トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

【初心者向け】オトシンクルスの飼育方法!混泳、種類、エサ、水温まとめ

オトシンクルスは南米に広く分布しているナマズの仲間です。吸盤状の口を持っており、水槽の内壁や流木などに貼り付いて、こそぎ落とすようにしてコケや表皮などを食べます。体長は10cm程度までの小型魚で、性格も温厚で様々な熱帯魚と混泳させることが可能です。

さらに、植物食性が強いながらも水草を食害しないことから、コケ取り用のクリーナー生体として人気があります。ここでは、オトシンクルスについて飼育法や種類、繁殖法などをご紹介いたします。

オトシンクルスとはどのような熱帯魚か?

特徴

オトシンクルス(単にオトシンとも)はナマズ目ロリカリア科ヒポプトポマ亜科に属する淡水魚の総称です。魚体はナマズの仲間だけあって上下に扁平で、体長は2~10cm程度の種類が多いです。

南米のアマゾン川水系に広く分布しており、流れが穏やかな場所を好むものや、逆に流れが速い場所を好むものなど、生息場所は品種によって様々です。寿命は3年前後で、他のナマズ類と同様に夜間に活動する夜行性です。

食性は雑食性ですが特にコケなどの植物質のものを好みます。オトシンは吸盤状の口を持っており、この構造のおかげで水槽の内壁や流木の表面などに吸い付くことができ、表面のコケや表皮をそぎ取るようにして食事をします。

性格は温厚なため他の魚種との混泳相性が良く、水槽内ではコケを主食としながらも水草は傷つけません。さらに、体色が地味な種類が多く水槽に導入してもあまり目立たないので、コケ取り用のクリーナー生体として人気があります。

種類

オトシンクルス

(熱帯魚)オトシンクルス(3匹) 本州・四国限定[生体]

オトシンクルスとして流通している品種は複数存在し、特に区別されることなく販売されていることも多いです。

主な品種としては「affinisアフィニシス)」、「vestitusヴェスティタス)」、「vittatusヴィッタートゥス)」が流通しており、他にも数種類が単にオトシンクルスとして扱われています。体長はいずれも5cm程度で、コケ取り生体としてプレコと並び人気があります。

オトシンクルス・ネグロ(オトシンネグロ)

(熱帯魚)オトシンネグロ(国産ブリード)(2匹) 本州・四国限定[生体]

体長4~5cm程度のオトシンクルスの1種で、他の品種よりも全体的に黒っぽいことから名付けられました。オトシンクルスの中でも特に丈夫で飼育しやすく、繁殖も比較的容易なことから同種の入門として最適です。

ゼブラオトシン

(熱帯魚)ニューゼブラオトシン(1匹) 本州・四国限定[生体]

近年になって輸入され始めた新しい品種です。名前の通り白と黒の縞模様が入ることが特徴で、これまで鑑賞性については重視されてこなかったオトシンクルスの評価を一変させました。体長は4~5cmほどで、輸入はされているものの輸入量自体が少ないのであまり流通していません。

タイガーオトシン

(熱帯魚)タイガーオトシン(3匹) 本州・四国限定[生体]

白色と黒色のまだら模様のオトシンで、体長は2~3cm程度とオトシンの中でも特に小型の品種です。いまだ飼育法が確立されておらず、長期維持はかなり難しいと言われています。

特にエサが問題で、植物食性が強く人工飼料に餌付きにくいため、コケが不足するとそのまま餓死してしまうケースが多いようです。ベテランでも手を焼くほどなので、安易に飼育することはおすすめできません

オトシンクルスの飼育法

水温・水質

オトシンクルスを飼育できる水温の範囲は20~28℃前後です。比較的丈夫な魚種ではありますが、低温では「白点病」にかかりやすくなるので、年間を通して25℃程度に保った方が無難です。夏と冬はそれぞれ温調機器を用意して保温してください。

水質に関しては、pH6.0~8.0の中性付近を保てば問題ありませんが、弱酸性を好む傾向にあります。基本的には丈夫な魚種ですが、水温や水質の急変に弱い部分が見られるので、水槽導入時にはしっかりと水合わせを行ってください。

水槽・フィルター

テトラ (Tetra) ラウンド グラスアクアリウム LEDライト付観賞魚飼育セット Rg-30LE

オトシンクルスは小型なので、30cmクラスの水槽から飼育が可能です。水温や水質の急変さえ避ければ、適応力は高いので小型水槽のコケ対策に最適な生体です。

ただ、小型ゆえに大型の魚種と比較するとコケ取り能力に劣る面もあるので、60cm以上の水槽でのコケ対策に導入するのであれば、複数匹を入れた方が良いでしょう。

フィルターに関しては、水槽のサイズや個体数に応じて選択してください。小型水槽で少数を飼育するのであれば、外掛け式底面フィルタースポンジフィルターなどが候補です。60cm以上の水槽で色々な熱帯魚と混泳させるのであれば、上部式外部式を導入すると良いでしょう。

底床材・レイアウト

水作 水心 SSPP-3S

ショッピングサイトを選べます

オトシンクルスは下層が生活圏なので、底床材は導入した方が落ち着いた環境を作ってあげられます。底床材はサンゴ砂を除けば何でもよいので、混泳させる相手に適したものを導入しても問題ありません。

それから、オトシンクルスは臆病な性格に加えて夜行性なので、シェルターや水草などで日中に姿を隠せる場所を作ってください。また、オトシンクルスは溶存酸素が豊富な環境を好みます。エアレーションはしっかりと行ってあげてください。

エサ

キョーリン ひかりクレスト プレコ 15g

オトシンクルスはコケを主食としますが、食べるコケと食べないコケがあります。オトシンクルスが食べるコケ茶ゴケ緑髭コケで、黒髭コケ藍藻といった種類は食べません。エサを自然発生するコケのみに頼っていてはコケが不足した場合、餓死してしまう恐れがあります。

よって、人工飼料への餌付けが重要です。人工飼料はプレコやコリドラス用の沈下性のタブレットがおすすめですが、エサだと理解するまでに時間がかかります。その間に衰弱してしまわないように、冷凍アカムシなどの生餌アク抜きした葉物野菜でしのぐ方法も一般的です。

また、これらのエサは水を汚しやすいので、餌付けが完了するまでは水質の管理に注意してください。人工飼料を食べるようになれば一安心で、以降はお腹のあたりをよく観察して痩せているようでしたら、人工飼料も併用してください。

混泳について

熱帯魚との混泳

オトシンクルスの性格は温厚で臆病なくらいなので、魚食性を持つ中~大型魚やオトシンクルスを攻撃してくる気性が荒い魚種を除けば、色々な熱帯魚と混泳できます。

まず、同種に関しては複数匹で飼育した方が落ち着くほどなので、混泳は問題ありません。他種に関しては、同じくらいの大きさの魚種であれば、ほとんどの熱帯魚と混泳が可能です。相性が良い魚種の例としては、ラスボラ小型のグラミーコリドラスなどが挙げられます。

水草との混泳

オトシンクルスと水草はどちらも弱酸性の水質を好みます。さらに、オトシンクルスは水草を食害することなく、表面についたコケを食べてくれるので混泳相性は抜群です。

また、水草はオトシンクルスの隠れ家にもなり、産卵床の役割を果たすこともできるので、水草と混泳させるメリットは大きいと言えます。

水草と混泳させる際は、流木に活着させた状態で導入すると、流木がオトシンクルスの非常食になるのでおすすめです。活着させやすい水草としてはアヌビアスナナウィローモスミクロソリウムなどが挙げられます。

繁殖について

オトシンクルスは一般的に繁殖が難しく、水槽での繁殖例が確認できない品種がほとんどです。ここでは比較的に繁殖が容易とされている、オトシンネグロについて繁殖法をご紹介します。

繁殖環境

繁殖させるためにはオスとメスを用意しなければなりません。雌雄の見分け方としては、メスは抱卵するとオスよりも明らかにふくよかな体形になるので、容易に見分けられます。1匹のオスに対して、2匹以上のメスを同一水槽に入れると繁殖する確率が高くなります。

水槽内には産卵床となる水草流木を配置しておきましょう。その状態で水換えの際の水量をいつもよりも多めにするなどして、水温や水質に変化を与えるとそれがトリガーとなり産卵します。

稚魚の世話

卵は数日でふ化し、稚魚が誕生します。ふ化した直後の稚魚は卵黄嚢の栄養で成長するので、この時期にエサを与える必要はありません。そこから数日たつと卵黄嚢の栄養を吸収し終え、泳げるまでに成長します。

餌を与えるのはこのタイミングです。オトシンクルスの稚魚は小さく、ブラインシュリンプでも捕食するには大きすぎるので、インフゾリアなどの微生物を用意してください。順調に成長すれば、数日でブラインシュリンプを捕食できるまでに大きくなります。

以降は、ブラインシュリンプに加えて植物質のエサも与えてください。植物質のエサとしては「アンブレラリーフマジックリーフ)」などがおすすめです。同時に、プレコ用などのタブレット状の人工飼料を細かく砕いて与え、餌付けを行っておくと後の管理が楽になります

まとめ・オトシンクルスの飼育方法について

オトシンクルスは南米が原産のナマズの仲間で、平たい魚体と吸盤状の口が特徴的な熱帯魚です。急変さえ避ければ水温と水質の許容範囲は広く、丈夫で飼育しやすいことから初心者でも安心して飼育できます。

植物食性が強いながらも水草を食害しないので、特に水草水槽でのコケ取り生体として大変に優秀です。水槽のコケに悩まされている方は、オトシンクルスを導入してみてはいかがでしょうか。

シェアする

フォローする