トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

水草には水上葉と水中葉がある!?それぞれの違いや特徴、扱い方について

水槽の中を美しく彩ってくれる水草には、様々なものがありますね。水草の中には「水の外で育つ姿(水上葉)」と「水の中で育つ姿(水中葉)」が全く異なるものがあるって、ご存知でしたか?

こちらのページではそんな水上葉と水中葉の見た目・性質の違い、特徴や扱い方についてお話していきます。

どちらにもメリット・デメリットがありますし、ご自分の希望に合ったものをお選びいただくヒントにしていただきたいです。

水上葉と水中葉って?

自然界を生き抜くために姿を変えたもの

私たちの目を楽しませてくれる水草は、そもそも自然界に生えているものを採って来て増やしたりしているものな訳ですが、そういった水草たちは自然界ではどんな生活をしているのでしょう。

水草は植物ですから光合成をしないと生きていけません。ですから日光が不可欠ですね。よって水草は水面近くに生えています。自然界では雨が降ったり降らなかったりで、水辺の水位は上がったり下がったりするので、水草はそれに対応できるようになっています。

水が少なければ、水面から葉を上に出すこともありますし、水が多ければ水面より下で生活をしています。これが水上葉と水中葉の違いですね。

水上葉と水中葉の違いは何?

最も大きな違いは、何と言っても見た目です。水上葉は風圧や重力、紫外線に耐えるため、濃い緑色でガッシリとした草姿になりますが、水中葉は浮力を受け、強い紫外線もないので、鮮やかな黄緑色や赤、繊細な細い草姿をしていることが多いです。

(水草) ロタラ インディカ(水上葉)(無農薬)(10本) 本州・四国限定[生体]

(水草) ニードルリーフ ルドウィジア(水上葉)(無農薬)(10本) 本州・四国限定[生体]

(水草) プロセルピナカ パルストリス キューバ(水上葉)(無農薬)(6本) 本州・四国限定[生体]

他にも、水上葉の場合は葉を水面から上に出すように管理する必要がありますし、水中葉の場合は、水草全体が水面より下になるように植えつけるという違いがあります。

水上葉と水中葉のコラボも美しい!

「どうしよう、じゃあ水中葉を選んで買おうかしら」と迷われる方もいらっしゃるでしょうが、どちらかと限定しなければいけないものではありません。実は水上葉と水中葉を、一緒に楽しむことも出来ます

水上葉と水中葉の美しいコラボレーションですね!水中葉だけだと「水槽内」で物語が完結する雰囲気ですが、水上葉を加えることで、世界観が広がりますね。こんな楽しみ方も水上葉&水中葉のコラボならではです。

販売されているものには水上葉が多め

今や日本全国どこにいても、通信販売で様々なものが手に入る時代ですが、通販サイトでは水中葉よりも水上葉のほうが、取り扱いが多いです。なぜわざわざ水上葉で販売しているのでしょうか?次の項目で「販売形態を水上葉にするメリット」について、ご説明します。

水上葉で販売するメリットは3つ

配送中に傷むことを避けるため

水中葉は、そもそも水中で生育してきたものです。通信販売で水中葉を購入したことがある方はご存知だと思いますが、水草を湿った紙などで包み、さらにビニールなどで包まれて運ばれてきます。家に届いたときには水草が弱っていることも考えられます。

しかし水上葉は空気中で生育したものなので、普通の植物の苗のようなものですから、空気中を運搬されてきても水草のダメージが少なく済むのです。

手持ちの水槽の環境に適した水中葉が得られる

水槽によって、温度や水質などは微妙に異なります。水上葉で入手し、水中でそれを育てることで、あなたの水槽の環境にぴったりの水中葉が生えてきます。そのほうが水草は長持ちして、美しい姿を楽しませてくれます。

スネールを持ち込みことを防ぐため

水中葉として育成されたものには、スネール(水槽に生育する巻貝の総称)の卵などが、気がつかないうちに付着している場合があります。スネールは放っておくと、爆発的に増えます。一度そうなってしまうと駆除はとても大変ですので、水槽に持ち込まないのが一番です。水上葉であれば、スネールが付着している危険性はかなり低いでしょう。

スネールの恐ろしさはアクアをやる人なら誰しもご存知と思いますが、下のページで詳しく解説されていますのでご一読をオススメします。

水上葉・水中葉の賢い使い分け

自分で増やしたい場合:水上葉

高価な水草や、お気に入りの水草を手に入れた時に「この水草を自分でもっと増やせたらいいのに」と感じたことありませんか?そういった場合は、水上葉で育てるほうが、ずっと簡単で早いです。水上葉の特徴の一つは「丈夫であること」が挙げられます。季節は選びますが、春から秋にかけては、水上葉がグングン成長する時期ですし、必要になる道具なども手軽なものばかりです。観葉植物などを育てるのと同じ要領です。

  1. 水の溜まる容器に、土と水を入れる:水は土から3センチくらいまで、ひたひたに
  2. 水草を植える:水上葉であれば葉を出して、水中葉であれば水に沈めて
  3. 弱い光の当たる場所で育てる:水切れに注意しましょう 土から3センチをキープ
  4. 肥料があればグングン育ちます:一般の植物用の液肥で十分です

下のページでさらに詳しく、水草別に解説されていますので、ぜひ参考になさってください!

維持したい場合:水上葉

大切に育てた水中葉が育ちすぎてトリミングしたけど、捨てるなんて出来ない!もったいない!ってこともよくありますよね。そういった時に、もう一つ水槽を準備するのは難しいなら、上で紹介したような形で水上葉にして維持すると、管理も楽です。ただし気温が下がる秋~冬は、気温を維持する設備が必要になりますので注意してください。

また、水槽内にコケが大量発生して、大切に育ててきた水中葉にもコケがびっしり……もうリセットするしかない、というようなトラブル時にも、水上葉で維持されていれば、新たに購入しなくても水中葉として使うことができます

すぐに水草を楽しみたい:水中葉

水上葉は丈夫で、あなたの水槽にマッチした水中葉が出てくるとご紹介しましたが、当然すぐに水中葉がでてくるわけではありません。水中葉が出てくるまでに時間がかかります。それを待っていられない、今すぐ水槽内を美しく彩りたいという方の場合は、水中葉で入手して植えたほうが、手っ取り早く水中葉を楽しむことが出来ます。

水上葉を水中葉にするときに注意したいこと

水上葉が枯れたらすぐに取り除こう

水上葉として育てられたものを手に入れた場合、それを水中に植えることになります。これまで水上葉として育ってきたので、そういった葉は枯れることがあります。そのままにしておくと水を汚す元になりますので、気づいたらすぐにカットするなどして取り除きましょう

「どうせ枯れて水が汚れたり、取り除かなければならないのなら、最初から取ってしまえばいい」と考える人もいます。それは間違いではありませんが、多くの葉をカットしてしまうと、水草の生命力がダウンするため、水中葉が出てくるのが遅れる場合もありますので、よく考えてお好みの方法を選びましょう。

草姿の違いに注意

最初にご紹介したように、水上葉と水中葉では草姿が全く異なる場合がありますので、水中葉になってから「こんなはずじゃなかった!」とならないように気をつけてくださいね。

ご自分のスタイルに合った方法で美しい水草ライフを

水上葉と水中葉の違い、それぞれの利点や使うときのケースについてご紹介させていただきました。どういった水草が欲しいのか、どんな水槽にしたいのか、予算は、など、様々な要素が絡んでくることですので、ご自分に合った方法で、美しい水草を楽しんでいただけたらと思います。