トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

水換えのタイミングを水質検査で手軽に判断!検査薬の種類と使い方

水槽内を健康で美しく保つためには、欠かせない作業が「水換え」ですね。ではその水換えはどんなタイミングで行なうのがベストなのでしょうか

定期的に水換えしてるけど、実はそんなに必要ないんじゃ…って思ってしまう時は誰にでもありますね。そんな時、水換えの目安がわかると安心ですね。

こちらのページでは、その水換えの1つの目安となる、水質検査薬について詳しくお話していきたいと思います。水質検査薬を使って水の状況を知れば、水換えが必要かどうか一目瞭然です。

水質検査薬でどんなことがわかるのか

pH:酸性・中性・アルカリ性

ペーハーと記述されていることが多いですが、現在理科業界では「ピーエイチ」と英語読みされる、水の酸性・中性・アルカリ性を示す数値です。中性が7.0で、数値が小さくなるほど酸性が強く、数値が大きくなるほどアルカリ性が強いことを示します。ただし、中性ならいいというわけではなく、魚によって好みの水質が異なります。

  • 弱酸性が好きな魚:ネオンテトラ・エンゼルフィッシュ・ディスカス
  • 弱アルカリ性が好きな魚:グッピー・プラティ・金魚・メダカ

あまりにも酸性やアルカリ性に傾いている場合、具体的にはpHが6.5を下回っているか、8.5を上回っている場合は早めの水換えが必要です。ただし、いきなりpHが変化しすぎると魚がショック症状を起こしますので、少しずつ水を換え、pHを適正にするようにしましょう。

KH:アルカリ性度

炭酸塩硬度とも呼ばれ、水のアルカリ性の度合いを示しているのですが、それとは別にpHの変化を緩衝する…pHが変化するような何かが起こったとき、それを弱めてくれるはたらきももっています。よって、KHはある程度の値を上回っているのが理想です。3°dKHになるのが望ましいと言われています。特に水質変化に弱いエビなどを飼育している場合は、pHの変化をやわらげてくれますから、KHの値をそこそこに保っておきたいものです。

水道水のKHが2~3°dKHですので、KHが2°dKHに満たない場合、水換えをするのがおススメです。

GH:総硬度

いわゆる、軟水とか硬水とか言われる、水の硬さを示す数値です。水に含まれるミネラルの量によって変わり、ミネラルが多いほど硬いと表現されます。

GHは3が適正ですので、3から大きくかけ離れている場合は、水換えを行なってください。

NH4:アンモニアイオン濃度

魚の排泄物に含まれているアンモニアは猛毒です。アンモニアの濃度が上昇しすぎると、生体は死に至ることもあるほど、恐ろしい物質です。本来であれば、水槽内に住むバクテリアがこれを分解してくれるのですが、水槽の立ち上げ直後などはバクテリアの状態が安定していないため、一時的にアンモニア濃度が上昇する場合があります。アンモニア濃度が0.25mg/lを超えた状態で長期間飼育すると、魚がダメージを受けてしまいますので、水換えしてください。

NO2:亜硝酸イオン濃度

魚の排泄物には、猛毒であるアンモニアが含まれています。そのアンモニアをバクテリアが分解して、亜硝酸に変えてくれます。アンモニアに比べれば毒性が低い物質ですが、弱い毒性があるため、亜硝酸の数値が高いときは水換えが必要です。理想的な亜硝酸のレベルは0.8mg/L以下です。

NO3:硝酸イオン濃度

上記の亜硝酸が、さらに分解された物質です。こちらは毒性が低いため、魚への悪影響は少ないのですが、放っておくとどんどん水槽内に蓄積してしまう物質です。植物にとっては栄養分なので、コケが繁茂する原因にもなりますから、数値が高いときは水換えしないと、コケが大繁殖する要因になりかねません。50mg/L(=ppm)以上の濃度になったら水を換えましょう

Cl2:塩素濃度

いわゆる「カルキ」と言われる物質です。きちんとカルキ抜きができていれば、水槽中に残っていないはずの物質ですから、そう心配することはありません。

カルキ抜きの必要性については、以下のページを参考にしてください。

PO4:リン酸濃度

植物にとっては栄養になる物質です。よってこちらの数値が高すぎると、コケが繁茂する原因になりますので、水換えを行ないましょう。コケが生えて手に負えない場合は下のページが参考になります。

どんな種類の検査薬があるか

では実際に水質検査を行なうための検査薬の種類と、使い方などをご紹介します。

ろ紙タイプ

テトラ (Tetra) テスト 6 in 1 試験紙

こちらは、ろ紙に試験薬がしみこませてあり、水槽の水をろ紙につけるだけで様々な数値が測定できるというものです。水槽の水に入っている成分に反応してろ紙の色が変化しますので、セットについてくる見本色と見比べて、水質を知るという方法です。

こちらのセットでの検査方法は

  1. ろ紙を取り出します
  2. ろ紙に水槽の水を1滴たらします
  3. 1分ほど待つとろ紙の色が変化しますので、ケースについている色見本と比較し、数値を読み取ります

小学生の頃に理科の実験で使った「リトマス試験紙」に使い勝手は似ています。この試験紙以外に必要となる道具はないですし、検査が非常に手軽に出来るのが特徴です。開封して放置しすぎると、湿気等で正しい検査結果が得られなくなる場合もありますので、開封したらできるだけ早めに使うのがオススメです。

アマゾンで1500円足らずで25回使えますので、1回60円ということになります。

液体タイプ

レッドシー (RedSea) MCP アンモニアテストキット 淡水・海水両用

こちらは、試薬が液体の状態で販売されているものです。

検査方法は

  1. 付属の注射器を用い、ガラス管に水槽の水を取ります
  2. 試薬Aをすりきり一杯加え、ガラス管のふたを閉めて10秒間振ります
  3. 試薬Bを5滴加え、ガラス管のふたを閉めて10秒間振ります
  4. 試薬Cを5滴加え、ガラス管のふたを閉めて10秒間振ります
  5. ガラス管内の色が安定するまで15分待ちます
  6. 付属の色見本と比較し、数値を読み取ります。

正確な値が出ると評判のいい試薬ですが、結果が出るまでに15分ほどかかりますし、試薬が3つもありますので若干手間ですね。

お値段がアマゾンで3300円・100回使えますので、1回30円です。

バイコム スターターテストキット(アンモニア・亜硝酸・硝酸)各3本入り

こちらは、試薬は一種類、水槽の水を入れるだけで結果が出ます。操作は大変簡単です。待ち時間は、アンモニアが5分、亜硝酸は2分、硝酸は3分です。

およそ1600円で3回分ですから、1回533円です。

デジタル機器

マザーツール デジタルPHメータ PH-201 水質検査用 プール・水槽などに 基準液付属 軽量・小型のハンディタイプ

こちらは、デジタルでpHを測定してくれる機器になります。ろ紙や試薬に比べ、精度の高い結果を知ることが出来ます。測定自体も手軽に行なえますが、機器が高額なこと、メンテナンスに若干手間が必要です。

検査方法は、水槽の水を容器にとり、メーターの電極を差し込んで数値を読み取るだけになります。

水換えの目安を知るために水質検査をしましょう

面倒で、出来れば避けて通りたい水換えですが、こうして水質を検査することで「これは水を換えてやらないと魚が可哀相だ!」と、水換えのモチベーションをあげることができます。手軽な方法や、やや面倒でもより正確な数値を計測できる方法など、いくつかの商品を紹介させていただきましたので、お好みの手法をお選びいただけたらと思います。可愛い魚のためにも、水換え頑張りましょう。

水槽のプロ トロピカライターの高井です。
アクアリウム全般が好きで、現在はアベニーパファーのトリコ。
ピンセットでアベニーにアカムシを食べさせるのが日々の癒しです。