまりなく、サンゴとの相性も非常に良いです。カクレクマノミよりも病気に強く丈夫な海水魚です。

安くて飼いやすい海水魚6位:カクレクマノミ

(海水魚 熱帯魚)カクレクマノミ(国産ブリード)(1匹) 本州・四国限定[生体]

映画「ファインディングニモ」の主人公で有名になったカクレクマノミは初心者でも飼いやすい海水魚です。

丈夫で餌付きやすく、最近では人工繁殖されたものが多く流通しており、サイズが小さめなものが多いようです。

カクレクマノミの欠点は、ペアができてしまうと他のカクレクマノミをいじめるという点です。一つの水槽でカクレクマノミを飼う時は2匹までにしたほうがよいでしょう。

安くて飼いやすい海水魚7位:マンジュウイシモチ

(海水魚)マンジュウイシモチ(1匹) 本州・四国限定[生体]

マンジュウイシモチは自然界ではダイバーにも人気のある海水魚です。黄色の上半身に黒いライン、そして白地に赤い斑点と非常にカラフルな海水魚で、性格は大人しく餌付きもよいので海水魚初心者におすすめです

一瞬、止まっているかのように見えるホバリングという独特の泳ぎがかわいいと人気で小型水槽でも飼いやすい海水魚です。

安くて飼いやすい海水魚8位:キイロハギ

キイロハギは大きくなると20センチほどと海水魚の中では割と大きな部類に入ります。しかし成長速度が遅いので小さなうちは小型水槽でも飼育可能ですが、遊泳能力が高いので45センチ以上の水槽で飼育したい海水魚です。

とても温和な性格で混泳に向いています。何でも食べる海水魚で草食性が強く水槽内のコケなども食べます。しかし水槽に導入当初は痩せやすいという欠点があります。

安くて飼いやすい海水魚9位:ルリヤッコ

(海水魚 ヤッコ)マニラ産 ルリヤッコ(1匹) 本州・四国限定[生体]

ルリヤッコは体の中央がオレンジ、外側が青という印象に残る色をしています。住んでいる地域によってその体の色が異なります。環境の変化に強い海水魚で値段も安く他の海水魚との混泳が可能ですが、小型のヤッコ同士だと喧嘩をしてしまう可能性が高いので、水槽にはヤッコを1匹だけにする必要があります。

サンゴを突っついてダメにしてしまう場合があるので、注意が必要です。

安くて飼いやすい海水魚10位:ロイヤルグラマ

(海水魚)ロイヤルグラマ(1匹) 本州・四国限定[生体]

映画「ファインディングニモ」ではガーグルというキャラクターで登場したロイヤルグラマ。

紫からオレンジとカラーのグラデーションがとてもきれいで水槽内でも映える海水魚です。大きさは8センチほどですが、縄張り意識が強いため飼育するときには45センチ以上の水槽での飼育をおすすめします。

岩などの隙間に巣を作って、巣を中心に活動する海水魚です。45センチ以上の水槽で隠れ場所などを多く入れることでカクレクマノミなどとも混泳が可能です。松かさ病にかかりやすいという欠点がありますが、体力があるため環境さえきちんと整えてあげれば飼育は簡単です。

【初心者におすすめ】安くて人気の飼いやすい海水魚 ベスト10まとめ

今回は海水魚飼育初心者におすすめの、安くて飼いやすい海水魚をランキング形式で10種類ご紹介しました。

海水魚は熱帯魚と比べると水の塩分濃度の調整などやや面倒な点が多いです。また水槽など飼育機材にお金がかかるという点もありますが、とてもカラフルで個性豊かな海水魚が多いです。

いきなり数多くの海水魚やサンゴの飼育をしようとすると失敗することが多いです。海水魚に興味を持ったならまずは1種類から小さめ名水槽で海水魚の飼育を始めてみませんか?

海水魚を迎えることで毎日の暮らしに癒しができて、ストレス緩和などの効果も期待できますよ。

※コメントは承認後に表示されます