トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

冬の水槽は水温と水換えに注意!ヒーターなどで上手に水温管理対策をしよう!

冬の水槽は水温と水換えに注意!ヒーターなどで上手に水温管理対策をしよう!

気温が下がりつつある季節となって参りましたが、冬の水槽の温度管理の準備はおすみでしょうか?

冬は気温が極端に下がりやすく、熱帯魚水槽を始めとする、水温の急激な変化に弱い魚たちには、負担の多い季節となります。

今回は、冬の水槽の温度管理の注意点とあわせて、水槽用のヒーターの必要性などについてご説明させていただきたく存じます。

たとえば、大型水槽の場合は、1個のヒーターの設置よりも、半分の電力で済むヒーターを2個設置することで、ヒーターの故障時にも保険をかけることができます。

また、冬季のアクアリウム水槽の水換えにも注意が必要です。

飼育水と交換する水の温度は一定に保つ必要があります。水槽の熱帯魚は水温の急激な変化に弱く、水温差がありすぎるとショック症状が起きてしまうためです。

水温が下がりやすい冬季の水換えは、カルキ抜きした水道水にお湯を足して、水槽の水温との差がないように工夫することが必要です。

冬の水槽は水温と水換えに注意!ヒーターなどで上手に水温管理対策をしよう!

☆1年中温かいと思われがちな熱帯魚水槽にも弱点はあります。それは冬季の水温差です。

今回は、寒い冬時期に備えて、水換え時の注意点や、ヒーターの必要性について詳しくご紹介させていただきます。

冬の熱帯魚飼育!必ずヒーターを使用しよう!

春先から夏時期にかけては、水温が上がりやすく、ヒーターを使用しない水槽も多いと思います。(むしろ、水槽用のクーラーやファンを使用して、水温を下げる水槽も多いはずです。)

しかし、秋口から冬にかけては気温の下降とともに、水温も下がり始めます!

アクアリウム水槽においては、水温の下がりやすい冬季は、金魚水槽も熱帯魚水槽も、水槽用のヒーターを使用することが推奨されています。

急激な水温の低下は、温度差で、小さい熱帯魚ほどショック症状を起こしやすくなるためです。

ヒーターは消耗品!予備も準備しておこう!

水槽用のヒーターには寿命があり、メーカーの補償期間では、1~2年が交換の目安とされています。

それ以上の年数を使えたとしても、ヒーターの寿命は、ある日突然訪れるものです。

ただヒーターの機能が止まるだけであれば、早く飼い主側が気づいて交換できればさいわいな部類といえます。

ヒーターの故障に気づくのが遅れた場合は、水温低下により、熱帯魚や金魚に負担がかかり、場合によってはショック症状を起こして弱ってしまいます。

その他にも、ヒーターの温度感知器が壊れた場合には、温度上昇が止まらず、即、水槽の熱帯魚が全滅という悲劇を招きかねません。

水槽用のヒーターは消耗品ですので、その部分をふまえた上で、予備のヒーターを準備しておきましょう!

温度計も設置しておくと、ヒーターの故障にすぐ気づくことができます。

大型水槽はヒーターを複数設置しよう!

水槽用のヒーターには、水槽サイズに合わせた電力数が表示されています。

小型から中型の水槽は、水槽にあった電力のヒーターを設置しておけば、無理なく水温を一定に保つことができます。

大型水槽の場合は、水温を一定温度に保つために、ヒーターの稼働率があがり、故障の原因になることがあります。

水槽が大きくなればなるほど、水温の下がりやすい冬時期の水槽では、ヒーターの稼働率があがるため、1個のヒーターではなく、大型水槽には、半分の電力数のヒーターを2個設置するなどすると、片方のヒーターが壊れた時の代用にしやすくなります。

この場合、2個のヒーターの稼働時よりは時間がかかりますが、片方のヒーターで水温は徐々にあがっていくため、水温の低下は防ぐことができます。

ヒーターの節電方法!断熱材を上手に使おう!

冬季における熱帯魚水槽でのヒーターの使用は、通常よりも電力を消費します。

これは、水温がさがりやすいためなので、水槽や、外部フィルター、水槽に水を通すホースなどに断熱材を巻き付けることで、節電効果があがり、ヒーターの水温管理能力もアップします。

水換えの水は、水槽の飼育水と同じ温度で用意しよう!

☆金魚や熱帯魚を購入してきたときにおこなう水合わせの際に、水温を一定にするのは、もうご存知ですよね? これは、水温差によるショック症状をおさえるためです!

もちろんのことですが、アクアリウム水槽の水換えの際にも、水温をあわせることが重要です。

水槽と、新しい水の水温差を一定にすることで、熱帯魚の健康がたもたれます。

冬の水道水は冷たい!お湯を入れて温度を一定にしよう!

冬時期は、カルキ抜きをした水道水でも、水温は極端に下がっています。

このまま水換えをおこなうと、プラスマイナス2~3℃の水温変化は大丈夫と言われている金魚でも、ショック症状を起こし、転覆病などになってしまうことがあります。

さらに小型の熱帯魚の場合は、水温差によるショック症状を起こすと、そのまま弱って死んでしまう場合があります。

ポットで沸かしたお湯で構いませんので、お湯を入れて水槽の水温と差がないようにして、水換えをおこなうようにしてくださいね!

この場合も、やはり水温計があると便利です。

まとめ・冬の水槽は水温と水換えの注意!ヒーターなどで上手に水温管理対策をしましょう!

冬季に家に人のいる時間帯は、部屋に暖房を焚くことができますが、夜間などは特に冷え込みが増し、水槽の水温も急激にさがりやすくなります。

冬の水槽には、必ずヒーターを設置し、水換えの際は水温の差が無いように、お湯などを足して水温を一定にし、熱帯魚に負担がかからないようにしてあげてくださいね。

冬場はヒーターの稼働率があがり、故障しやすくなる時期でもあるので、予備のヒーターを準備し、メンテナンスを欠かさずおこなってください。

節電対策には、水槽や水を循環させる機器への断熱材が有効です。

秋深し…とはよく言ったものですが、その先の冬もすぐにやってきます。

万全の対策で、冬時期の水槽管理にのぞみましょう!

ちなみに、冬は水槽の水量が減りやすいので、都度足し水をするなどして対応するのがおススメです!

(↓)ヒーターに関する詳細記事はこちらになります。この記事とあわせてご参照くださいませ。

【関連記事】