熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

肥料をあげて水草の色をきれいに育てよう!おすすめ液肥・固形肥ベスト3

水草は特別に肥料がなくても水槽内にある程度の数の生き物がいれば、餌の食べ残しやフンから栄養を吸収し、生き物の吐き出す二酸化炭素を使い光合成をおこなって成長していきます。

しかし、元気に発色の良い状態を保つには適切な肥料を与えて上げるほうが、水草にも良い効果がでるため、発色が綺麗になるのです。

今回は水草を元気に、より綺麗な色にするためにおすすめの液肥や固形肥料をご紹介していきます。

水草の色をきれいにするためにおすすめの液肥・固形肥料ベスト3

水草に必要な栄養分はいくつかありますが、今回は総合的な栄養素配分で、水草の発色をよくするためにおすすめの液肥・固形肥料をそれぞれランキング形式で3つずつご紹介していきます。

水草のコンディションを整えるすすめの液肥はこれ!

まず最初に液肥のおすすめ商品を3つご紹介しましょう。基本的に液肥は水槽立ち上げ時よりは、追肥として使用する人が多いです。

おすすめの液肥1位:ジクラ ウォーター ベニッシモ 水草用

ジクラ (Zicra) ジクラウォーター ベニッシモ 熱帯魚・水草用 500ml

ジクラウォーター ベニッシモは他の水草用肥料と比較すると、コケが発生しにくいという特徴があります。

水草の育成のほかに水槽の底床の中にいるバクテリアの動きを活発にするという効果も期待でき、水道水のカルキを中和してくれる効果もあるので、初心者におすすめしたい肥料です。

しかし効果が約1週間ほどと短いので、週に1度の添加が必要になります。

おすすめの液肥2位:Plants Green プランツグリーン

Plants Green プランツグリーン 1000ml(つめかえ用)

Plants Green プランツグリーンはスプレータイプものとボトルタイプのものがあります。ボトルタイプのものは詰め替え用ですが、使用量を測りやすいようにシリンジがセットになっているタイプもあります。

スプレータイプはプッシュ回数で使用量を加減できるため使いやすいです。

ほとんどの水草に使うことができますが、ミクロソリウムやアヌビアスナナ、ボルビティスやクリプト類といった水草は吸収しないことがあるので注意が必要です。

おすすめの液肥3位:テトラフローラプライド

テトラ (Tetra) フローラプライド 100ml

テトラのフローラプライドはテトラの固形肥料イニシャルスティックの液肥バージョンとなります。
カリウムと微量元素という構成になっており、基本的に追肥の必要のない窒素とリンは成分に含まれていません。

水槽セッティング時にも使える固形肥料はこれがおすすめ!

ここからはおすすめの固形肥料を3つご紹介しましょう。水槽立ち上げ時はもちろん、追肥としても使うことができるものばかりです。

おすすめの固形肥料1位:テトラ イニシャルスティック

テトラ (Tetra) イニシャルスティック

テトラのイニシャルスティックは、アクアリウム初心者からプロまで幅広い人が使っている、水草肥料の定番中の定番です。

水草に肥料を与えるだけでなく、底砂の環境を水草が育成するのに適した環境に改善する効果があるといわれています。

固形肥料なので底砂に埋めて使用しますが、追肥としても有能な肥料です。

おすすめの固形肥料2位:カミハタ 水草専用肥料 OKOSHI

カミハタ 水草専用肥料 OKOSHI 100g

カミハタの固形肥料「OKOSHI」その名の通り雷おこしのような独特の形状をしています。
成分がゆっくりと水中に溶け出して通常なら約4~5ヵ月ほどその効果が続くと言われています。

さまざまな栄養素を配合していますが、その中でもカリウムが少し多めです。
水槽内の広い範囲に使いたいという時は、水に30分ほど水につけておくとバラバラになるので、バラバラなった状態で水槽内にまきましょう。

おすすめの液肥3位:FivePlan 水草一番 栄養ブロック 9粒

ジェックス 水草一番 栄養ブロック 9粒

FivePlanの水草一番 栄養ブロックは9粒で1パッケージと入っている数が少ないです。そのため、水槽セッティングや水槽のレイアウト変更時などに、ごく一部に使いたいという時におすすめの固形肥料です。もちろん、追肥として使うこともできます。

液肥と固形肥料の違いとは?

液肥と固形肥料はどちらも水草肥料ですが、栄養を与える範囲や効果期間が異なります。それぞれどのようなものなのかをこれから説明していきます。

液肥とは液状の肥料のこと

メネデール 水草の活力素 500ml

液体肥料は文字通り、液状の肥料です。そのまま水槽の水に加えるだけなので手間がかからず、水槽内の全ての水草に栄養を与えることができます。

水草は地上にある植物と少し異なり、根のほかに葉っぱからも栄養を吸収することができるんです。

地中から取り込む栄養だけでは足りないときや、水中から養分を吸収するのがメインな水草に対しておすすめといえます。

固形肥料は底砂に埋めて使う肥料

カミハタ スイレン・水生植物用スティック肥料 35g

固形肥料も、文字通り固形の肥料です。こちらは水に入れてもすぐにすべて溶けることがなく、ゆっくりと水中に溶け出します。

基本的にソイルや砂利といった底砂に入れて使用するので、水槽最初のセッティングのときや、水槽のレイアウト変更の時にに利用することが多いです。

特に底砂や吸着系のソイルや砂利だけにする場合、砂利には一切の栄養が入っていないので、水草を入れる場合には砂利の下に固形肥料を埋めて水草を植えることで、水草の栄養不足を解消します。

ジェックス 水草一番サンド2kg

栄養分を含んでいるソイルでも、長期的に考えると水中に栄養がにじみ出していくため、いつかは栄養がなくなってしまいます。そのため、固形肥料で追肥をすることでゆっくりと水中に栄養を与え、水草の栄養不足を解消することができるのです。

液肥と違って固形肥料は特定の水草の所にだけ埋めるようにすると、水槽内の特定部分にだけ栄養を与えることができます。

水中にも溶けだしますが、砂利やソイルの下に埋めて使うのが基本で、底砂をかけずむき出しになっている状態だと水中にたくさんの栄養があふれ出してしまいます。

その結果、水槽内の水は栄養飽和状態になってしまって、コケが発生する原因になってしまいます。

追肥はどのタイミングで行う?

(Aqua+) 炭酸カリウム (無水) 50g pH調整 水草 肥料 成長促進 コケ 苔の抑制

水槽内に水草を入れていると、追肥を行ったほうが良いのか悩む人が多いです。

水草の種類や成長スピードによって必要となる栄養の量が異なるため、最初に肥料を与えてから〇ヵ月、何本水草があればどれくらいのペースで追肥するといったことは一概に言うことができません。

水草以外に生き物のいる水槽なら、生き物のフンや餌の食べ残しなどからも栄養を吸収できるので、追肥をせずとも成長する水草もあります。

栄養系のソイルを使用しているのなら、使用期間が目安になることもあります。基本的に自分で水草の様子を見て追肥を行うことになります。

追肥の選び方

ソネケミファ 上手に水草を育てる栄養剤 250ml

追肥を液状のものにするか、固形肥料にするかで悩む人がいますが、追肥する肥料のタイプは水草の種類で選ぶとよいです。

底床に根を張るタイプや、ごく一部の水草にだけ追肥したい場合には固形肥料がおすすめです。

水槽内全ての水草に栄養を与えたいのなら、液肥を選ぶことをお勧めします。

浮草系の水草やコケ・モス類は固形肥料よりも液肥が有効です。

追肥は栄養の種類を選んだほうがいい?

植物が育成するには複数の栄養素が必要となってきます。

しかし、窒素やリンは生き物がいれば自然と発生するものなので、追肥する必要がありません。

しかしカリウムは自然に発生することのない栄養素なので、追肥してあげる必要があります。

カリウムは水換えをすることで水槽内からなくなって不足することが多い栄養素です。

アイアンエイド(水草用)100mL 鉄分 有機酸

また赤系の水草の場合、鉄分が必要となってきます。水道水には「三価鉄」が含まれているのですが、水草の赤い色に必要なのは「二価鉄」で、自然に作られる成分ではないため、不足しがちになります。水草の色があせたりしてきた場合には追肥してあげる必要があります。

不足している栄養素だけを追肥するのでも構わないのですが、よくわからない場合には全ての栄養分がバランスよく配合された肥料を追肥してあげるとよいでしょう。

肥料をあげて水草の色をきれいに育てよう!おすすめ液肥・固形肥ベスト3

今回は、水草を元気に美しく育てるためすすめな液肥・固形肥料をランキング形式で3つご紹介しました。

水槽セッティングのときに固形肥料や栄養系のソイルを使用しても、時間が経てば栄養が不足してしまいます。追肥は水草の様子をみて適度に与えるようにしましょう。肥料の与えすぎはコケの発生原因になるため要注意です。

追肥をするときに液肥化固形肥料化で迷ったなら、水草のタイプや全体に与えるのか、一部のいに与えるのかで液肥と固形肥料を使い分けてください。

しかし、水草が弱ってしまう原因は肥料不足以外にも、CO2不足や光量不足といったものがあるので、育成環境もチェックしながら、丈夫できれいな水草の育成にチャレンジしてくださいね。