トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

サンゴ飼育に必須!? カルシウムリアクターの効果と設置方法とは

カルシウムリアクターは海水水槽で用いられる飼育器具で、サンゴの成長に必要なカルシウムを自動的に供給してくれる便利な装置です。

サンゴに飼育においては、添加剤を用いてカルシウムを供給することも一般的ですが、SPSは成長が早いためにカルシウム濃度の減少が著しく、供給不足になる恐れもあります。そのため、特にミドリイシなどSPSに分類される品種の飼育には必須だと言われています。

ここではカルシウムリアクターについて、効果や設置方法などをご紹介します。

カルシウムリアクターとは?

カルシウムリアクターとは、簡単に言うと飼育水中にカルシウムを供給する装置です。海水生の無脊椎動物の中には、水中のカルシウムを摂取して成長する生物がいます。

海中であればカルシウムが枯渇する心配はありませんが、水槽という限られた環境では消費した分を外部から供給しなければ、やがて枯渇してしまいます。カルシウムが枯渇してしまうと、体を構成する骨格などを形成できず、発育不良を起こすばかりでなく死に至ります。

カルシウムリアクターは本体内部に石灰石を入れ、二酸化炭素CO2)を添加することで自然に近い形でカルシウムを溶出させ、飼育水中にカルシウムを供給します。

カルシウムを供給する方法には添加剤を用いる方法もありますが、カルシウムリアクターを用いれば自動的かつ、安定して濃度の維持が可能です。

カルシウムリアクターが必要な生物とは?

カルシウムリアクターを使用する必要がある生物は、ミドリイシなどハードコーラルの中でSPSに分類されているサンゴです。これらのサンゴは成長が早く、飼育水中のカルシウムを大量に消費します。

さて、水質を示す指標の1つにKH炭酸塩硬度)というものがあります。KHは水中のカルシウムやマグネシウムなどの硬度物質(ミネラル)の量を、全て炭酸カルシウムに換算して算出した指標です。

ミドリイシなどのSPSを飼育する場合、成長にともなって飼育水中のカルシウムを消費するので、KHが低下していきます。その低下速度は著しく、水換えや底砂からの供給量では到底追い付きません。

また、水換えの頻度を高くすることでカルシウムを供給するにしても、水換え前後でKHの数値が大きくズレてしまい、水質の変化を嫌うサンゴにとっては不適切な環境となってしまいます。

以上のことから、特にSPSに分類されるサンゴの飼育にカルシウムリアクターを導入することは、必須だと言われています。

カルシウムリアクターの設置に必要なもの

カルシウムリアクター本体

多機能POLY-REACTOR マルチメディアリアクター PR20/20(0.7リットル) 【コーラル】【海水魚】【カルシウム】並行輸入品

リアクター本体は各メーカーから様々な機種が販売されており、大別するとろ過槽の内部に設置する内部式外部式に分けられます。

内部式の場合は省スペースで運用できますが、外部式は本体を置く場所を考えなければなりません。また、機種によって対応している水量も異なるので、ご自身の飼育環境に合った機種を選択してください。

カルシウムメディア

カミハタ ARMカルシムリアクターメディア 小粒

リアクター内部で反応させる石灰石です。カルシウムの溶出により、だんだんと小さくなっていく消耗品なので、必要に応じて買い足してください。製品によっては、ストロンチウムなどが含まれているものもあるので、成長に必要な微量元素の添加も同時に行えます

CO2ボンベ/CO2流量調節器/CO2レギュレーター

アクアシステム アクアシステム アクアCO2システムベーシックフルセット 6ミリ

通常、カルシウムリアクターにはCO2を添加するための機器類は付属しません。CO2ボンベなどは別途に用意する必要があります。水草飼育用に流量調節器などがセットになった製品が市販されているので、それらを入手するのがお手軽です。

カルシウムリアクターの設置方法

メディア・リアクターの洗浄

まずは、カルシウムメディアとリアクター本体を洗って綺麗にします。水道水で洗うと塩素が飼育水中に入ってしまうので、洗浄が完了したらあらかじめカルキ抜きをしておいた水を使ってすすぐと良いでしょう。

メディアをリアクター内に入れる

洗浄が完了したらメディアを本体内部にセットします。通常、充填できる量の目安を示す線が描かれているので、その線を越えてバルブなどにメディアが入らないよう注意してください。

フタをしっかりと閉じる

フタの固定はほとんどの機種でネジ式になっていると思うので、ネジをしっかりと締めてください。カルシウムリアクターはその構造上ネジのゆるみは即、水漏れにつながります。

また、ネジの部分にゴミやメディアの欠片などがあるとしっかりと固定できないので、よく確認してうえで締めてください。

リアクター本体の置き場所を決める

以上の準備が整ったらリアクター本体の置き場所を決めます。設置場所に関しては内部式と外部式で異なるので、お持ちの機種の取扱説明書で確認してください。

ただ、いずれの場合もリアクター内部はCO2が豊富なので、コケが発生しやすい条件を満たしてしまっています。設置場所はキャビネット式の水槽台の内部など、なるべく光が当たらない場所の方が良いでしょう。

配管・給水を行う

設置が完了したら配管を行います。各チューブ類を水漏れしないようにしっかりとセットしてください。配管が完了したら飼育水を本体に導入します。

ほとんどの機種はサイフォンの原理で本体に飼育水を導入できるので、給水側のチューブを飼育水に入れ、排水側のチューブを口で吸うと容易に導入できます。

CO2を添加する

本体に飼育水を導入したら電源を入れ、ポンプを作動させて飼育水を循環させます。無事に飼育水が循環していることを確認したら、CO2の添加を始めます。セットしてから1週間ほどは、1秒に1滴程度の量が添加されるように調節してください。

後にKHを測定して適した数値になるように調整が必要ですが、設置に関しては以上で完了です。

まとめ・カルシウムリアクターの効果と設置法について

カルシウムリアクターは、自動的に飼育水中にカルシウムを供給してくれる便利な装置です。カルシウムの濃度を一定に保つ効果が高いことから、特にSPSに分類されるハードコーラルの飼育には必要不可欠な飼育器具と言えるでしょう。

また、SPS以外のハードコーラルにおいてもカルシウムリアクターを導入することで、より多くのサンゴを飼育できたり高KH値を保つことで成長の促進が狙えたりとメリットが大きいです。

これからハードコーラルを飼育しようとしている方や、既に飼育しているけれどもカルシウムリアクターを使用していない方は、導入を検討してはいかがでしょうか。

水槽のプロ トロピカライターの上原巧です。
魚介類は観賞するのも食べることも好きです。
情報を発信する立場として、正確な情報を分かりやすい文章でお伝えすることを心がけています。
私の記事が皆様のお役に立てれば幸いです。