トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

【中型水槽】90cm水槽とは?飼える魚は?水草は?レイアウトは?

水槽の大きさはさまざまですが、90cm水槽だと一体どんな生き物の飼育や、あう水草はどんなものがあるのかといったことで悩む人が多いようです。

また水槽のサイズが大きくなるにしたがって、水槽内のレイアウトにも悩む人が多く、特にアクアリウム初心者だと、大きいだけにあれもこれもと入れてしまって過密水槽になってしことが多いです。

そこで今回は、90cm水槽についてや、90cm水槽で飼育するのに向いている生き物や水草、レイアウトなどについて解説していきますので、水槽作りの参考にしてください。

90cm水槽はどんな水槽?

寿工芸 KC-900L

水槽のサイズは色々なものがありますが、基本的に90cm水槽と90cm×高さ45cm×奥行き45cmのサイズになります。

しかし横サイズが90センチ以上であれば奥行や高さが異なっていても90cm水槽扱いになっています。

ジェックス 扉付きキャビネット910W-X クロ木目 水槽台 棚板2枚付き

90cm水槽は180リットルの水を入れることができ、底砂やろ過機材などをセットするると約200kgもの重さになるため、専用の水槽台が必要です。

水槽台についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

90cm水槽くらいの大きさになってくると、飼育できる生物の種類が広がっていき、水槽内に入れる生き物の数も増えることから迫力のある水槽作りをすることができるのです。

水槽内の水の量が多いため、水質や水温が急激に変化しにくいというメリットがあるのでアクアリウム初心者におすすめなサイズと言えます。

90cm水槽を選ぶポイントは?

水槽の素材にはアクリルと、ガラスがあります。ガラス水槽だと透明度が高く傷がつきにくいというメリットがありますが、水槽自体が重く割れやすいという特徴があります。

アクリル水槽の場合は強度はありますが、長期間使用しているとアクリル板が曇ってくる、傷がつきやすいという特徴があります。

水槽の素材についての違いはこちらの記事を参考にしてください。

水槽の形状は自分の好みで選んで問題ないですが、設置場所などを考慮したうえで選びましょう。

水槽にはフレームレスとフレームのあるタイプがあり、フレームがついているほうが強度があります

巷ではデザイン性があるフレームのある水槽の販売も行っているので、購入するときはいくつかのショップで値段を比べてみることをおすすめします。

水槽を購入する場合、単品で購入すると後から機材などを別購入する必要がありますが、ろ過機材などがセットになっているものもあるので、安く済ませたいのなら一式セットになっているものを購入することをおすすめします。

90cm水槽に向いている生き物

90cm水槽はサイズが大きくなる分、飼育できる生物や育てられる水草の種類が多くなります。

金魚やメダカ小型・中型の熱帯魚や川魚系、海水魚はもちろんのこと、大型魚も一部飼育することが可能です。

ポリプテルスやエンドリケリー、アンフィビウスや、人なつっこいことで有名なオスカーやフラワーホーン、水槽の掃除用にセルフィンプレコもおすすめです。

(熱帯魚) フラワーホーン Sサイズ(3匹) 本州・四国限定[生体]

水質が悪化しにくいという利点を生かして汽水魚・海水魚の飼育も小さな水槽と比べると管理しやすく、ミドリフグクマノミなどの飼育にも向いています。

大きくなると思われがちな錦鯉は、飼育環境に合ったサイズに成長するので90cm水槽で飼育するのも面白いですよ。

魚以外の生き物の飼育にもおすすめ!

ウーパールーパー【マーブル】 1匹

魚系以外の水棲生物ならなら、ウーパールーパーやヒメツメカエルなどを飼育していも面白いです。大きな水槽でのびのびと動き回る様子がとてもかわいらしく、見ていて癒されます。

また半水生ですが、シリケンイモリアカハライモリなどといった両生類も陸地を広く作ってあげることができるので、のびのびとした環境で育てることが可能になるのです。

大きいからといっていくらでも入れて良いわけではない

小型魚なら90匹くらいまで入れることができますが、混泳させる場合は大きさはもちろん、水槽内の下層にいるのか、上層にいるのかなどといったことも考慮しなければなりません。

過密水槽にしてしまうと水質悪化が早くなるだけでなく、生き物がストレスを感じて弱ってしまったり、喧嘩をすることがあるので入れる数や混泳させる種類には注意しましょう。

90cm水槽に向いている水草

90cm水槽は高さがあるので、後景向きな大型の クリナム・クリスプスガシャモクレッド・ルブラ、ウォーターウィステリアといった水草をのびのびと育てることが可能になります。

また金魚やメダカの飼育でよく使われているカボンバなども大きく成長させることができるので、小型水槽と比べるとトリミングの手間がかかりにくくなるといったメリットは見逃せません。

もちろん、前景向きなリシアパールグラスグロッソスティグマや中景向きのクリプトコリネミニマッシュルームブリクサなども育てることができるので、水槽レイアウトの幅が広がります。

水草のおすすめや水草の育て方などにいついてはこちらの記事をどうぞ。

90cm水槽におすすめなレイアウト

小型水槽だと、小さな石や飾り用の人工物を少し置いた程度で水槽内がいっぱいになってしまいます。

しかし90cm水槽なら、大きな流木をセッティングしたり、岩も複数おくことができ、ネイチャーアクアリウムのようなレイアウトを作ることで、迫力のある水槽にすることも可能です。

横幅も高さもあるため、底砂で坂を作ってみたり、中央を高くして小高い山を作るといったレイアウトも綺麗に表現することができます。

YouTubeなどの動画投稿サイトでは、アクアリストが初心者向けにレイアウト作成の動画や実際に自分の作ったレイアウト水槽の動画を公開しているので、参考にするとよいでしょう。

水草だけでレイアウトを作るのもよいですが、広さがあるので流木や岩と水草を上手く組み合わせるのが90cm水槽レイアウトのコツです。

水槽レイアウトに関してはこちらの記事も参考にしてください。

【中型水槽】90cm水槽とは?飼える魚は?水草は?レイアウトは?まとめ

90cm水槽についてや、90cm水槽で飼育できる生き物、90cm水槽向きの水草やレイアウトについてお話しました。

水槽が大きくなると置き場所に困ることが多いですが、適切な置き場所がキープできるのであれば、90cm水槽はおすすめです。

急激な水質変化や水温の上下がないですし、生き物も広いスペースで飼育してあげたほうがストレスも少なくなります。

90cm水槽は容量が広い分、レイアウトにもこだわることができるので、スペースを確保できるのなら購入を考えてみることをおすすめします。

実際に90cm水槽を維持できるかわからない人や、試験的に90cm水槽を置きたいという人は、東京アクアガーデンのような水槽リース会社に依頼してお試しで90cmをリースするという方法もあります。

相談や見積もりは無料の所が多いので、興味がある人は一度問い合わせしてみることをおすすめします。

水槽のプロ トロピカライターの杠葉 狼です。
アベニー・パファーやバジスバジスなど小さくて綺麗な熱帯魚やベタ、ブラックゴーストなどちょっと変わった熱帯魚が好きです。
熱帯魚飼育初心者さんにお役に立つ記事を書いていきます。