トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

泳ぐ宝石・アピストグラマ!美しい種類と飼育方法を徹底解説します!

アピストグラマは南米アマゾン川水系に生息している「アメリカン・シクリッド」の1種です。体色や模様は種類によって様々ですが、いずれも色鮮やかで非常に高い鑑賞性を有します。

また、模様は同種でも同じ柄を持つものはいないと言われており、コレクション性にも優れます。その色彩豊かな背ビレを使ったフィンスプレッディングは見事で、「泳ぐ宝石」の異名が付くほどです。

ここでは、アピストグラマについて特徴や主な種類、飼育方法などをご紹介します。

アピストグラマとはどのような熱帯魚か?

特徴

アピストグラマとはスズキ目シクリッド科アピストグラマ属に分類されている淡水魚の総称です。ブラジルやペルー、コロンビアなど、南米のアマゾン川水系に生息している「アメリカン・シクリッド」の仲間で、現在では約90種類が報告されています。

本種は種類が多いのですが、いずれも体長は5~10cm程度と小型なのでドワーフシクリッドに分類されており、アクアリウムの世界では古くから親しまれている熱帯魚です。

外見に関しては種類によって差が大きく、魚体も細身のものから体高があってしっかりとした印象を受けるものまで様々です。

体色も種類によって大きく異なりますが、赤色や青色、緑色など色鮮やかなものが多く、模様に関しても派手な種類が多くて1匹として同じ柄のものはいないと言われています。共通する特徴としては長いヒレにあり、特に背ビレの基底部は魚体の半分以上を覆うほどです。

その背ビレを用いた「フィンスプレッディング」は美しくて大変に見ごたえがあるので、同種は「泳ぐ宝石」とも呼ばれています。

以上のことから、鑑賞性・コレクション性ともに高く、愛好家の中には水槽を集合住宅のようにしてアピストグラマを飼育する、「アピストマンション」と呼ばれる飼育形態を取る方も散見されます。

同種は縄張り意識が強いので、同種同士のペアでも混泳には注意しなければなりません。種類によっては水槽でも繁殖が可能で、他のシクリッドと同様に甲斐甲斐しく子育てをする姿が観察できます。

種類

前述のように、アピストグラマはたくさんの種類がいます。ここでは、観賞魚として流通している代表的な種類をご紹介します。

アピストグラマ・カカトゥオイデス

同種はアピストグラマの中でも最もポピュラーな種類の1つで、飼育も容易な部類に入ります。体長は7cm程度で、ペルーやコロンビアなどアマゾン川の上流域に生息しており、ヨーロッパで盛んにブリードされている種類です。

背ビレと尾ビレに赤色の模様が入る「ダブルレッド」やオレンジ色に染まる「オレンジ」などの改良品種が人気です。

アピストグラマ・アガシジィ

(熱帯魚)アピストグラマ・アガシジィ ダブルレッド(1ペア) 本州・四国限定[生体]

(熱帯魚)アピストグラマ・アガシジィ ダブルレッド(1ペア) 本州・四国限定[生体]

カカトゥオイデスと並ぶポピュラーな種類で、体色や模様は産地によってバリエーションに富むので、特にコレクション性が高いアピストグラマです。アレンカー湖で採取された青味が強い「アレンカー」や、赤色がほとんどでない「ブルー」などの品種がいます。

アピストグラマ・ボレリー

(熱帯魚)アピストグラマ・ボレリー オパール(1ペア) 本州・四国限定[生体]

(熱帯魚)アピストグラマ・ボレリー オパール(1ペア) 本州・四国限定[生体]

同種はアマゾン川の支流であるパラグアイ川水系に生息する種類で、体高がある魚体と大きなヒレが特徴です。水質にもうるさくないので飼育しやすく、アピストグラマの入門種としても適しています

全身の青色の金属光沢が美しい「オパール」や、黄色と青色の体色が奇麗な「イエローブルー」などの品種がいます。

アピストグラマ・トリファスキアータ

(熱帯魚)アピストグラマ・トリファスキアータ オス(1匹) 本州・四国限定[生体]

(熱帯魚)アピストグラマ・トリファスキアータ オス(1匹) 本州・四国限定[生体]

同種はグァポレ川やパラグアイ川に生息している種類で、青い金属光沢がある体と長く伸長する背ビレが特徴です。同種も環境適応力が高い方なので飼育しやすく、古くから親しまれている人気種の1つです。

アピストグラマ・ヴィエジタ

(熱帯魚)アピストグラマ・マクマステリ レッドネック(1ペア) 本州・四国限定[生体]

(熱帯魚)アピストグラマ・マクマステリ レッドネック(1ペア) 本州・四国限定[生体]

コロンビアのオリノコ川に生息している種類です。同種は産地によって3つのタイプに分類されており、体色や模様は大きく異なります。同種の判別は難しく、単に赤い尾ビレのアピストグラマとしてまとめられてしまうことも少なくありません。

特に派手な色彩をしているものは、「マクステリ」と区別されずに販売されていることもあります。

アピストグラマの飼育に必要な器具

アピストグラマを飼育するためには、主に以下に示す器具類が必要です。

  • 水槽
  • フィルター
  • 照明
  • エアレーション
  • 底床材
  • レイアウト用品
  • フタ
  • ヒーター
  • カルキ抜き剤

この中で、特に注意が必要なものを以下で説明します。

水槽/フタ

ジェックス グラステリア300水槽 フレームレス水槽

アピストグラマは小型魚なので、30cm水槽から飼育できます。しかし、同種は縄張り意識が強いせいで喧嘩をしやすいので、混泳させたい場合は余裕を持ったサイズの水槽で飼育しなければなりません。また、飛び出しによる死亡事故も散見されるので、フタは必ず用意しておきましょう

フィルター

小型水槽であればスポンジフィルター、60cmクラス以上の水槽であれば外部式上部式がおすすめです。アピストグラマはそれほど水を汚す熱帯魚ではなく強い水流を嫌うので、小型水槽であればスポンジフィルターが適しています。

中型以上の水槽では、スポンジフィルターだと能力不足に陥りがちなので外部式や上部式が適していますが、速い流れが生じないように排水口の位置取りなどには注意してください。

底床材

ジュン (JUN) プラチナソイル スーパーパウダー ブラック 3リットル

アピストグラマは下層を遊泳するので、底床材は入れた方が落ち着きます。底床材は水質をアルカリ性に傾ける効果がある「サンゴ砂」を除けば何でも良いのですが、「ソイル」を使用すると自然と水質を弱酸性にしてくれるのでおすすめです。

しかし、ソイルは使用していると崩れてしまい、泥状になると機能を果たせなくなるので定期的にリセットする必要がある点に注意してください。

アピストグラマの飼育方法

水温・水質

アピストグラマの飼育に適した水温は25~27℃前後です。夏は水槽の設置場所次第ではクーラーや冷却ファンは必要ありませんが、冬はヒーターで加温する必要があります。

水質はpH5.5~7.0弱酸性から中性を保てば問題ありませんが、弱酸性の水質の方が好ましいです。硬度については軟水を好みますが、日本の水道水は全国的にほぼ軟水なので調整する必要はありません。

餌について

アピストグラマは雑食性なので、餌は人工飼料から冷凍アカムシなどの生餌まで、何でもよく食べてくれます。水質維持の観点から餌は人工飼料をメインに与え、たまに生餌を与えるようにすると、水質と栄養バランスの両面で健康的な成育が望めます。

同種は下層をメインに遊泳するので、人工飼料は小型魚用に配合された緩沈下性のものを選ぶと良いでしょう。

与え方は1日に1回または2回に分けて、1回あたり5分程度で食べきれるだけの量を与えてください。食べ残した餌は水を汚してしまうので、食べ残しが生じた場合はできる限り除去しておくと良いでしょう。

混泳について

先に少し触れましたが、アピストグラマは縄張り意識が強く、特に同種同士では激しく争うので混泳には注意が必要です。同種同士では基本的にオス・メスのペアで飼育した方が良く、その場合でも水草やシェルターで隠れられる場所を多く作る必要があります

他種に関しても、遊泳層が重なる魚種とは相性が悪い傾向にあります。特に、近縁種であるシクリッド類とは喧嘩しやすいので混泳は避けた方が無難です。

混泳相性が良い傾向にある魚種としては、遊泳層が重ならない「ネオンテトラ」などのテトラ類や「アカヒレ」、遊泳層が重なる魚種では「コリドラス」「オトシンクルス」などが挙げられます。

ただし、最終的には個体同士の相性に依存するので、混泳させる場合には慎重に生体を導入し、いつでも隔離できる準備は整えておいてください。

水槽レイアウト

アピストグラマは隠れ家あると落ち着く傾向にあるので、水草やシェルター、流木などで隠れられる場所を作ることが基本です。

特に、混泳させる場合には隠れ家は必須で、隠れ家がないと喧嘩による死亡事故につながる恐れがあります。流木や石組などを設置する場合は、アピストグラマが隠れられるように意識して配置してあげると良いでしょう。

メンテナンスについて

ジェックス おそうじラクラク クリーナースポイト

アピストグラマ水槽のメンテナンスの内容は、他の熱帯魚と同様に水換えと水槽および周辺機器の掃除です。水換えの頻度としては飼育環境にもよりますが、2週間から1カ月に1回程度で十分ですが、全体的に硝酸塩の蓄積には弱い傾向にあるので注意してください。

あまり頻繁に水換えを行うと同種が好む弱酸性の水質の維持が難しくなり、逆に頻度が低すぎると病気にかかる危険性が高くなるので、水質検査薬などを用いて適切なタイミングを見極めると良いでしょう。

水換えの際は飼育水の全体に対して1/3程度の分量の水を交換します。一度にすべて変えてしまうと環境が急変することと同義で、アピストグラマに多大な負担を強いることになるので避けてください。

水換えを行う時は水槽内壁の掃除や、底部に溜まったフンなどのゴミもクリーナーを用いて吸い出しておくと良いでしょう。また、数カ月に1度はフィルターの状態を確認し、汚れの蓄積が見られたら内部の掃除やろ材の洗浄・交換を行ってください。

繁殖について

アピストグラマは種類にもよりますが、水槽での繁殖も狙えます。繁殖させやすい種類としてはアガシジィ、トリファスキアータ、ボレリーなどが挙げらます。

繁殖させたい場合は繁殖用の水槽にオスとメスのペアのみを入れることが基本ですが、ペアの形成を促すために混泳相性の良い他種を入れる方法もあります。

繁殖を狙う場合は、水質を弱酸性の軟水に調節すると産卵までに至りやすいです。水道水の硬度が高い地域の方は、RO水水質調整剤を利用すると良いでしょう。また、アピストグラマは狭い場所に産卵するケーブスポウナーなので、産卵床となるシェルターなどを入れておいてください。

ペアが形成されて産卵した後は、卵のふ化から稚魚の世話までメスが行ってくれるので静かに見守りましょう。本来ならばペアで子育てをするのですが、水槽という狭い環境だとメスがペアのオスまでもを排除しようと追い掛け回すケースがあります

そのような場合は、メスが落ち着いて子育てができるように他の魚は隔離してください。誕生した稚魚用の餌には、ブラインシュリンプを与えると良いでしょう。

まとめ・アピストグラマの種類と飼育法について

アピストグラマは鑑賞性・コレクション性ともに高く、愛好家の中には水槽を集合住宅のようにして飼育する、アピストマンションと呼ばれる方法で飼育する方もいるほどです。

同種には様々な種類がいますが、全体的に硝酸塩の蓄積には弱い傾向があるので、飼育の際は水質の維持管理に注意してあげてください。色彩豊かな背びれを使ったフィンスプレッディングは非常に見ごたえがあるので、ぜひアピストグラマの飼育に挑戦してみてください。