トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

プロが教える!外部フィルターの掃除方法・最適な頻度とタイミングとは

フィルターは水槽水の水質を維持するために欠かせない機器です。飼育水中の汚れを漉し取っているので、当然ながら使用し続けていると内部に汚れが蓄積し、ろ過能力が低下します。

そのため、定期的に掃除をして内部の汚れを除去する必要があり、怠ると飼育水の水質が悪化して飼育している熱帯魚などに悪影響を及ぼしてしまいます。

ここでは、代表的な外部フィルターであるエーハイム2213を用いて、外部フィルターの掃除法とフィルターを掃除するタイミングなどについてご紹介します。

外部フィルターの掃除方法

エーハイム クラシックフィルター2213 ろ材付セット

まずは外部フィルターの掃除法についてご説明します。エーハイムの製品はメンテナンス性も考慮されているので、手順を知っておけば比較的に楽に掃除が行えます。

フィルターの電源を切る

掃除のためにまずはフィルターを停止させます。エーハイム2213の場合はプラグを引き抜けば電源が落ちます。スイッチで電源のON/OFFを切り替えるフィルターに関しても、安全のためにコンセントは抜いてください。

コックを止水側に動かす

エーハイムの製品は給水・排水ホースの接続部分に「ダブルタップ」と呼ばれる部品が使用されており、コックを動かすことで水の流れを切り替えることができます。

コックをホースに対して垂直になるように動かすことで水を止められるので、飼育水が流出しないように切り替えておきましょう。

排水側のダブルタップを取り外す

コックを止水側に切り替えたら排水側のダブルタップを取り外します。この時、ダブルタップの間に入っている水が出てくるので、雑巾などを用意しておくことをおすすめします。

給水側のダブルタップを取り外す

排水側のダブルタップを取り外したら、給水側のダブルタップも取り外します。この時、フィルター本体とホースの内部の水を排水するため、バケツなどの容器を用意しておきましょう。ちなみに、この水は後の工程で、ろ材を洗浄する際に使用するので取っておいてください。

モーターヘッドを取り外す

本体の排水が完了したら、フィルター上部のモーターヘッドを取り外します。上方向に引っ張っただけで外れない時は、回すように力を加えると外れやすくなります。

ろ材コンテナを取り出す

モーターヘッドを取り外したら、フィルター本体に格納されているろ材コンテナを取り出してください。

ろ材を洗浄する

ろ材コンテナからろ材を取り出し、先ほど水抜きをした際に使用したバケツなどの容器に投入します。

洗浄するための水が足りないようでしたら、ダブルタップのコックを開いて飼育水を継ぎ足してください。

飼育水でろ材を洗浄します。この時、力を入れすぎるとろ材が崩れてしまうので、優しく揉み洗いをするように洗浄しましょう。

ろ材洗浄後の水です。かなりの量の汚れが蓄積していたことが分かります。また、この時にろ材コンテナも洗って汚れを落としてください。

ろ材を飼育水で洗う理由は、ろ材に定着しているバクテリアにあります。生物ろ過のためのバクテリアはデリケートな存在で、ろ材を水道水で洗ってしまうと含有されている塩素の影響で、バクテリアがダメージを受けてしまうのです。

最悪の場合はバクテリアが死滅してしまい、せっかく安定した水槽が立ち上げ時に逆戻りしてしまう可能性もあります。ろ材を洗うときは必ず飼育水を使用するようにしましょう。

インペラー部分を掃除する

インペラー部分は必ずしも洗浄する必要はありませんが、汚れが蓄積していたり藻類が付着していると流量の低下を招くので、たまにチェックして汚れていたら掃除をしておきましょう。

カバーを取り外すと汚れの蓄積が確認できました。インペラー部分の洗浄用に小さなブラシなどを用意しておくと、掃除しやすいです。

綺麗に洗浄できたら元のように組み立て直します。

ろ材をコンテナに充填する

ろ材とろ材コンテナの洗浄が済んだら、ろ材をコンテナに入れます。

ろ材を交換する場合は新しいろ材の中に、以前まで使用していたろ材を少数で良いので混ぜてください。ろ材を全て新しいものに換えてしまうと、生物ろ過のためのバクテリアの数が足りなくなり、水質が不安定になってしまいます。

新しいろ材の中にバクテリアが定着している古いものを混ぜることで、バクテリアの繁殖がスムーズになり水質の不安定化を防ぐことが可能です。

ろ材コンテナを本体に取り付ける

ろ材コンテナにろ材を入れたら本体に戻します。

モーターヘッドを本体に取り付ける

最後にモーターヘッドを取り付ければ作業完了です。この時、Oリングがきちんとはまっているかよく確認してください。少しでもズレていると水漏れの原因になります。

外部フィルターを掃除するタイミングと頻度

タイミングについて

フィルターを使用中に以下のような症状が出てきたら掃除をしてください。

・フィルターを動かしたり、ON/OFFを切り替えると排水に汚れが混ざる

・フィルターの駆動音が大きくなった

・フィルターから出てくる水の量が少なくなった

フィルターからの排水が濁る汚れが混ざるなどの減少が生じた場合、フィルター内部に汚れが蓄積している可能性が高いです。

また、排水の流量が低下している場合も、汚れによってろ過材が目詰まりを起こしていたり、水の進路が塞がれていることが考えられるので掃除のタイミングです。

さらに、フィルターの駆動音が以前よりも大きくなった場合も、汚れや藻がインペラー部分にこびり付くなどして、モーターの動きが阻害されている可能性があるので、掃除を含むメンテナンスが必要です。

頻度について

頻度については一概には言えません。なぜなら、飼育している熱帯魚や環境により、汚れの蓄積具合にはかなりの差が生じるからです。

大型の肉食魚の場合は汚れが生じやすいので、掃除も頻繁に必要になりますが、それ以外ではそれほど頻度は高くならないはずです。

日頃からフィルターの状態をよく確認し、上記の症状が出た場合にしかるべき対応をしてください。

まとめ・外部フィルターの清掃手順について

水質を長期に渡り安定化させるためには、フィルターの正常な動作が必要不可欠です。日頃からフィルターの排水が汚れていないか、駆動音に異常はないかなどよく確認しておきましょう。

また、洗浄する際はろ材の取り扱いには十分に注意してください。ろ材に定着しているバクテリアは水質の維持に欠かせない存在で、誤って水道水で洗浄してしまうと大きなダメージを受けてしまいます。

飼育だけでなくメンテナンスにおいても正しい知識を持って行うことが重要です。