トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

プロが教える!薄型のスリム水槽でもカッコよくレイアウトするテクニック

水槽設置スペースの関係からスリム水槽を選ぶ人がいますが、奥行きや高さが通常の水槽よりも短いため、水槽レイアウトに悩む人が多いようです。狭い場所に設置できるという大きなメリットはありますが、金魚や熱帯魚などの生物に合わせたカッコいい水槽レイアウトを作るには、ちょっとしたコツが必要になってきます。

今回はスリム水槽とはどんな特徴があるかやメリット、そしてカッコいい水槽レイアウトを作るためのポイントなどについてお話していきます。

スリム水槽とはどんな特徴のある水槽なのか?

ジェックス グラステリアスリム600 6点セット水槽 奥行スリム

スリム水槽とは、一般の水槽よりも幅と高さが短い水槽です。

GEXのグラステリアシリーズで通常サイズの水槽とスリム水槽のサイズや水量を一覧表にしてみました。

水槽サイズ グラステリア グラステリアスリム
45cm 高さ30cm×幅45cm×奥行き30cm/35L 高さ22cm×幅45cm×奥行き20cm/17L
60cm 高さ36cm×幅60cm×奥行き30cm/57L 高さ25cm×幅60cm×奥行き20cm/26L
90cm 高さ45cm×幅90cm×奥行き45cm/157L 高さ30cm×幅90cm×奥行き22cm/54L

グラステリアシリーズは90cmまでしかスリム水槽がないようですが、他メーカー商品などでは120cmサイズもあります。また東京アクアガーデンのようなオーダーメイド水槽の作成を受け付けている会社では、120cmなどの大型のスリム水槽の制作を頼むことができます。

スリム水槽のメリットとデメリット

スリム水槽は一般の水槽と比較すると、奥行きや高さがないので水槽を設置する場所の奥行きや高さがないという場所でも設置しやすいです。

また水量が少なくてすむため、水や底砂などを入れてセッティングした際の重さが一般の水槽よりも軽くなるというメリットがあります。

水槽の重量に関してはこちらの記事で自動計算機能がありますので、気になる人は計算してみてはいかがでしょうか。

デメリットは、水槽の水量が少ないために一般の水槽よりも熱帯魚の数が少なくなってしまうというのがまずひとつ。そして水量が少ないため、室温などの外気温の影響を受けやすいというものもあります。

また水量が少ないという特徴から、外掛けフィルターがセットで販売されていることがあります。しかしセットで付属している外掛け式フィルターだけだと水質が安定しにくいという点もデメリットといえるでしょう。

そして今回の本題である水槽レイアウトでも、高さのあるレイアウトを作ることができない・水槽内が狭くみえてしまいがちというデメリットがあります。大きな流木や石、大型の水草を使用するレイアウトを作りにくいので、自分が思っていた手の込んだレイアウトが作りにくいという人は多いようです。

スリム水槽でカッコイイレイアウトを作るコツとは?

高さや奥行きのないスリム水槽でカッコいい水槽レイアウトを行うには、以下の3つのポイントを抑えておく必要があります。

背の高い場所を作る

スリム水槽は高さがないために、背丈の高い水草をさけてしまいがちです。しかし見栄えが良くカッコいい水槽レイアウトを作るためには、水槽内に高さのある場所を作るのがポイントです。

例えば、水草をメインにする水槽レイアウトでは、バリスネアのような草丈が高く、シュッとした水草を植え込むことで、圧迫感を控えめにしつつ、ボリュームをしっかりと出すことができるようになります。

空間を広く設ける

スリム水槽のような薄型の水槽レイアウトでは、圧迫感が出やすいという特徴があります。そのため、水草などを植え込む場合でも、水槽内に何も置かない場所を作り出すことで、圧迫感を抑えることができます。

基本的には水槽一面に水草やレイアウト用の小物・流木・石などを置くのではなく、適度に空間のあるシンプルなレイアウトにすることで、見栄えがよくなります。

濃い色のバックスクリーンを貼らない

スリム水槽は奥行きが短いという特徴がありますが、これが逆に水槽レイアウトでデメリットになってしまうことがあります

水槽の背面に青や黒といった色の濃いバックスクリーンを貼ることがありますが、スリム水槽では濃い色のバックシートだと奥行きが詰まって見えてしまうため、水槽内が狭く見えてしまうためです。

奥行きがなく狭く見えてしまうと、圧迫感を感じてしまう人もいます。そのためスリム水槽では濃い色のバックスクリーンは避けましょう。バックスクリーンは自作することもできるので、ショップで気に入ったものがない場合は、自作をおすすめします。

バックスクリーンについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

悩んだら他の人のレイアウトをまねてみるのもあり!

スリム水槽のレイアウトのポイントを頭に入れていても、どうしても良いレイアウトが浮かばない・作れないということは誰にでもあります。

水槽レイアウトが苦手だったり初めて水槽レイアウトを行う場合には、ショップの水槽レイアウトや、他の人の水槽レイアウトをベースにしたり、まねてみることで具体的なイメージがわきやすくなります。

またこちらの水槽レイアウトについての記事も参考にしてみてください。

まとめ:スリム水槽でもポイントを抑えればカッコイイレイアウトが作れる!

スリム水槽は奥行きと高さがないため、狭い場所でも設置しやすいというメリットがありますが、飼育する熱帯魚の数が少ないなどデメリットもあります。

水槽レイアウトでは、圧迫感を与えてしまったり、水槽内が狭く見えるようなレイアウトをしてしまいがちです。

しかし高さのある場所を作ること、空間を広く設ける、そして濃いバックスクリーンを貼らないという3つのポイントを抑えるだけで、見栄えが良くなります。

水槽レイアウト慣れしていない・苦手という場合には、ショップのレイアウトや他の水槽レイアウトをまねしてみて自分なりにかカッコいいレイアウトを模索するのも楽しいです。

スリム水槽はレイアウトが作りにくいと諦めずに、自分なりに見栄えが良くカッコイイレイアウト水槽作りにチャレンジしてみませんか?

水槽のプロ トロピカライターの杠葉 狼です。
アベニー・パファーやバジスバジスなど小さくて綺麗な熱帯魚やベタ、ブラックゴーストなどちょっと変わった熱帯魚が好きです。
熱帯魚飼育初心者さんにお役に立つ記事を書いていきます。

※コメントは承認後に表示されます