トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

肉食魚を人工餌に慣れさせるコツ!おすすめの人工餌もご紹介します

熱帯魚を飼育するうえで欠かせないのが「」。熱帯魚によって好む餌は異なりますが、できれば人工餌を食べてもらいたいものです。

ですが人工餌に慣れていない熱帯魚は人工餌を拒否することがあります。できれば食べてもらいたいのに…!

こちらのページでは、肉食魚を人工餌に慣れさせるコツ、人工餌のメリット、おすすめの人工餌などをご紹介します。

魚たちの健康のためにも人工餌は非常に優秀ですので、ぜひ魚たちにおいしく食べてもらえるよう、うまく工夫してみませんか?

人工餌のメリットは

肉食魚にできれば人工餌を食べさせたい理由は、人工餌にはメリットがたくさんあるからです。

栄養バランスに優れている

人工餌は、魚を健康に育てるための成分として、ミネラルやビタミンがたっぷり配合されています。天然の生餌では得られないメリットですね。それ以外にも、色がよくなる成分が配合されている場合もあります。

保存性が高い

生餌(いきえ)は冷凍されているものも多いですが、冷凍されているとはいっても消費期限があり、人工餌に比べて短い場合が多いです。

冷凍されてないものは、もっと保存期間は短くなってしまいます。

保存が簡単

生餌の場合は保存場所に困る場合があります。

一人暮らしであればいいかもしれませんが、家族の方と一緒にお住いの場合、冷凍アカムシを家庭の冷凍庫に保存することを反対されたという話も耳にします。

人工餌であれば、冷暗所にポンと置いておくだけでOKです。

購入が比較的容易

保存性の高さから、人工餌のほうが購入が容易です。

アクアショップがたくさんある都市部にお住まいであれば生餌を購入することも簡単かもしれませんが、地方在住でアクアショップまで遠い場合や、仕事が忙しいのでなかなかショップに出向けないのでネット通販で餌を購入したいという人には人工餌が購入しやすいですね。

人工餌に慣れさせるコツ

人工餌に慣れさせるコツはいくつかあります。一つずつ試してみてください。

最初が肝心:初めから人工餌を

基本は、水槽に導入したときに最初から人工餌を与えることです。

すんなり食べてくれればもちろん一安心、普段の餌は人工餌にして一か月に1~2回程度、オヤツのような感覚で生餌を与えるイメージで大丈夫です。

ですが食べてくれない個体も多いもの。そういった場合は下で紹介するような方法を試してみましょう。

数日の絶食期間を設ける

一番効果的なのは、お腹の空いた状態を作ってやる…つまり「絶食期間を設ける」ことです。

この絶食期間は魚によって異なりますが、3日程度餌を与えない状態を保てばいいでしょう。

「絶食させたら死んでしまうのではないか」と心配になるかもしれませんが、3日程度であれば問題はありません。念のため魚の様子をみながら行ってください。

お腹を極端に減らした状態であれば、人工餌でも食べてくれる確率は高まります。絶食の結果、食べてくれたら3週間ほどは人工餌だけで飼育してください。人工餌を食べてくれた!と油断して生餌を与えると、また人工餌を食べてくれなくなってしまいます。

絶食に関して注意してもらいたいことは、「絶食は魚にとってストレスだ」ということです。ストレスがたまった魚は、ケンカをしやすくなったり、強い個体が弱い個体を追いかけ回してつつくなどの状態を作り出すことがあります。

それが原因で死んでしまうこともありますので、よく観察して行いましょう。

人工餌を食べる魚と混泳させる

そもそも人工餌を初めて目にした魚はそれが餌であることがわからない場合もあります。

そういった時は、人工餌を食べる魚と一緒にしてやり、人工餌を食べるお手本を見られる状態にすると人工餌は食べられると認識してくれる場合もあります。

オススメの人工餌

こちらの項では、オススメの人工餌を紹介しておきます。

ひかりクレストカーニバル

ヒカリ (Hikari) ひかりクレスト カーニバル 53g

こちらが一般的な肉食魚にオススメの人工餌です。

各種ビタミンやミネラル(Fe,Mg,Zn,Mn,Cu,I)が強化されており、熱帯魚の健康を維持するのに役立ちます。また、肉食魚が好んで食べてくれるように、見た目や匂いも工夫されています。

カロチノイド色素も配合されているので、美しい色揚げも期待できる人工餌です。

1日2回程度与えましょう。食べ残すようであれば量を減らし、食べ残しはできるだけ回収します。

クリル

テトラ (Tetra) クリル-E 100g

こちらは天然のオキアミ(小さなエビの仲間)を凍結乾燥させたものです。いわゆるフリーズドライなので美味しさを損なっておらず、肉食魚たちが食べてくれやすい人工餌の一つです。

天然のたんぱく質、脂質などを豊富に含んでおり、色揚げにも効果があります。

人工的にビタミンEが配合されており、病気に対する抵抗性を高めることができます。

天然のオキアミですのでサイズに大小があります。飼育する魚の口のサイズに合わせて砕いたりする工夫をしてあげましょう。

食いつきは非常に良く、評判のいい餌です。

ひかりクレストキャット

「キョーリン ひかりクレスト キャット 295g 」 3個セット

こちらは上で紹介した「クレストカーニバル」の姉妹品で、水槽の底にいる熱帯魚たち向けの人工餌です。

ナマズなど、底面で暮らす魚たちを骨格からしっかり育てることができる餌で、成長促進効果のあるビタミンB1や、各種ミネラル(Fe,Mg,Zn,Mn,Cu,I)を手軽に与えることができます。

餌は5~6ミリくらいのサイズで、やわらかいけれど水に入れても崩れにくいのが特徴です。水を汚さずに済みそうなところがありがたいですね。

まとめ:人工餌を食べてもらえるように工夫をしよう

アロワナのエサを徹底比較!生きエサ?人工餌?飼育に最適のエサを紹介!

人工餌は栄養豊富・手に入れやすい・保存も楽とよいことづくめの餌です。

魚の健康のためにも、人工餌を食べてもらえるように上手にしつけをしてください!

水槽のプロ トロピカライターの高井です。
アクアリウム全般が好きで、現在はアベニーパファーのトリコ。
ピンセットでアベニーにアカムシを食べさせるのが日々の癒しです。