トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

【今さら聞けない】熱帯魚水槽にRO浄水器を使うメリット・デメリット

皆さんはRO浄水器を熱帯魚水槽へ利用したことがありますか?

海外では、熱帯魚水槽に浄水器で精製した水を使用することはポピュラーですが、日本は家庭用水道水をそのまま飲めるまで水質が良いため、浄水器を使用するのはごく一部の方に限られている傾向が見受けられます。

ではその一部の方がなぜRO水を利用しているのか。

その理由の大半は、コケを抑制させる目的で利用していることでしょう。

もちろん理論上、コケを抑制させることができますし、販売メーカーでもそのように謳っています。

では、RO浄水器で精製されたRO水を利用すると水槽の生き物にとって良いことなのでしょうか。

結論から言いますと、RO水利用の良し悪しは飼育生物によるということとなります。

つまり、飼育生物によってはRO水を利用することで残念ながら調子を崩してしまう可能性があるのも事実です。

しかし、適正にRO水を利用すれば大変重宝できる機材であり水槽内の生き物へ抜群の効果を見せてくれます。

ここでは、RO浄水器で精製されたRO水の特徴から、メリット・デメリット、おススメのRO浄水器まですべて解説いたします。

RO浄水器で精製されたRO水って何?

RO浄水器で精製されたRO水とは、簡潔に言いますと水道水をろ過して限りなく不純物を取り除いた精製水のことを指します。

ろ過の仕方は、水道水にRO浄水器をセットし水を流します。浄水器を通った水は非常に目の細かいメンブレンという逆浸透膜を通過し精製された水が出てくるという仕組みです。

大抵のRO浄水器は、水道水に含まれている約95パーセントの不純物を除去できます。

では、RO水を実際に利用する際におけるメリット・デメリットについて解説していきましょう。

RO水を使用するメリット

RO水を利用するメリットはこの2つです。

  • コケの抑制
  • 水質の安定

コケの抑制

冒頭でもお伝えしましたが、RO水を利用する一番のメリットはコケの抑制です。

水道水にはコケの素となる栄養塩が含まれています。

たとえば、リン酸塩やケイ酸塩、硝酸塩などです。

RO浄水器を利用すれば、この栄養塩のほとんどを除去できてしまいます。

そのため、RO水を使うとコケの発生を抑制できるということとなります。

水質の安定

コケの抑制ばかりに目を奪われがちですが、RO水を利用すると水質が安定しやすくなることも大きなメリットです。

なぜなら、水道水の水質状況は1年中安定した水質でないためです。

水槽内の生き物にとって、良い水質の時もあれば悪い水質の時もあります。

水道水の水質が悪化している場合は、溶存不純物(TDS)が多くなるため、水換えする度に溶存不純物に含まれる栄養塩を注ぐこととなり、結果としてコケの発生を斡旋することになってしまいます。

ところが、RO水を利用すればそんな問題も解決できてしまうのです。

RO水を使用するデメリット

コケの抑制、水質の安定と良いことが目立ちますが、残念ながらデメリットもあります。

デメリットは大きく2つあります。

  • 費用の問題
  • 微量成分の除去

費用の問題

まず、RO水を利用する際に頭を悩ませるのが費用の問題でしょう。

入門編のRO水機器でも大体2万円ほど必要となります。

また、ランニングコストとして水道代がかかります。

なぜなら、RO浄水器を通した水のほとんどが捨て水となり、精製される水はごく一部となるからです。

水道代というランニングコストがRO浄水器を購入する時に躊躇してしまう一番の理由かもしれません。

機材を選ぶ際は、この精製水量も考慮するようにしましょう。

微量成分の除去

メリットのところでもお伝えしましたが、RO水は溶存不純物をほとんど取り除いてしまうため、生き物にとって有益な栄養も取り除いてしまうことになります。

とくき、アマゾン川などに生息する淡水熱帯魚に利用することはあまりおススメできません。

水道水の中に含まれる生き物にとって有益な栄養とは、いわゆるミネラルです。

魚はエラからミネラルを吸収し、尿から大量に排水する生理機能をもっています。

ミネラルがほとんどない水で飼育してしまうと、ほんの少しのミネラルを取り入れるために生理機能が常時フル回転してしまい過度な負担をかけてしまうこととなります。

当然ですが、これが続けば奇形になる、または、衰弱する、最悪な場合死んでしまうといった可能性があるのです。

しかし、淡水魚とは異なり海水魚はRO水で飼育することに向いています。

その理由は、人工海水に必要な栄養分が含まれているからです。

以上、メリット・デメリットをお伝えしたところで、おススメの浄水器をご紹介していきたいとおもいます。

熱帯魚水槽用浄水器

では、実際に購入を検討している方におススメの浄水器をご紹介します。

マーフィード社: エキスパート マリンZ

マーフィード 逆浸透膜 エキスパートマリンZ 50

最もポピュラーな浄水器です。

溶存不純物の除去率95パーセントありながら、非常にコンパクトなサイズ、また別売りでRGダッシュという製品をつけることで不純物を限りなく100パーセント除去にすることができるカスタマイズ性も魅力です。

アクアギーク社: クロノスレイン

逆浸透膜 クロノスレイン+専用加圧ポンプ

マニアから非常に人気のある浄水器です。

最大の特徴は1日あたり680リットル以上の豊富な精製水を生み出す能力です。

水槽の設置時や、すぐに大量の水換えがしたいときにとても便利。

金額はやや高価ですが、金額と価値を比較すれば納得できます。

マーフィード社: ダイレクト・ビー

コンパクト浄水器 ダイレクト ビー

小型水槽向きで、水槽へ直接給水ができる商品です。

上記2つの性能と異なり、水道水の残留塩素を取り除くことに特化した商品です。

そのため、最も安価であり設置も容易です。

RO浄水器ではなく簡易尾浄水器のため、はじめて浄水器を購入しようと検討する際に、購入希望リストへ含めて考えてみるをおススメします。

まとめ

いかがでしたか。

RO水の特徴から、実際使用するメリット・デメリット、おススメ機材までご紹介しました。

私としては、サンゴ水槽を管理するならRO水はおススメです。

やはり、コケの栄養塩を減らして管理できることは非常に大きなメリットです。

デメリットである精製時に発生してしまう捨て水は、確かに勿体無く感じてしまうでしょう。

そのため、排水は少しでも利用すると良いでしょう。お風呂用や洗濯用に取っておくなどして上手に利用できると良いですね。

ちなみに、たまにいただく質問なのですが、RO水を飲むことはできるのでしょうかということ。

メーカー説明にも記載がありますが、飲むことは控えましょう。

RO水は不純物がほとんどなく綺麗なので飲んでも安心とおもうかもしれません。

しかし、ミネラルが無いため人間が飲んでも美味しく感じません。

自然の山奥の綺麗な川の水を飲むと美味しいと感じるのは、ミネラルが豊富だからです。

そして、体調を崩す可能性があります。

では、素敵なアクアライフをお過ごしください!!

熱帯魚業界歴もうすぐ20年!
海水やアクアテラリウムなど、さまざまな水槽を担当してるアクアリストです。
よろしくお願いいたします!

シェアする

フォローする