トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

淡水水槽に入れたい、透明な熱帯魚ベスト5!飼育方法までプロが徹底解説!

アクアショップやネットの通販サイト、YouTubeの動画などで体が透明な熱帯魚(グラスフィッシュを見たことがある、という人は多いのではないでしょうか。

ひと昔前は体が透明な熱帯魚は珍しがられていましたが、最近では流通量も安定している種類が多く、一般家庭でもよく目にするようになってきました。

透明な体の熱帯魚は1種類だけでなく、いくつかの種類が存在しますが、飼育難易度は初心者向けから上級者向けと幅が広いです。

水槽内のアクセントにもなる透明な熱帯魚を飼ってみたいという人に、今回は体が透明な熱帯魚を5種類ご紹介します。

透明な熱帯魚ベスト5をご紹介!

トランスルーセントグラスキャット 群れ

それではさっそく体が透明な熱帯魚をランキング形式で5種類ご紹介していきます。

今回紹介したもの意外にも体が透明に近い熱帯魚はいますので、ショップやネットで気に入ったものを探してみることをおすすめします。

ベスト1:トランスルーセントグラスキャット

(熱帯魚) トランスルーセント・グラスキャット(2匹) 本州・四国限定[生体]

トランスルーセントグラスキャット「トランスルーセント」は、半透明な」という意味があり、体の大部分が透明なので飼育が難しいと思われがちですが、比較的容易に飼育することができます

体調は約8cm~10cmと大き目で、寿命は約3年~5年で、水槽に導入直後は臆病になることが多いことと、群れる習性があることから複数で飼育したほうがよい熱帯魚です。

トランスルーセントグラスキャットはナマズの仲間の熱帯魚で、性格は温和なため他の熱帯魚やエビ・貝類などとの混泳は可能です。しかし口に入るサイズのものは食べてしまうので、稚魚や稚エビは別水槽で飼育する必要があります。

飼育するときの適温は20度~27度、水質は弱酸性~弱アルカリ性で餌は何でもよく食べてくれるので、主食を人工餌にして、おやつ程度に冷凍アカムシを与えると、栄養バランスが偏りにくくなります。

トランスルーセントグラスキャットは浮上性の餌よりも、沈降性の餌のほうが食べやすく夜行性なので、餌は夜ライトを消してから与えるとよいでしょう。

水質の変化に敏感な熱帯魚なので、水換えで急激に水質が変化しないよう気を付けましょう。

ベスト2:グラスハチェット

(熱帯魚) グラス・ハチェット(4匹) 本州・四国限定[生体]

グラスハチェットは体が透明というだけでなく、特徴的な体型も人目をひく熱帯魚です。ハチェットの中でも体が小さいために「ピグミー・ハチェット」と呼ばれていることもあります。

体調は約2.5cm、水温は23~25度あたりが適温とされており寿命は約3年~5年です。

一般的なハチェットと同様に飛び出し事故が多いため、水槽にフタが必須です。また水槽が揺れたり、強い水流が苦手なので落ち着いた環境でゆるやかな水流で育てる必要があります。

人工餌も食べてくれますが、水面に浮かんでいる餌のほうが食べやすいので、顆粒タイプやフレークタイプの浮上性のある餌や、乾燥アカムシ・ミジンコなどを与えましょう。

餌の食べ残しが気になるようでしたら、コリドラスやクーリーローチ、エビ類など水槽内の掃除屋的な生物との混泳をおすすめします。

グラスハチェットと同じくらいの大きさの小型でおとなしめな熱帯魚との混泳は可能です。

グラスハチェットは水槽内の環境に慣れるまでに「白点病」にかかりやすいので、新しい水槽に入れたときはしばらく水温を高めにして白点病予防を行いましょう。

比較的飼育が容易な熱帯魚なので、アクアリウム初心者でも飼育することができます。

ベスト3:セレベスレインボー

(熱帯魚)セレベス・レインボー(4匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

セレベスレインボーは透明な体にブルーのライン、ヒレのイエローがアクセントで爽やかさを感じさせる熱帯魚です。

オスは成長すると尻びれと背びれが長くなり、見ごたえのある姿になります。

体調は約6cmと大き目で、とてもよく水槽内を動き回り群泳する熱帯魚なので、最低でも45cm~60cmの水槽で飼育することをおすすめします。

飼育するときは、水槽からの飛び出し事故が起きやすい熱帯魚なので、必ずフタをしましょう。

新しい水を好む熱帯魚で高温に弱く24度~26度で飼育すると調子が良く、水質は中性に近いものを好み、酸性に傾き過ぎた水槽内では体調を崩してしまいます。

人工餌もよく食べてくれ冷凍アカムシやイトメなどの生餌も食べるので、餌やりに困ることはありません。

性格は大人しく、他の熱帯魚と混泳も可能で繁殖もしやすいです。セレベスレインボーは繁殖時に卵はばらまくので、産床としてウィローモスなどの水草を入れておきます。

卵は一週間ほどで孵化しますが、稚魚はとても小さいので最初の1週間はインフゾリア、その後ブラインシュリンプを与えるようにします。

ベスト4:グラスエンゼル

グラスエンゼル(約2cm)<10匹>[生体]

グラスエンゼルはインドやミャンマーなどに生息する熱帯魚で、薄い黄色みのある透明な体をしています。

体調は約5cm、中世~弱アルカリ性を好み、水温は22~26度くらいで飼育すると調子がよいようです。

水質変化には敏感なので、急激な水質悪化により体調を崩しやすい傾向にあるため、水換え時に気を付ける必要があるので、水質悪化対策で水槽内の掃除もこまめに行うことをおすすめします。

餌は冷凍アカムシやイトメなどの生餌を好んで食べ、比較的温和な性格ですが神経質な一面があるので、混泳を考えるのであれば相手もおとなしく温和な熱帯魚を選びましょう。

ベスト5:ロングフィングラスエンゼル

ロングフィングラスエンゼル

グラスエンゼルの仲間のロングフィングラスエンゼルは、尾びれと腹びれがとても長いのが特徴な熱帯魚です。

体の透明度がとても高く熱帯魚コレクターの中では人気がありますが、アクアリウム初心者には飼育難易度が高い熱帯魚となります。

寿命は2~3年、体長は約3cmと小さいですが、複数飼育するのであれば最低でも45cm以上の水槽でゆとりをもって飼育したいところです。

弱酸性の水質が一番合うようですが中性でも飼育は可能です。しかし急な水質の悪化や高温に弱く、病気にもかかりやすい傾向があります。

人工餌にはやや慣れにくい傾向があるので、餌は冷凍アカムシやブラインシュリンプを与えましょう。

水槽内を泳ぎ回るよりは、一か所でホバリングのような泳ぎをしていて、物陰に隠れやすい傾向がありますが、大人しいい熱帯魚や温和な熱帯魚との混泳が可能です。

体が透明な熱帯魚は体調の変化がわかりやすい?

カラーラージグラスフィッシュ 観賞魚図鑑#014(学名 Parambassis siamensis)

体が透明な熱帯魚は、体調を崩してしまったときには体の色が白く濁ってくることが多いです。そのまま放置していると、ヒレがかけたり、白点病にかかりやすくなります。

グラスフィッシュは全体的に白点病にかかりやすい傾向があるので、質の悪化や急変、熱帯魚へのストレスには十分に気を付けましょう。

淡水水槽に入れたい、透明な熱帯魚ベスト5!飼育方法までプロが徹底解説!まとめ

MVI 5347インディアングラスフィッシュ小競り合い

グラスフィッシュはとてもインパクトのある熱帯魚で、水槽内に入れるとアクセントになり、涼しげで爽やかな印象を与えてくれます。

群れる傾向があるものが多いので、飼育するときは大き目の水槽で複数飼育するとよいでしょう。

水質に敏感な種類が多く、体調を崩すとすぐに体が白濁りしてくるので、日頃からの水質管理はもちろん、水換えの時の水質の急変に気を付ける必要があります。

透明で体内まで透けて見えてしまう熱帯魚は独特の雰囲気があるので、人とは違う変わった熱帯魚を飼育したいという人に、体が透明なグラスフィッシュはおすすめです。