トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

投げ込み式フィルターで簡単に水槽をろ過しよう!おすすめ商品ベスト3

昔ながらの水槽や、金魚鉢などの小さな水槽でよく見かける投げ込み式フィルター
水槽セットに組み込まれていることも多く、ホームセンターでも簡単に手に入るので、使用している方も多いのではないでしょうか?

手軽さが魅力の投げ込み式フィルターですが、その簡易さゆえに、どの製品も性能にあまり差を感じられないことも多く、どれを選んだらよいのかわかりづらいですよね。

そこで今回は、簡単に水槽をろ過できることが魅力の投げ込み式フィルターベスト3をお届けします。

簡単に水槽をろ過しよう!投げ込み式フィルターとは?

投げ込み式フィルターとは、水中に沈めて使うタイプのろ過フィルターのことです。
多くはエアーポンプと組み合わせて使用します。
仕組みはとても単純で、エアーポンプで起こした水流をフィルターに通してろ過し、水を綺麗にします。

投げ込み式フィルターのメリットは他のフィルターに比べて、安価で設置が簡単なこと、アクアリウムショップだけでなく、ホームセンターなどにも置いているため、入手しやすいことがあげられます。
しかし、フィルターとしては簡易的で、ほかのフィルターに比べると、あまり高いろ過能力は期待できません
そのため、水の汚れに敏感な熱帯魚の飼育にはあまり使用されず、金魚やメダカなどの丈夫な生き物の水槽に使用されることが多いです。
水中に沈めて使用するため、水槽の美観を損なうのもデメリットといえます。

ただ、製品によってはオプションを組み合わせることで、ろ過能力を上げることができるので、メインのろ過機としても充分に活躍できるという意見も根強く、その手軽さからも高い人気を誇っています。

また、メインのろ過器は別にあるけど、もう少しろ過能力をあげたいときにサブフィルターとして使用したり、水槽掃除中の仮住まいに入れておけたりするなど、何かと使い勝手のよいフィルターでもあります。

投げ込み式フィルターおすすめベスト3

投げ込み式フィルターは、どの製品も性能に大きな差はないと言われています。
しかし、ろ過材の耐久性やオプション品、ろ過材の内容などによってやはり違いはあると考えます。
そこで、おすすめの投げ込み式フィルターベスト3をご紹介します。

1位:水作 エイトコア

水作 水作エイトコア M

投げ込み式フィルターといったらコレといっても過言ではありません。
プロから初心者まで根強い人気を誇っているのが水作 エイトコアです。
ろ過率の高い八角形の中は2段に分かれており、上段にろ過材、下段に砂利や活性炭などのカートリッジをセットして使用します。

数ある投げ込み式フィルターの中でもプロの使用率が高く、そのことからも性能はお墨付きです。
なぜそこまで広く使用されているのか、理由としてまず挙げられるのが、サイズ展開の豊富さでしょう。
5ℓ以下の小型水槽用から60cm水槽用のものまで4種類が展開されており、投げ込み式フィルターを使用する水槽のサイズは大抵網羅されています

また、オプション品の豊富さもおすすめしたいポイントです。
オプションのカートリッジには砂利のほかに、活性炭、コケカット、ニゴリ取り、バイオ(バクテリアが付着した活性炭)、金魚いきいき(バクテリアの活動を活性化する特殊なカキガラ)の4種類が用意されています。
水槽の状態に応じてカートリッジを使い分けられるのはうれしいポイントですよね。

本体や交換用のろ過材は、アクアリウムショップやホームセンターなどに置いてある率が高いので、必要な時に手に入りやすく安心して使えます。
使い方次第ではかなり高いろ過能力が期待できるので、文句なしでおすすめしたいフィルターです。

2位:GEX ロカボーイ

ジェックス ロカボーイM バクテリアパワー 生きたろ過バクテリア+活性炭マット

1位でご紹介した水作エイトコアと並んで高い人気を誇っているのがロカボーイです。
水槽内の端にぴったりと置くことができる四角い形が特徴で、水槽内でも邪魔になりません。
水槽セットの中によく組み込まれているので、水槽立ち上げ時からそのまま使用し続けるリピーターも多くいます。

しかし、初期セットについていたフィルターだと、性能に難があるのではないかと疑いたくなる方もいるかもしれませんね。
ろ過能力は、水作 エイトコアには劣るという意見はあるものの、ロカボーイも普通に使用する分には問題ないぐらいのろ過能力を備えています

フンの多い金魚などをたくさん飼育している環境だと物足りなさを感じるかもしれませんが、
交換用カートリッジには、アンモニアを吸着するといわれるゼオライト入りのものもあるので、金魚水槽ではこちらを使用することをおすすめします。

3位:ことぶき工芸 薄型ろかドーム パイプセット

寿工芸 寿工芸 薄型ろかドームM-F パイプセット

投げ込み式フィルターは、水槽内で目立つため美観を損なうというデメリットを抱えています。
せっかくレイアウトした水槽でフィルターが丸出しになるのを嫌う方は多いです。

しかし、この薄型ろかドーム パイプセットは、ほかの投げ込み式フィルターに比べて本体が薄く作られているため、スッキリとした印象があり、水槽内で目立ちづらく工夫されている製品です。

薄型なので、高さのない金魚鉢のような入れ物にも設置できます
また、上部のパイプ部分が長めにつくられているので、本体を底砂に埋め込んで底面フィルターとして使用することも可能です。

サイズは12ℓ以下用のS-Fと26ℓ以下までのM-Fが展開されているので、小型水槽を使用している方にはぜひおすすめしたい製品です。

投げ込み式フィルターの交換時期について

透明な投げ込み式フィルターは、中の汚れが目につきやすいですよね。
汚れたらすぐにフィルターを取り換えている方もいるのではないでしょうか?

しかし、汚れたからといって、過度なフィルター交換は禁物です。
フィルターには、水を綺麗にしてくれるバクテリアが住み着いており、汚れと思えるフィルターの色は、実はバクテリアが住み着いた証だったなんてことがよくあります。
過度の交換は有用なバクテリアを捨ててしまっているのと同じで、逆に水質の悪化を招いてしまうことになりかねません。

とはいえ、汚れが気になってしまうと何かしら対処したいところ。
そんなときには、中のフィルターを軽く洗うことをおすすめします
洗うときには水道水をそのまま使用するのではなく、カルキ抜きした水か、水槽の水を使用するようにしてください。

交換時期ですが、汚れが黒ずんだ汚れに変わってきたり、ろ過材がボロボロになった、ヘロヘロにへたれてきたなどしたら交換時期です
交換するときは、水換えとは別の日に行うようにしてください。

また、交換後しばらくは、バクテリアを再び繁殖させなければなりませんので、水が汚れやすくなることがあります。
水換えの頻度を少し増やすなどして対応してください。

ろ過材の交換については以下の記事でもまとめています。

まとめ・投げ込み式フィルターで簡単に水槽をろ過しよう!おすすめ商品ベスト3

複雑な設置作業も必要なく、簡単に水槽をろ過できることで人気の投げ込み式フィルターについてご紹介しました。

アクアリウムに慣れてくると、上部フィルターや外部フィルターなどに買い替える方も多いですが、生き物によっては投げ込み式フィルターでも十分なろ過能力を発揮します。

安価で簡単に設置できる投げ込み式フィルターは、初心者の方にはもちろんですが、熟練のアクアリストの方にも使っていただきたいフィルターです。
高性能のろ過フィルターもよいですが、メインにもサブにも使える投げ込み式フィルターを、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

フィルター選びについては、こちらの記事も参考にしてみてください。