トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

【大型水槽】120cm水槽とは?飼える魚は?水草は?レイアウトは?

熱帯魚を飼育していると、魚が成長して水槽が手狭になってきたり、もっとたくさんの種類の熱帯魚を飼いたくなったりしますよね。
そのようなときに、水槽のサイズアップを検討される方も多いのではないでしょうか。
120cm水槽は水槽の中でも大型の部類に入りますから、管理が大変そうだったり置く場所に悩んだりしてなかなか手を出しづらい水槽かもしれません。
確かに、管理は大変にはなりますが、しかし、120cm水槽までサイズアップすると飼える魚の種類も増えますし、アクアリウムの世界がさらに広がること間違いなしです。
今回は、大型魚も飼える120cm水槽についてお話していきます。

120cm水槽とは?

ジェックス マリーナガラス水槽120cmスリム MR-19N 黒枠ガラス水槽

120cm水槽とは横幅が120cmの水槽のことです。
規格サイズは120cm×45cm×45cmですが、高さや奥行きは関係なく横幅120cmの水槽すべてを120cm水槽と呼ぶため、120cm水槽といっても、実は大きさにはばらつきがあります。
そしてこの高さや奥行きが120cm水槽の重要な部分でもあります。
もしアロワナなどの大型魚を飼いたいと思い、120cm水槽を検討しているのであれば、規格サイズの120cm×45cm×45cmの水槽では奥行きが足りず、飼育できない場合があるのです。
大型魚の飼育が目的で120cm水槽を検討しているのであれば、奥行き60cm以上の水槽を選ぶようにしましょう。

120cm水槽で飼える魚は?

では実際に120cm水槽で飼える生き物をみていきましょう。
ここでは、奥行き45cmのものと60cmのものに分けてご紹介していきます。

120cm水槽(奥行き45cm)で飼えるおすすめの魚

カラープロキロダス

カラープロキロダスは、アマゾンに生息するカラシン系の魚で、体長は20cmから30cm程度まで成長します。
成長すると尾の縞模様が鮮やかになり、かなり見応えがある淡水魚です。
丈夫で比較的飼育がしやすいのも、おすすめするポイントでしょう。
鋭いやすりのような歯が特徴で、その歯を使って水槽内に生えたコケを削り取るようにして食べたり、底砂に沈んだ餌の食べ残しを食べてくれたりするので、水槽内のお掃除役としても高い人気があります。
とはいえ、カラープロキロダスはかなり食欲旺盛なので、お掃除役として飼育する場合でも、しっかりと餌はあげるようにしてください。
性格は気が強く、自分より大きい魚でも、大人しい種類だと攻撃してしまうことがあります。
カラープロキロダスとの混泳を考えているときは、相手の種類を選ぶようにしましょう。

また、カラープロキロダスは、古代魚が好きな方の間では中国の四神獣、鳳凰に例えられることがあり、縁起のよい魚と言われています。
同じく古代魚のアジアアロワナは青龍とされており、この2種の混泳は幸運・繁栄の象徴として、大変人気が高いです。

オスカー

(熱帯魚)レッドオスカー(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

南米原産の淡水魚であるオスカーは、学名「アストロノータス」とも呼ばれるシクリッドの仲間です。
体長は40cm程まで成長します。
暗い色の身体に鮮やかなオレンジ色の縞模様と、尾ひれの付け根にある目玉のような模様が特徴です。
観賞魚として昔から愛されており、今では品種改良によってアルビノやロングフィンなどいろいろな種類のオスカーが流通するようになりました。
柄は一匹一匹に個性があるので、自分のお気に入りの個体を見つけるのも楽しいですよ。
飼育方法も特別なことは不要で、水温25度前後、水質は弱酸性から中性を保てれば容易に飼育することができます。
ただし、オスカーは水を汚しやすい魚のため、水換えの頻度は高くなりがちです。
そういう意味では少し手間がかかる魚ともいえるでしょう。

人に懐くのもオスカーの特徴です。目と頭が非常に良く、慣れてくると飼い主を見分けて反応を示すようになります。
自分にだけ特別な反応を返してくれると、とても嬉しくなりますよ。
可愛らしい姿をぜひ自分の目で確かめてみてください。

フラワーホーン

(熱帯魚)フラワーホーン(花羅漢)(約4-5cm)(1匹)[生体]

フラワーホーンは、フラミンゴシクリッドとトリマクラートゥスを交配して生まれた新しい種類の熱帯魚です。
人工的に交配して作られた品種なので自然界には存在していません。
フラミンゴシクリッドにもある、オデコのコブが特徴で、身体には斑点模様がみられます。
鮮やかな赤色が美しく、一部では「幸運を呼ぶ魚」と呼ばれることもあるぐらい人気の高い熱帯魚です。
なんでもよく食べ、丈夫で飼育しやすいのもおすすめする理由です。
餌の内容やあげかたを工夫することで、身体の発色がよくなり、より美しいフラワーホーンに育てることができます。

色揚げについてはこちらの記事を参考にしてください。

飼育する上での注意点として、フラワーホーンはとても気性が荒いので単独での飼育が望ましいとされています。
特に同族だと、激しい縄張り争いにより、魚がボロボロになってしまう可能性がありますので、混泳は避けたほうがよいでしょう。

120cm水槽(奥行き60cm)で飼えるおすすめの魚

アジアアロワナ

アジアアロワナは、インドネシアやマレーシアなど東南アジアに広く分布する淡水魚です。体長は大体50cmから70cmぐらいまで成長します。
アジアアロワナにも分布先によって色や見た目に違いがあり、大きく分けると赤系、金系、グリーン、バンジャールの4種類が存在します。
大きなうろこが特徴で、優雅に泳ぐその姿は見るものを引き付ける魅力があります。
1匹で飼育してもかなり迫力があり、壮大で美しい見た目から熱帯魚の王様と称されることもあるほどです。

アジアアロワナを飼育する上で、大切なのが水槽の大きさです。
身体が硬く大きいことから、自由に泳ぐためには最低でも横幅120cm以上奥行き60cm以上の水槽が必要となります。
ただし、幼魚のころから大きな水槽に入れてしまうと餌を見つけられず餓死してしまうことがあるので、成長に合わせて水槽をサイズアップしていくことが大切です。

アロワナについては、下記の記事も参考にしてください。


淡水エイ

エイと聞くと水族館にいる平べったい海水魚を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は淡水のエイも存在します。
主にアマゾン川に生息するエイで、体長は種類によって異なり、30cm程度のものから、100cmぐらいに大きくなるものまで様々です。
淡水エイは水質や環境の変化にかなり弱く場合によっては突然死してしまうこともあるので、決して飼育がしやすい魚とは言えません。どちらかといえば玄人向きの生き物といえます。
ただ、水質さえ正しく維持できれば、性格は大人しく育てやすい魚です。
ほかの熱帯魚と混泳することもできますので、水槽のアクセントに取り入れてみるのはいかがでしょうか。

淡水エイについては以下の記事でも詳しくご紹介しています。

120cm水槽に入れるおすすめの水草

120cm水槽では、小さな水槽では育てられないような背の高くなる水草も植えることができるので、おすすめです。
古代魚など大きな魚は水草を入れないレイアウトも多いですが、一つ水草を入れることでよいアクセントにもなります。

水草については以下も参考にしてください。

アヌビアス バルテリー バタフライ

(水草) アヌビアス バルテリー バタフライ (約18cm~25cm)(1株) 本州・四国限定[生体]

アヌビアス バルテリー バタフライはサトイモ科の植物で、卵型の大きな葉が特徴の水草です。
丈夫で、照明が弱く肥料が少ない環境でも大きく育ちます。CO2添加も不要です。
また成長すると花をつけることもあります。
ただし、成長が遅くコケが付きやすいので、コケを食べてくれる生き物と一緒に水槽に入れるとよいでしょう。葉が硬くしっかりしているので、コケと一緒に葉が食べられてしまう心配はあまりありません。
水槽に入れるときは、底砂に植えると根が腐って枯れてしまうことがあるので、植えるよりは流木や石に活着させるほうがスムーズに成長するでしょう。

アナカリス

(水草)メダカ・金魚藻 国産 無農薬アナカリス(10本) 本州・四国限定[生体]

水槽に入っている水草といえばアナカリスを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
アナカリスは、南米アルゼンチンが原産の水草で、日本ではオオカナダモとも呼ばれています。
アクアリウム業界ではとてもメジャーな水草で、熱帯魚ショップではマツモ、カボンバとともに金魚藻として安価で取引されています。
丈夫で、どんな環境にも大抵適応するので、初心者でも育てやすく水槽にもレイアウトしやすい水草です。

スクリューバリスネリア

イイ水草市場 スクリュー・バリスネリア(5本) ◆ねじれが美しく丈夫◆ メダカにも最適

スクリューという名の通り、縦に伸びる葉がテープのようにねじれているのが特徴の水草です。
ねじれている葉の部分に気泡が付く姿がとても美しく、水槽のよいアクセントになります。
とても丈夫で、多くの環境に適応できるため、初心者にもおすすめの水草です。
CO2添加しなくても育てることはできますが、ねじれを強くしたり色鮮やかにしたいときにはCO2を添加するとより綺麗に成長するでしょう。

120cm水槽のレイアウト例

120cm水槽では、個性的な熱帯魚を主役にした大胆なレイアウトから、水草をたくさん植えた繊細なものまで、幅広いレイアウトが可能です。
ここでは120cm水槽を使用したレイアウトの実例をご紹介します。

120cm水槽を使ったネイチャーアクアリウムについては以下の記事でご紹介しています。

小型の熱帯魚をたくさん入れた癒しの水槽


病院に設置されている実際の水槽です。
ネオンテトラをはじめとした様々な種類の熱帯魚が泳ぐ姿は、まるで水族館のようで、見るものを楽しませます。
また、水槽内に入れたエアーカーテンが癒しを与えてくれますね。

サンゴが美しい海水魚の水槽


個人のお宅に実際に設置されている水槽です。
海の中をそのまま切り取ったようなサンゴと、色とりどりの魚が美しいですね。

スッポンモドキ(カメ)を主役にしたレイアウト


スッポンカメモドキを主役にした大胆な水槽です。
スッポンカメモドキ自体にかなりインパクトがあるため、あえて水槽内には何も入れず、スッポンカメモドキを思う存分楽しめる水槽となっています。

120cm水槽を使用する上での注意点

120cm水槽を設置するとき、注意しなければならなのが、水槽の重量です。
水槽本体だけではなく、水や水槽周りの機器などすべて合わせると、その重さは300kg近くになることもあります。
一般的な住宅の床の耐荷重は最低180kgと決められていますが、120cm水槽を置こうとすると大抵の場合重量オーバーとなってしまい、床が耐えられません。
水槽の下に鉄板を敷いて荷重を分散させるなど、工夫をすれば水槽を設置することが可能ですので、水槽を設置する前に必ず検討するようにしましょう。

熱帯魚水槽の重さについては以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ・120cm水槽とは?飼える魚や水草、レイアウトについて

120cm水槽で飼育できる熱帯魚や水草についてご紹介しました。
120cm水槽は確かに水替えや清掃などの管理は大変ですが、大型の生き物が飼えたりレイアウトの幅が広がったりと利点も多い水槽です。
サイズアップを検討されていたり、アロワナなど飼ってみたい生き物がいるのならば、ぜひ120cm水槽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。