トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

水草の根をしっかり張らせる方法!根腐れやカビ対策、根のカット方法

アクアリウムを美しく彩る水草、簡単そうに見えて案外隠れたコツがあるものです。

こちらのページでは、植物を育てるのに不可欠な「根」について説明します。

水草は魚と比較し、ダメージを受けるスピードが遅いため植栽当初は美しいのですが徐々に弱っていく傾向があります。

その対策として、水草の根をしっかりと張らせるちょっとしたコツ根腐れやカビを防ぐ方法、上手な根のカット方法など、様々な角度から水草をイキイキと育てるポイントを紹介していきます。

こちらのページを参考にして、美しい水草水槽を実現してください!

水草にとっての「根」の大切さ

肥料分を吸収する窓口

水草は植物ですから、普通の植物と同じで根から肥料分を吸収します。

植物は葉で光合成を行いますね。それがいわゆる「主食」のようなものです。でも私たち人間も主食だけでは健康に生活できないのと同じで、植物も「おかず」に当たる肥料を吸収する必要があります。

ですから水草にとって根はとても大切な器官です。

健康に保つことで病気を防ぐ

光合成をしっかり行わせることはもちろん、肥料を根から十分に吸収することで水草は健康に生育します。

植物も人間と同じで、健康な状態であれば病気にかかりづらい・カビなどに冒されにくいと言えます。根をしっかり張らせて、健康な水草を育てましょう。

水草の根をしっかり張らせたいなら

水草の根の大切さをわかっていただけたところで、ではどうしたら根をしっかり張らせることができるかについて説明します。

それぞれの水草の特徴・好みを知ろう

水草は全部同じように見えて、少しずつ好みが違います。水草の好みを知り、その環境を整えてやることがとても大切です。

では「水草の好み」とはどんなことがあげられるでしょうか。

その1:底床の粒サイズ

植物は土や砂の中に根を張っていきます。これは水草といえども同じです。

そのとき、目が非常に細かい粘土質の土だと、粒が細かすぎて根を伸ばす隙間がありません。水草がよく根を伸ばせるのは「ソイル」と呼ばれる底床です。

適度な隙間のあるソイルだと水草の根張りが良くなるだけではなく、バクテリアの棲家になりますし、ソイルにあらかじめ肥料分が添加されているものもあります。

ソイルは細かな粘土を焼き固めてつぶつぶにしたものなので、年を経るに従いつぶが砕ける場合がありますので、様子を見て交換することも必要になります。

その2:水草の好む水質

熱帯魚たちは好む水質が異なるということは知っていますか?

基本的に熱帯魚も水草も、原産地に近い環境を好みます。ですから水槽に導入した水草の原産地に近い水質を保ってやることで水草の活性が良くなり、根張りも良くなります。

水草の多くはpH6.2~6.8の弱酸性を好みます。

その3:水草の求める光量

水草は植物の一種ですから光合成をして生育します。

水草によって求める光量は異なり、強い光がないと生育できないものや、弱い光でも十分生育できるものなど、様々です。

ご自分の水槽に導入したい水草の好みの光の量を知って、調節してあげましょう。

例としては

  • 強い光が必要な水草:ロタラ ホシクサ 赤い色の水草
  • 弱い光でも生育する水草:ウィローモス ミクロソリウム ハイグロフィア アヌビアス・ナナ

その4:CO2添加必要が有りか無しか

光合成を行うにあたり、光と同じくらい大切なのがCO2(二酸化炭素)です。

このCO2の量も必要とする量が水草によって異なります。

普通に植えれば十分育つ水草もありますし、CO2を人工的に添加してやらないと生育できない水草もあります。水槽にある水草のタイプを調べておき、必要であればCO2を添加しましょう。

その5:水草の求める水温

水草によって求める水温も異なります。

水質の項でも述べたとおり、原産地に近い水温が水草の好みとなります。寒い場所で育ってきた水草であればあまりの高温には耐えられないかもしれません

  • 高温に耐える水草 ウォーターウィステリア アヌビアス・ナナ クリプトコリネなど
  • 高温に耐えられない水草 ロタラ ミクロソリウム

高温に耐えられない水草を植えている場合は、夏場は何らか法で水温をの方下げてやる必要があります。

その6:有茎草はピンセットで植栽

水草はいくつかのタイプに分類できますが、「有茎草」と呼ばれるタイプは根をピンセットでしっかりと植えてやる必要があります。

植え方が浅いと水草があとから浮く原因となります。浮いてしまっては根を張ることはできませんね。

根、もしくは根が生えてくる部分がしっかり土の中に埋まっていることが必要になりますので、ピンセットを使って確実に植え込みましょう。

根腐れやカビを防止するには

せっかく植えた水草があとになって腐ってきた…こんな悲しい結果を避けるために、あらかじめできることを紹介します。

どういった場合に根腐れ・カビが起こるのか

根腐れの原因と対策は以下のようなものがあげられます。

古い根を処理しないで植えた

購入した水草の根を処理しないでそのまま植えると、古い根が腐ってくることがあります。古い根は茶色や黒に変色しているため見ればすぐにわかります。健康な新しい根は白~うすい黄色です。変色している根はきちんと切り取ってから植えつけるようにしましょう。

根を巻いていた素材を除去しなかった

購入した水草の根はスポンジや綿などが巻いてあります。これを植えつける前にきちんと除去しないとそこから腐ることがあるので気をつけましょう。

葉をカットせず一緒に植えた

土に埋まってしまう部分の葉は、土に植えても腐るだけです。茎や根だけが土の中に埋まるように葉はあらかじめキレイにカットしておきましょう。

そういった葉が腐ったりカビたりすることで水質の悪化にもつながりますので注意しましょう。

水草の根をカットしたい!気をつけることは

購入した水草の根が長すぎて植えづらい、大きく育った水草を植え替えたいが根を処理したいという場合の、根の処理について説明します。

切り過ぎない

上で説明したとおり、根は植物にとって肥料の供給になくてはならないものですから、切り過ぎに注意しましょう。少なくとも4センチほどは残したいところです。

(ただし根が腐っている場合はその限りではありません)

また根には植物を固定するという役割もありますので、短くしすぎると植えてもすぐに浮いてきてしまいます。

切れ味のよい刃物でカットする

水草の根をカットするということは水草にとって傷を与えるいうことです。

人間もスパッと切れた傷のほうが治りが早いですね。水草も同じですから、よく切れる刃物でカットしてやりましょう。手でちぎるなどは厳禁です!

まとめ:水草の根をしっかり張らせて病気やカビから守ろう

水草にとって根はとても大切な器官であることがわかっていただけたと思います。

根をしっかり張らせるには水草全体の健康状態も重要なポイントですので、水草の好みを知り、環境を整えて根を十分に張ってもらえるように工夫しましょう。

美しい水草水槽を維持するのは大変ですが、水草はお世話にきっと応えてくれます。しっかり管理してやりましょう!