熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

【初心者向き】60cm水槽とは?飼える魚は?水草は?レイアウトは?

アクアリウム初心者の場合、大きな水槽だと手入れが大変だからとコンパクトな25~30センチ水槽を選びがちです。しかし、水槽のサイズが小さくなると水質の変化が早いため、初心者は失敗しやすいというのを知っていますか?

熱帯魚飼育や水草の育成で一番大切なのは「水質の管理」です。

60センチ水槽は、確かに大きくて掃除など面倒だと思える点はありますが、水質が安定しやすいので初心者におすすめのサイズなんですよ。

今回は初心者が一番安定して熱帯魚の飼育や水草の育成を行うことのできる、60センチ水槽についてお話していきます。

目次

60cm水槽とはどんな水槽のことを言うの?

エーハイム グラス水槽 EJ-60 60

まず一般的にいわれている、「60センチ水槽」がどのような水槽なのかについてお話ししていきましょう。

一般的に水槽の呼び方は、水槽の横幅で呼ばれています。そのため「60センチ水槽」は横幅が60センチの水槽のことをいい、高さなどはばらつきがあります。現在主流になっているのは「横幅60センチ×奥行き30センチ×高さ36センチの水槽」です。

水槽の素材はアクリルとガラスがありそれぞれ一長一短がありますが、個人的には強度や傷についての耐久性が強く、透明度の高いラス水槽をおすすめします。

60センチ水槽の選び方やアクリル水槽とガラス水槽の違いなどについてはこちらの記事を参考にしてください。

60センチ水槽のメリット・デメリットとは?

(水草 熱帯魚) コリドラス用水草セット 60cm水槽用 風山石2個付 北海道・沖縄・離島不可 本州・四国限定[生体]

60センチ水槽は水質が安定しやすいため初心者向きといえます。それ以外にもいくつかのメリットがありますが、デメリットも存在します。

60センチ水槽のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

60センチ水槽のメリット

水槽は大きければ大きいほど水の容量が増えます。容量が小さい30センチ水槽などでは、飼育する熱帯魚や生き物の数が多ければ多いほど水質の悪化が早まっていきます。

しかし60センチ水槽の場合、30センチ水槽のような小型の水槽よりも水の量が多いので飼育する熱帯魚や生き物の数がオーバーしない限りは、急激な水質の悪化がしにくく、水質が安定しやすいのです。

また水槽の大きさが大きくなるのに比例して、水槽内で飼うことのできる熱帯魚や生き物の数も増えます

そして水槽のサイズが大きくなるので、水槽内のレイアウトがしやすく、遠近感を出したり、水草を多く入れたりすることでレイアウトの幅が広がっていくというメリットも。

最近は60センチ以下のコンパクトな水槽に人気が集まっていますが、それでも一番流通しているのが60センチ水槽です。外部フィルターや照明、ヒーターやクーラーといった周辺機器も豊富で、他のサイズと比較するとコスパが高いというのも大きなメリットです。

60センチ水槽のデメリット

60センチ水槽のデメリットですがやはり水槽サイズが大きくなるので、30センチ水槽のようなコンパクトなサイズの水槽と比べると、メンテナンスに手間や時間がかかるという点が一番大きいでしょう。

そして水槽サイズが大きくなる分、周辺機器の値段もコンパクトサイズの物よりも価格が高めになります。

また水槽のサイズが大きくなるため、水を入れたときの重量が100キロ近なり、水槽の設置場所はある程度スペースが取れる場所にするなど、設置する場所が限られてしまうというデメリットがあります。

60センチ水槽はいくらいくらい?

60センチ水槽の値段ですが、メーカーやデザインなどによってピンキリです。安いもので水槽だけなら2000円台からありますが、高いものだと25というものもあります。

アクアリウム初心者で、周辺機器もそろっていないようなら、水槽とろ過装置やヒーターがセットになったものを購入するのがおすすめ。

水槽セットなら10,000円~15,000円前後で購入することができますが、底砂などこまごましたものは別売りになることが多いです。

アクアリウム初心者が飼育しやすい熱帯魚や生き物は?

(熱帯魚)単品 ゴールデンハニー・ドワーフグラミー(1匹) 本州・四国限定[生体]

アクアリウム初心者だと、やはり水槽よりも熱帯魚選びに悩む人が多いのではないでしょうか。

アクアリウム初心者の場合、まずは「丈夫な熱帯魚」を選ぶことです。水質悪化や水温の変化に強い熱帯魚を選ぶことをおすすめします。

複数の種類を混泳させたいのなら、熱帯魚同士の相性も考える必要があります。気性の荒い熱帯魚や、縄張り意識の強い熱帯魚、肉食性の強い熱帯魚の場合、他の種類の熱帯魚を攻撃したり、いじめて殺してしまうことがあるので注意が必要です。

初心者向きの熱帯魚についてや、熱帯魚の混泳についてはこちらの記事も参考にしてください。

これからアクアリウム初心者向きの熱帯魚や生き物をいくつかご紹介しますので、熱帯魚選びの参考にしてください。

アクアリウム初心者向き熱帯魚1: アカヒレ

(熱帯魚)アカヒレ Sサイズ(10匹) 本州・四国限定[生体]

夏になるとよくホームセンターなどで「コッピ―」というような名称で瓶入りで販売されていることもあるアカヒレは、水槽立ち上げ時のパイロットフィッシュとしても利用されることがあります。水質悪化に強いだけでなく、水温の変化や酸欠にも強い熱帯魚です。

一般的なアカヒレのほか、品種改良されたゴールデンアカヒレやロングフィンアカヒレ、最近発見されたベトナムアカヒレなどといった種類があります。アクアリウム初心者が飼育するのにおすすめなのは一般的なアカヒレ体が黄色がかっているゴールデンアカヒレです。

性格は温和なほうなので、他の熱帯魚との混泳向きな熱帯魚ですよ。

アクアリウム初心者向き熱帯魚2:ネオンテトラ

(熱帯魚)ネオンテトラ(10匹) 本州・四国限定[生体]

熱帯魚の定番、ネオンテトラもアクアリウム初心者向けの熱帯魚です。体の色がとても美しく、丈夫なのでアクアリウム初心者でも比較的容易に飼育することができます。

60センチ水槽ならある程度まとまった数を入れることができるので、群泳する姿を見ることができますし、性格が温和なので他の種類との混泳も可能です。

アクアリウム初心者向き熱帯魚3:プラティ

(熱帯魚)ミックスプラティ(4匹) 本州・四国限定[生体]

メダカに似た体型のプラティは、卵胎生メダカの一種で、病気や水質悪化に強いうえに、雑食性の強い熱帯魚なので餌は何でも食べます。

カラーや体の色もさまざまで人気がありますが、繁殖力が強い点は注意が必要です。

大人しい性格なので、他の熱帯魚との混泳もしやすいですよ。

アクアリウム初心者向き熱帯魚4: コリドラス

(熱帯魚)コリドラス・トリオ(3匹)(各種1匹) 本州・四国限定[生体]

コリドラスは水槽の底層を生活圏としている熱帯魚で、水槽の底にたまった餌を食べてくれるので、掃除屋として人気のある熱帯魚です。

種類が豊富で、コリドラスだけの水槽を作っている人もいるほど。性格はとても温和で、中~上層を泳ぐ熱帯魚との混泳に向いています。

アクアリウム初心者向き熱帯魚5: クーリーローチ

(熱帯魚)クーリーローチ(6匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

クーリーローチはドジョウの仲間です。コリドラスのように水槽の底にたまった餌や、水草の痛んだ部分などを食べてくれます

砂にもぐる性質があるので、あまり泳いでいる姿を見ることはないかもしれませんが、ドジョウのように短い髭にくりくりとした目がとても愛嬌があって人気なんです。

性格も大人しいので、他の熱帯魚との混泳に向いています。

アクアリウム初心者向き生き物1: エビ類

(エビ)チェリーレッドシュリンプ(18匹) 本州・四国限定[生体]

アクアリウムでは水槽内のコケや、熱帯魚の食べ残しの処理班として有名なエビ類も比較的飼育しやすい生き物です。

熱帯魚と同じ水槽で飼育する場合には、水槽に入れる熱帯魚の食性や性格などがエビ類と相性が良いかということに気を付けましょう。

アクアリウム初心者向き熱帯魚2: 貝類

(エビ・貝)カラー石巻貝(4匹) 本州・四国限定[生体]

貝類も比較的育てやすい生き物です。アクアリウムでは水槽内のコケを食べることで有名で、コケ対策に水槽に入れる人が多いです。

しかし餌となるコケがないと餓死してしまったり、水槽の側面や機材を伝って外に出てしまう、飼育環境が良いと増えやすいという注意点があります。

初心者が育成しやすい水草にはどんなものがある?

アクアリウムには水草を入れる人がほとんどですが、水草にも熱帯魚のように種類によって育る環境が変わってきます。アクアリウム初心者なら、CO2(二酸化炭素)の添付をしないもの、日陰で育つような光量をあまり必要としないものから育てていったほうが失敗しにくいです。

アクアリウム初心者向けの水草には、キンギョモ、アヌビアス・ナナ、ウィローモス、アマゾンソードクリプトコリネ、グリーンロタラなどがおすすめです。これから水槽のレイアウトをするときにおすすめな水草を3つご紹介していくので、水草選びの参考にしてください。

水草についてはこちらの記事も参考にしてくださいね。

アクアリウム初心者におすすめの水草1:ウィローモス(陰性植物)

(水草)育成済 ウィローモスマット(無農薬)(1個) 本州・四国限定[生体]

ウィローモスは水草ではなく水コケの一種です。活着性が強いので、水槽のレイアウトでは流木や岩、網などに巻き付けて使用します。熱帯魚の産卵床に使われることもあります。

日陰でも育つ陰性植物なので、弱い光でも育ちますし、CO2の添加も必要ありません。

アクアリウム初心者におすすめの水草1:エキノドルス・テネルス(前景草)

(水草)エキノドルス テネルス(無農薬)(10株) 本州・四国限定[生体]

前景の水草は他の種類と比べると若干飼育が難しいものが多いです。

エキノドルス・テネルスはエキノドルスの中では小型の種類で、ランナーによって増えていき、前景草の中では育てるのが比較的簡単です。

底床肥料が必要になるので、水槽レイアウト時に入れるのをお忘れなく!

水槽内にある程度の数の熱帯魚やエビなどがいればCO2添加がなくても育つことが多いですが、不安ならCO2を添加したほうが良いでしょう。ほかの水草や周辺機器の影になるような場所でなければ、60センチ水槽なら2灯で十分育ちます。

アクアリウム初心者におすすめの水草2:アマゾンチドメグサ(中景草)

(水草)マルチリング・ブラック(黒) アマゾンチドメグサ(水中葉)(無農薬)(1個) 本州・四国限定[生体]

アマゾンドメチグサは3~4センチほどの丸い形状の葉がとても見ごたえのある中景向きの水草です。

成長が早いのでトリミングはマメに行う必要があります。また株分けも、カットしたものを水槽に沈めておくだけで成長していきます。

CO2の添加がなくても育てることができ、60センチ水槽なら2灯でも育てることが可能ですよ。

アクアリウム初心者におすすめの水草3:ハイグロフィラ・ポリスペルマ(後景草)

(水草)マルチリング・ブラック(黒) ハイグロフィラ ポリスペルマ(水上葉)(無農薬)(1個) 本州・四国限定[生体]

ライトグリーンなのでレイアウトの後景に使用することで、水槽全体が明るく見えます。またボリュームがあるので後景にふさわしい水草でしょう。

CO2の添加がなくても育ち、60センチ水槽であれば2灯で十分と、アクアリウム初心者でも育てやすい品種です。

初心者にオススメの水槽レイアウトは?

はじめての観賞魚飼育水草レイアウト編

アクアリウム初心者が水槽のレイアウトを考えるときには、まず飼育する熱帯魚や育てる水草の組み合わせだけでなく、手入れのしやすさも考えましょう。

最初から細々としたレイアウトを行うと、きちんと手入れをすることができずに失敗してしまうことがあります。

また水草の日当たり具合も考慮する必要があるので、水草の大きさなども考えて高低差や奥行きを出す必要があります。

4つのレイアウト構図!? 水槽立ち上げ構想 【砂と石と流木レイアウト】

一般的に水槽のレイアウトには「凸構図」、「凹構図」、「横一列構図」、「斜め構図(三角構図とも)」の4つの種類にわけることができます。この中で初心者がレイアウトしやすく手入れもしやすい構図は「斜め構図(三角構図)」で、これは水槽の端から緩やかな勾配をつけ、片側を高くする構図です。

水槽のレイアウトに関しては、YouTubeで初心者向けの動画がUPされているのでそちらを参考にしてみるのもよいでしょう。またこちらの記事も参考になりますよ。

60センチ水槽を置く場所に決まりはある?

寿工芸 プロスタイル 600S ブラック

水槽の置き場所ですが、これは60センチ水槽に限らずほとんどの水槽に共通していえることです。基本的に水槽は手入れをしますし、熱帯魚の体調管理をする場所でもあり、観賞用として置くことがほとんどなので、見えやすい場所に設置する必要があります。

また水換えのことを考えると台所やお風呂場など、水場が近い場所か水道が近い場所を選ぶことをおすすめします。

またろ過装置やヒーターなど周辺機材を使用するため、電気を使うのでコンセントの近くに水槽を置いたほうが良いでしょう。

次に問題になるのが水槽の重さです。60センチ水槽は水を入れるとかなりな重さになるため、水槽の重さに耐えることのできる場所に設置する必要があります。メタルラックなどの家具では、長期間水槽を置いておくと歪んでくることがあるので、できることなら専用の水槽台を購入することをおすすめします。

水槽の置き場所や水槽台についてはこちらの記事を参考にしてください。

60センチ水槽を使用するときの注意点は?

60センチ水槽を使用する際の注意点ですが、水槽に底砂や水を入れると重さが100キロ近くになるので、一度設置したらそう簡単には場所を動かすことができない点でしょう。

設置場所もそれなりにスペースを取るので、最初の設置場所選びで間違えると、水換えや水槽の掃除のときにとても手間がかかってしまうことがあります。

また日光が当たる場所だと、コケが発生しやすくなるというデメリットがあるので、室内でも日光が長時間当たる場所は避けたほうが良いといえます。

【初心者向き】60cm水槽とは?飼える魚は?水草は?レイアウトは?まとめ

今回はアクアリウム初心者向けに60センチ水槽について、また飼育できる魚や生き物、水草や水槽のレイアウトについてお話しました。

60センチ水槽は初期費用がかかりますが、長期間使用することや水質を維持することを考えると初心者におすすめなサイズです。設置場所を取りますが水質管理がしやすいので、置き場所があるなら60センチ水槽でアクアリウムを始めることをおすすめします。

また水槽や水槽台は東京アクアガーデンのようにオーダーメイドで作ってくれる業者があります。オリジナル性の高い水槽や水槽台が欲しい場合は、見積や相談は無料で行っている所が多いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

東京アクアガーデンのオーダーメイドについては、こちらのページからどうぞ!