トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

出目金の飼育方法!飼育のポイントや注意点、大きく健康に育てるコツとは

出目金は目が魚体から飛び出た独特の姿が特徴の金魚の1種です。

出目金は他の金魚と同様に、水温や水質への適応力が高いので、アクアリウムの入門種としてもおすすめです。可愛らしい見た目と愛嬌もあり、とっつきやすい魚と言えるでしょう。ただ、飛び出た目が傷つきやすいので、水槽内のレイアウトや取り扱いにはやや注意が必要です。
ここでは、出目金の特徴や飼育方法、大きく育てるためのコツ、飼育上の注意点などをご紹介します。

出目金とはどのような魚か?

特徴

出目金は琉金から派生した金魚の1種です。基本的な体形は琉金と同じく、小さな頭部を持ち丸みを帯びた体をしており、腹部は左右に張り出しています。

最大の特徴は名前の通り、魚体から大きく飛び出た目にあり、日本で認知されたのは明治時代に中国から輸入されたことがきっかけと言われています。

体長は15~20cmほどに達し、体色は当初は赤色になる品種しかいませんでしたが、その後の品種改良により全身が黒色になる品種や、錦鯉のように白色・赤色・黒色の3色に発色する品種が作出されました。

出目金の値段は主に大きさで決まり、体長5~8cmほどの個体で500円前後体長10cmほどに達すると5000円前後の値が付くこともあります。

寿命

出目金の寿命は平均すると5~6年程度です。しかし、飼育環境に大きく左右されることは言うまでもなく、病気などに気を付けて上手に飼育できた場合は、10年以上生きた個体もいるようです。

いずれにしても、観賞魚としては長い寿命を持つので、最後まで面倒を見切れるかよく考えたうえで飼育してください。

種類

赤出目金

金魚 赤出目金 1匹 [生体]

琉金の突然変異種の固定化に成功した最初の出目金で、最もポピュラーな品種でもあります。名前の通り体色は全身が赤色になりますが、幼魚の頃は色が薄くて赤色の発色が良くなるのは3歳以降です。

黒出目金

(国産金魚) 出目金(デメキン) 黒(1匹) 本州・四国限定[生体]

赤出目金を基に作出された出目金で、その名の通り体色は全身が黒色に染まります。黒色が強く出ているものほど良いとされ、色落ちしたり赤色が出てしまうと観賞価値が下がってしまいます。現在では赤出目金と並ぶポピュラーな品種です。

三色出目金

(国産金魚)出目金(デメキン)キャリコ(1匹)

三色出目金は錦鯉のように白色、黒色、赤色の3色の体色を持っており、黒出目金と同様に赤出目金の突然変異から作出されました。3色がまだら模様になっているので、キャリコと呼ぶこともあります。

出目金の飼育に必要な器具類

出目金を飼育するために必要になる主な器具類を以下に示します。

・水槽

・フィルター

・エアレーション

・照明

・ヒーター

・餌

・カルキ抜き剤

この中で特に注意が必要なものを次で説明します。

水槽

ジェックス マリーナ BK 450

出目金は体長15~20cm程度にまで成長するので、水槽は少なくとも45cm以上のものが必要です。出目金をはじめとする金魚類は大食漢で意外と水を汚すので、水量を確保できる大きい水槽の方が管理が楽になります。

また、金魚の場合は1匹に対して水10Lが必要と言われているので、45cmの規格水槽で安全に飼育できる数は3匹、60cm水槽で6匹が目安です。

フィルター

寿工芸 トリプルボックス450

出目金は前述の通り水を汚しやすい魚種なので、フィルターはろ過能力に優れた形式を導入してください。候補としては上部式外部式が挙げられます。

上部式は安価でメンテナンス性に優れますが、水槽の上部スペースを専有するため目立ちます。構造上、落水音を抑えにくいので静音性では外部フィルターに及ばないです。

外部式は静音性に優れ、水槽に設置スペースを必要としないので見栄えも良いですが、高価で別途に設置場所が必要になる点と、飼育水の溶存酸素量に注意してください。

金魚は、酸素を多く必要とする魚です。外部フィルターは密閉式のため、酸素を供給しにくいです。

外部フィルターを使用する場合は、給水のシャワーパイプを高めの位置につけて水面を波立たせたり、別途、エアレーションをするようにしましょう。

出目金の飼育方法

水温・水質

出目金の飼育ができる水温は10~28℃程度です。急激な変化さえ避ければ幅広い水温に適応できますが、水温が低くなりすぎると冬眠を試みます。

冬眠はグリーンウォーターなどの準備ができていなければ失敗して死亡する恐れがあるので、屋内で飼育するのであれば年間を通して20~28℃前後に保温することをおすすめします。

水質に関しては中性付近を保てば問題ありません。特に、日本でブリードされた個体は日本の水道水に適応しているので、極端に酸性あるいはアルカリ性に偏らなければ大丈夫です。

ジェックス 金魚元気 プロバイオフード色揚げ220g 善玉菌&天然色揚げ成分配合 浮上性顆粒タイプ

出目金は金魚用に市販されている人工飼料だけでも十分に飼育が可能です。与え方としては1日に1~2回、5分程度で食べきれるだけの分量を与えます。

出目金を含む金魚は胃を持たず、満腹中枢もないので餌を与えると与えただけ食べてしまいます。餌を与えすぎると消化不良を起こしたり、肥満体になって健康を害するので注意してください。

水槽レイアウト

出目金は品種改良の結果、遊泳が苦手になってしまいました。よって、あまりに強い水流が生じてしまうと体力を消耗して衰弱してしまうので、フィルターの排水やエアレーションの配置には注意してください。

また、飛び出た目は何かにぶつけると簡単に傷ついてしまうので、水槽内のレイアウトはなるべくシンプルにまとめ、尖ったものなどを配置するのは避けましょう

底床材に関しては出目金のみを飼育するのであれば必要ありません。しかし、ドジョウなどの底棲魚と混泳させたい場合は導入する必要があり、底床材を入れると掃除が煩わしくなる点には留意してください。

混泳について

観賞魚との混泳

出目金は泳ぎが下手で飛び出た目が傷つきやすいので、あまり混泳には向かない魚種です。混泳相性が良い観賞魚としては、メダカなどの温厚な小型魚や同じ金魚類のピンポンパールなどの遊泳性が低い品種ドジョウなどの遊泳層が重ならない魚種などが挙げられます。

一方で、金魚類でもコメットのような遊泳性が高い種類は、ぶつかって目を傷つける恐れがあるので、混泳には向きません。言うまでもなく、出目金を攻撃してくるような気性が荒い魚種との混泳もできません

観賞魚以外との混泳

観賞魚以外の生物だとエビや水草が挙げられます。エビに関しては出目金の好物なので、混泳させるには隠れられる場所を多く作る必要があります。隠れ家に関しては、出目金の遊泳の邪魔にならない底部に、シェルターなどを設置すると良いでしょう。

水草に関しては出目金は植物質のものも食べるので食害にあいやすく、食害対策に葉が硬い水草を導入するとヒレや目を傷つける恐れがあります。そのため、水草と混泳させたい場合は出目金のおやつになることを前提に、ホテイアオイなどの浮き草マツモなどを入れると良いでしょう。

メンテナンスについて

水作 プロホース エクストラ Mサイズ

出目金の飼育におけるメンテナンスの内容は、他の観賞魚と同様に水換え水槽ならびに周辺機器の掃除です。水換えは1~2週間に1回程度を目安に行い、水槽全体の水量の1/3程度の量を換えるようにし、一度に全て変えることは避けてください。

全ての水を交換すると水質が急変してpHショックを起こし、最悪の場合は死亡する可能性があるので注意してください。

水換えの際は底床材を入れてなくても「底砂クリーナー」があると、底に溜まった排せつ物の掃除が同時にできるので便利です。代表的な商品に「水作 プロホース」があるので用意しておくことをおすすめします。

出目金を大きく育てるためのコツ

余裕がある水槽で飼育する

出目金の成長と水槽の大きさには密接な関係があります。出目金を含む観賞魚は、小さな水槽で飼育すると成長が抑制されることが分かっています。

また、別の個体と頻繁にぶつかりそうな過密状態でも、成長が鈍化してしまいます。そのため、出目金を大きくしたいのであれば、なるべく大きな水槽で、個体数を抑えて飼育することが必要です。

また、余裕がある水槽=水量が多い=水中の酸素量が多い状態です。溶存酸素量は生体の成長に大きな影響を与えます

ろ過フィルターとは別に、エアレーションをしっかりかけてやることで、成長を促すことができます。大きく育てたい場合は是非、導入しましょう。

栄養価の高い餌を小まめに与える

キョーリン UV赤虫 6枚セット (冷凍)

出目金の成長にとって餌は重要で、人工飼料でも飼育自体には問題ありませんが、大きく育てたい場合はより栄養価の高い餌が必要です。栄養価が高い餌としては冷凍アカムシなどの生餌があり、総合栄養食である人工飼料と生餌をバランスよく与えることで、より大きく成長することが望めます。

それから、餌の与え方も重要で1回の給餌量を多くするのではなく、少量を小まめに与えることで餌の消化吸収を促進し、大きく成長させることが可能です。ただ単に給餌量を多くすると、消化不良を起こしやすくなるので注意してください。

水質の管理はしっかりと

テトラ (Tetra) テスト 6 in 1 試験紙

出目金の成長にとってストレスは大敵です。不適切な水質では出目金がストレスを受けてしまい、大きく成長することは望めないので、出目金水槽の飼育環境の管理はしっかりと行いましょう。

最近では、個人でも簡単に水質を調べられるアクアリウム用の検査キットも市販されているので、定期的に飼育水の水質をチェックしておくと良いでしょう。

出目金の飼育における注意点

病気

観賞魚の飼育に病気はつきものですが、それは出目金の飼育においても同様です。出目金がかかりやすい病気としては、「白点病」や「尾ぐされ病」などが挙げられます。これらの病気の病原体は水中に常在しているため、金魚の免疫力が正常であれば発症しません。

しかし、水質の悪化などの原因で、ストレスを感じて免疫力が低下したり病原体が異常増殖すると、発症するリスクが高くなるので注意してください。万一、病気にかかってしまった場合は、塩水浴や薬浴などを行って治療してください。

色落ち

色落ちは特に黒出目金に多く、原因は色素不足です。出目金も私たち人間と同様に、紫外線から体を守るために色素を作っています。私たちが紫外線を浴びなければ日焼けしないのと同様に、出目金も飼育下で紫外線にさらされる機会が減ると色素も減少し、色落ちという症状として現れます。

そのため、黒出目金の色が落ちてきた場合は、照明の点灯時間を長くするか、紫外領域の光の波長が強化されている照明に交換すると良いでしょう。ただし、出目金を含む観賞魚にとって適した照明時間は8~12時間と言われており、これより短くても長くても調子を崩してしまいます。

また、照明時間を長くすると水槽の厄介者である、コケの成長も促してしまうことには注意してください。

まとめ・出目金の飼育方法と大きく育るためのコツ、飼育上の注意点について

出目金は魚体から大きく飛び出た目を持ち、遊泳性が低いことも影響して目やヒレを傷つけやすく、そこから細菌感染を起こして病気になることがあります。そのため、飼育の際にはスペースに余裕がある水槽を用い、混泳魚とレイアウトに注意しなければなりません。

注意点さえ理解していれば、環境への適応力が高いので飼育しやすい魚種と言えます。ずんぐりとした体形で長いヒレをひるがえしながら泳ぐ様子は可愛らしくもあり美しくもあるので、ぜひ出目金の飼育に挑戦してみてください。

水槽のプロ トロピカライターの上原巧です。
魚介類は観賞するのも食べることも好きです。
情報を発信する立場として、正確な情報を分かりやすい文章でお伝えすることを心がけています。
私の記事が皆様のお役に立てれば幸いです。