トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

【初心者向け】グラミーの飼育方法!種類、混泳、エサなどすべて紹介!

グラミーは南アジアから東南アジアにかけて分布している熱帯魚で、古くからアクアリウムの世界で親しまれてきました。「アンテナ」と呼ばれる長く伸長する腹ビレがトレードマークで、今日までに様々な改良品種が作出されています。

混泳相性も良く水草水槽などで群永させるだけでも、見ごたえのあるアクアリウムに仕上がります。また、水質の管理に神経質にならなくてもよく丈夫で飼育しやすいため、初心者にもおすすめの熱帯魚です。ここでは、グラミーについて特徴や種類、飼育法などをご紹介いたします。

グラミーとはどのような熱帯魚か?

特徴

グラミーはスズキ目オスフロネムス科に分類される淡水魚の総称です。南アジアから東南アジアにかけて幅広く分布しており、流れが緩やかな河川や湖沼、中には汽水域で見られる品種もいます。

魚体は楕円形で強く側扁しており、「アンテナ」と呼ばれる細長い腹ビレを持つことが共通の特徴です。体長は品種によって大きく異なり、4cm程度の小型のものから1m近くにまで成長するものもいます。ただ、観賞魚として流通している品種は4~12cm程度のものがほとんどです。

古くから観賞魚として親しまれ、数多くの改良品種も作出されています。現在では、主に東南アジアでブリードされた個体が輸入されているので、安価な個体は1匹あたり数百円で入手が可能です。食性は何でも口にする雑食性で、寿命は3~5年ほどの品種が多いです。

種類

ドワーフグラミー系

(熱帯魚) コバルトブルー・ドワーフグラミー(1ペア) 本州・四国限定[生体]

パキスタンやインド、バングラデシュなど南アジアが原産のグラミーで、体長は最大でも6cm程度です。小型で水質にもうるさくないので、アクアリウムにおける定番の魚種です。

主な品種としては、金属的な光沢がある青色が美しい「コバルト・ブルードワーフグラミー」や、赤色のグラデーションがきれいな「サンセット・ドワーフグラミー」などが知られています。

ハニー・ドワーフグラミー系

(熱帯魚) ハニードワーフ・グラミー(2匹) 本州・四国限定[生体]

インドが原産のグラミーの1種で、体長は4cm程度と同種の中でも小型の品種です。丈夫で飼育しやすく、性格も大人しいため混泳相性が良く人気があります。

主な品種としては、黄色の体色を基調にヒレの一部が赤色に染まる「ゴールデンハニーレッド・ドワーフグラミー」や、褐色が基調で地味ながらも婚姻色が魅力的な「ハニー・ドワーフグラミー」のワイルド種も流通しています。

ブルー・グラミー系

(熱帯魚) マーブル・グラミー(3匹) 本州・四国限定[生体]

ミャンマーから中国南部に分布している「スリースポット・グラミー」の改良品種で、体長は12cmほどに達します。古くから知られている最もポピュラーなグラミーの1つです。

主な品種としては、青色の体色を基調にマーブル模様が入る「マーブル・グラミー」や、黄色の体色を基調にマーブル模様が入る「ゴールデン・グラミー」などが挙げられます。

パール・グラミー系

(熱帯魚) パール・グラミー(2匹) 本州・四国限定[生体]

マレー半島からスマトラ島、ボルネオ島にかけて分布しているグラミーで、体長は12cm程度です。全身に散らばる真珠色のスポット模様が美しい品種で、古くから親しまれているポピュラーなグラミーでもあります。

主な品種としては、原種である「パール・グラミー」の他に、パールグラミーのバルーンタイプ(ショートボディタイプ)である「バルーンパール・グラミー」が知られています。

ピグミー・グラミー

(熱帯魚) ピグミー・グラミー(3匹) 本州・四国限定[生体]

カンボジアからタイ、マレーシアにかけて分布しており、体長は最大でも4cm程度とグラミーの中でも小型の品種です。灰色を基調とする体色のため派手さはありませんが、発色が良くなると金属光沢を放つようになるので、水草水槽で群永させると見栄えがします。

ジャイアント・グラミー(オスフロネムス・グラミー)

オスフロネームスグラミー (6-8cm) <1匹>[生体]

マレー半島やインドネシアに分布しており、ジャイアントの名を冠する通り成魚は体長1m近くにまで達する、グラミーの中で最大の品種です。

幼魚の頃の容姿は他の品種と大差ありませんが、成長するにつれ唇が分厚く突き出るようになり、頭部にもコブが張り出して独特な見た目になります。

ペットショップなどで販売されている幼魚の見た目に惹かれて購入すると、あまりの大きさに飼育しきれなくなるケースがあるので注意してください。

グラミーの飼育法

水温・水質

グラミーを飼育できる水温は23~28℃です。夏は冷却ファンやクーラーを、冬はヒーターを用意して水温を調節してください。クーラーなどの温調機器が故障すると致命的なので、予備機は必ず常備しておきましょう。

水質に関しては神経質になる必要はなく、pH6.0~7.5の弱酸性から中性を保てば問題ありません。特に弱酸性の水質を好み、同pH帯で飼育すると発色が良くなることが知られています。

水槽・フィルター

寿工芸 寿工芸 クリスタル水槽 KC-600S(60×30×36cm)

小型のグラミーのみを飼育するのであれば、30cmクラスの水槽から飼育が可能です。しかし、30cmクラスの水槽では入る水量がすくないことから、飼育環境の管理が難しくなるので、初心者の方には60cmクラスの水槽での飼育をおすすめします。

フィルターに関しては、グラミーはそれほど水を汚す熱帯魚ではないので、外掛け式スポンジフィルターでも十分です。強い水流はグラミーのストレスになってしまうので、フィルターの排水には気を付けて設置してください。

エサ

テトラ (Tetra) カラシンベーシック 88g

グラミーは何でも食べる雑食性です。エサは人工飼料を中心に、たまにブラインシュリンプ冷凍イトミミズなどの生餌を与えると、栄養バランスも良くなって健全な成育が期待できます。

グラミーは上層から中層を泳ぐ魚種なので、人工飼料はゆっくりと沈下するタイプのものを選んでください。また、口が小さく大きなエサは上手く食べられないので、エサの大きさにも気を付けてください。

与え方は1日に1~2回、2~3分以内に食べきれるだけの分量を与えます。食べ残しが生じると水質の悪化が早くなるので、できるだけ取り除いておくと良いでしょう。特に生餌は水を汚しやすいので注意してください。

混泳について

熱帯魚との混泳

グラミーは基本的には大人しく、混泳相性は良い傾向にある熱帯魚です。しかし、同種同士では縄張りを主張して、小競り合いをする場合があります。

小競り合いが起きても大きな問題に発展するケースは希ですが、頻発するようでしたら水草などを導入して隠れ家を作ると良いでしょう。

他の魚種に関しては、グラミーを攻撃してこない魚であれば混泳は可能です。混泳相性が良い魚種の例としては、小型のカラシンプラティコリドラスオトシンなどが挙げられます。

水草との混泳

グラミーは遊泳性が高い魚種ではなく、どちらも弱酸性の水質を好むので、水草との混泳相性も良好です。水草と混泳させたい場合は60cm以上の水槽で飼育し、フィルターは外部式を用いると管理が楽になるのでおすすめです。

特に相性が悪い水草の品種はありませんが、初心者におすすめできる水草としては、アマゾンソードミクロソリウムアヌビアスナナなどが挙げられます。

繁殖について

グラミーは水槽内でも産卵までは容易にたどり着けます。しかし、他の魚種と比較して稚魚がかなり小さく、初期飼料が難しいため繁殖難易度は高いとされています。ここでは泡巣を作る種類を例に、繁殖法をご紹介します。

産卵まで

繁殖させるにはグラミーのオスとメスを用意しなければなりません。雌雄の見分け方としては、オスは繁殖期になると体が鮮やかな婚姻色を示し、メスよりも発色が良くなることで見分けられます。

グラミーは泡巣を作りそこで産卵・ふ化を行う性質があるので、泡巣を作りやすいようにウォータースプライトなどの浮き草を入れてあげましょう。後は飼育に適した水質や水温を保っていれば、ペアが交尾を行い産卵してくれます。

ふ化まで

メスが産み落とした卵はオスが咥えて泡巣へと運び、ヒレで新鮮な水を送るなどして面倒を見てくれます。そのため、この時期に飼育者が特別何かをする必要はありません。

ただし、親魚や別の個体による食卵が見られるようでしたら、泡巣を飼育水ごと掬い上げるようにして別の容器に隔離してください。

稚魚の世話

卵は1~2日後にふ化し、稚魚が誕生します。誕生直後の稚魚はまだ目と口が開いておらず、自由に遊泳することもできません。この時期は泡巣内に留まって卵黄嚢の栄養で成長するので、エサは与えなくても大丈夫です。

エサを与えるタイミングは、自由に泳げるまでに成長してからです。また、この頃になると泡巣から出てくるので、稚魚の安全を考慮すると隔離した方が良いでしょう。先に述べましたがグラミーの稚魚はかなり小さいので、ブラインシュリンプでも大きすぎて食べることができません

エサはインフゾリアやメダカ用に販売されているゾウリムシなどを用意してください。細かくすり潰した人工飼料を食べるようでしたら与えても良いですが、動物質のものを与えた方が成長が早く死亡率が高い時期を早期に抜けられます

順調に成長すれば1週間以内にブラインシュリンプを捕食できるまでに大きくなるので、以降はブラインシュリンプを中心に与えると良いでしょう。

まとめ・グラミーの飼育方法について

グラミーは古くから親しまれてきた熱帯魚で、アクアリウムにおいては定番の魚種です。今日では品種改良により、青色や赤色、黄色など観賞価値を高めた色鮮やかな種類が数多く流通しています。

混泳相性も良好でグラミーを群永させるだけでも、大変に見ごたえのあるアクアリウムに仕上がります。飼育も難しくないので、これからアクアリウムを始めようとしている方は、グラミーの飼育からチャレンジしてはいかがでしょうか。

【関連記事】