トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

プロも絶賛!エーハイム2217を解説!90cmからの水槽におすすめ!

90センチ水槽のろ過設備を選ぶ際は、ろ過器の選択肢に悩むところです。

ワンランク下の60センチ水槽と比較すると、ろ過器の大きさ、場合によっては複数台設置する必要が出てくるのも90センチ水槽サイズからです。

そんないろいろ選択肢がある中でわたしがおすすめなのは、エーハイム2217と呼ばれる外部式フィルターです。

エーハイム2217の外部式フィルターは、90センチ水槽~150センチ水槽に最適なろ過容量となっているため、これ1台設置すれば一般的な水草水槽程度なら問題なく管理ができます。

わたしが、いろいろなろ過器がある中で、なぜエーハイム2217の外部ろ過フィルターをおすすめするのか。

ここでは、エーハイム2217を選ぶそのトータルバランスのメリットについて、徹底解説していきます。

メーカーとしての信頼性が高い

外部フィルターナンバーワンブランドという地位を確立していること、2217外部フィルターを使用して素敵な水槽を運用管理しているユーザーやプロがとても多いこと、そして故障などのトラブルが少なく適合水槽サイズも広いことが人気の秘訣と言えます。

故障などトラブルリスクを抑える

水槽サイズが中型~大型水槽サイズとなると、ろ過器の価格もそれなりとなるため信頼性の高いろ過器を選ぶことが今後のランニングコストに深く関わってきます。

また、水漏れに直結する可能性を少しでも軽減するために信頼性の高い外部フィルターを選択することも必要です。

このサイズの水槽で水漏れを起こせば、一大事になりかねません。

このような観点から、わたしはエーハイムシリーズを選択するようにしています。

静音性が高い

エーハイムの外部フィルターシリーズはどれも静音性に優れており、リビングに置いて作動させていても作動音は気になりません。これはエーハイム2217フィルターも同様です。

いままで、エーハイム2217フィルターを使用していくつものお客様へ設置してきましたが音が気になるから困るとマイナスの指摘受けたことは一度もありません。

それよりも、ろ過器動かしているのですか?と、作動音の静音性に驚かれるくらいです。

中堅水槽サイズ以上ともなると。ろ過器も大型になるため音の発生も大きくなるところですが、エーハイムはここらへんも超一流ですからさすがだと感心してしまいます。

消耗品交換パーツが豊富

プロからアマチュアまで、エーハイムを10年以上継続して使用しているユーザーが数多く存在します。

それも、この消耗品交換パーツが専門店に行けば大抵揃っていて交換がすぐにできる利便性の良さもあるからです。

わたしがとくに使用して良く出来ているなと感心するのは、通称Oリングと呼ばれるゴムパッキンとモーターの動力を伝えるインペラです。

Oリング(ゴムパッキン)

エーハイム フィルターケースOリング 2217用

どの外部フィルターにも、分解可能な場所には水漏れ防止の目的でゴムパッキンが付いています。

わたしの使用経験から申し上げると、エーハイム社のゴムパッキンは他メーカーの外部フィルターと比較し耐久性が高いです。

他メーカーは、何度か本体を外して分解掃除するとゴムパッキンにヒビが見られたり、場合によっては取れてしまうと伸びっぱなしになって再利用することが困難です。

しかし、エーハイムのゴムパッキンは3か月に1度分解清掃しても、1年以内にヒビ割れするケースは経験上起こったことはありません。

インペラ

エーハイム インペラー 50Hz 2217用

経験上、インペラもゴムパッキンと同じで、他メーカーと比較すると耐久性が高いです。

他メーカーのインペラは、分解掃除する際に少し力を加えすぎると破損するトラブルが現実起こりました。

しかし、エーハイム社のインペラは余程無理な力を加えない限り破損トラブルが発生したことがありません。

また、経年劣化によりインペラの胴体部分の金属部が削れますが、エーハイム社はこの金属の摩耗スピードが遅いと感じます。その結果、インペラの交換スパンも長くなります。

その他交換パーツ

エーハイム 2217専用 粗目フィルターパッド 2枚入

消耗品交換パーツが細かく商品化されており、ここだけ交換すれば使えると判断したパーツがピンポイントで購入できることが大変素晴らしいメリットです。

予期せぬトラブルがあった場合、または、あらかじめ故障している箇所を特定した場合に、その判断に従い購入し交換すれば解決できることがほとんどです。

また、エーハイム社の外部フィルターは専門店に行けば大抵の消耗品交換パーツが置いてあること、ショップ店員の使用者も多いことから、トラブル時に交換する箇所のアドバイスに対し、的確な回答を受けやすいこともメリットです。

他にも改良できる点もメリットです。

例えば、途中で水流の強弱や方向を調整したい場合、交換パーツを追加し組み合わせれば簡単に変更、改良できる点もエーハイム社のメリットです。

使用方法・管理が簡単

エーハイム2217を含めたエーハイムクラシックフィルターは数ある外部フィルターの中で、最も設置が簡単な外部フィルターの一つです。

説明書を見れば細かく丁寧に説明が記載書されており、説明書に従い設置すればはじめての方でも問題なく運用することができます。

なお、エーハイムクラシックフィルター最大の売りはダブルタップにあります。

ダブルタップが非常に便利なので、エーハイムクラシックフィルターを選ぶ方も非常に多いです。数カ月に一度の分解清掃をすることは、外部フィルターに慣れてない方がするにはなかなかハードルが高い作業となります。

しかし、ダブルタップがあるおかげで、電源を止めてからダブルタップをひねり水流を止めてから外せば、簡単に本体を分離して清掃できます。

さらに、エーハイム2217フィルターは、水の排水口の径が給水口より一回り狭い径ということもあり、水流が強力です。

120センチ水槽なら、水槽用クーラーに接続しても問題なく管理できます。

このあたりの工夫もわたしが気に入っているポイントです。

費用対効果が高い

エーハイム クラシックフィルター2217-NEW 50HZ

販売先によりますが、20,000円程度で購入できます。

20,000円と聞けば、時間をかけて検討してしまう方もいるでしょうが、結論から言えば90センチ水槽でエーハイム2217より最適な外部フィルターはありません。

何より、クーラーと接続することもできること、200リットル近い水槽水量をろ過するのに、エーハイム2217が1台あれば運用できてしまうからです。

前述でも申し上げましたが、プロやアマチュアと世界中で多くのアクアリストが使用していることが何よりの証拠ですが、これ以上良い外部フィルターは存在しません。

まとめ: エーハイム2217を解説! 90cmからの水槽におすすめ!プロも絶賛!

いかがでしたか。

90センチ水槽には、エーハイム2217の外部フィルターがおすすめであり、ユーザー数が多い理由がお分かりいただけましたでしょうか。

今まで、外部フィルターだけでなく数多くのろ過器で90センチ水槽を運用しました。

しかし、90センチ水槽、とくに水草水槽を含めた淡水水槽を運用するにあたり、エーハイム2217より優れたろ過器は見当たりません。

ろ過容量の大きさ、水流の強さ、消耗品交換パーツがすぐに手に入る、何よりも高品質なので安心して使用できること。

これに勝る90センチ水槽に適合するろ過器をわたしは知りません。

これから、90センチ水槽のろ過フィルターを選ぶ場合は、エーハイム2217の外部フィルターを選ぶことをおすすめします。

熱帯魚業界歴もうすぐ20年!
海水やアクアテラリウムなど、さまざまな水槽を担当してるアクアリストです。
よろしくお願いいたします!

※コメントは承認後に表示されます