熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

【35事例で一目瞭然!】住宅に熱帯魚水槽を設置したらこうなった!利点とは

住宅空間は、仕事や学校など忙しく疲れた心や体を癒せる場所ですが、ちょっとした自然のある空間が欲しくて、観葉植物を置いてみる人もいるのではないでしょうか。また生き物が好きな人なら、ペットを飼ったりボトリウムや熱帯魚水槽を設置する人もいるでしょう。

しかし最初はよかったのもの、仕事が忙しく面倒を見きれなくなってきた…という人は多いのでは?

最近ではレンタルで観葉植物やアクアリウムを導入する人も増えています。今回は東京アクアガーデンの水槽設置事例から、実際に住宅内に設置した水槽を集めてみました!

住宅に癒し空間を!熱帯魚水槽事例35

住宅や個人宅にアクアリウムを設置すると、癒し空間ができる・オシャレな室内を演出できるというメリットがあります。こからは大型・中型・小型の3つに分けて、実際に設置した事例をご紹介していきます。

大型水槽(121cm~)編

大型の家具は室内を狭く見せ圧迫感を与えがちですが、大型水槽は水槽内のレイアウト次第では逆に広さのある空間に見せることが可能です。

事例1.大迫力の200cm水槽!前面から水が流れる特殊仕様で、サンゴも魚も広々とした空間で生き生きとしています!

事例2.こちらの水槽は幅180cmの大型水で、マンションのエントランス部分の壁に埋め込み式で設置されています。

事例3.インテリア性の高い水槽で室内の雰囲気を崩すことなく、高級感のある癒し空間を作り出しています。

中型水槽(61~120cm)編

それなりにスペースを取る中型水槽ですが、小型魚を群泳させたり、大型魚の飼育が可能と利用している人は多いです。

事例4.大きな水槽は圧迫感を与えがちですが、壁と一体になることで圧迫感がなく逆に空間に余裕のある雰囲気を与えてくれます。

事例5.家族が揃うダイニングで食事がしながらでも魚を鑑賞することができるよう、ダイニングテーブルの高さとキャビネットの高さを合わせているのがポイント。

事例6.個人宅のリビングですが、白×黒とモノトーン調でシンプルな空間に、120cmの海水魚水槽を設置して華やかさを演出しています。

事例7.流木と底砂だけのシンプルなレイアウトで、落ち着きのある雰囲気を作ってます。

事例8.リビングの壁やインテリアに合わせた配色のキャビネットで、室内に統一感を持たせています。

事例9.イースタンクラウンフィッシュ」という、珍しいクマノミが飼育されている水槽で、癒し空間を作り出しています。

事例10.玄関横のスペースでお出迎え!玄関横のスペースは暗くなりがちなので、明るくなるようカクレクマノミやイエローコリスなどの海水魚と、ハナガササンゴやツツウミヅタサンゴなどのサンゴを組み合わせています。

事例11.水草メインの水槽と、魚育成メインの水槽と分けることで、迫力のあるアクアリウム空間を作り出しています。

事例12.ゴージャスな水槽台にセッティングされた110cm水槽は、インテリア性が高く高級感を与えてくれます!

事例13.個人宅のリビングに設置された90cm水槽ですが、水草の緑にネオンテトラのブルーが映え、見る人の心を癒してくれます。

事例14.木目キャビネットがインテリア性を高めています。水槽の背面にシートを貼らず、向こう側が見えるので圧迫感がありません。

事例15.自宅空間によくマッチした、シンプルかつオシャレな海水魚水槽!

事例16.清涼感のある白い空間に、カラフルな癒し空間を設置!

事例17.水槽を設置することで、より明るい室内空間を作り出すことができます。

事例18.こちらの120cm水槽は、高さが95cmと特注の水槽です!窓際に設置しバックスクリーンを貼らないことで、水槽の奥行きを出して圧迫感をなくしています。

小型水槽(30~60cm)編

小型水槽は室内に設置しやすいので、インテリアとして導入する人も増えています。

事例19.水槽台は高めのものを使用しているので観葉植物と高低差を出すことができ、室内のインテリアとして自然に溶け込んでいます。

事例20.シンプルなデザインでモノトーン調になりがちなマンションのエントランスですが、水槽を設置するだけで明るく華やかな雰囲気を作ることができます。

事例21.こちらのご家庭では、デッドスペースになりがちな戸棚と冷蔵庫の間に30cm水槽を設置することで、キッチンに華やかな雰囲気を作り出しています。

事例22.水槽台の素材を周囲の家具などと統一することで、室内の雰囲気にマッチしインテリア性を高め温かみのある空間に癒しをプラス!

事例23.リビングにネオンテトラが群泳する水槽で癒しを!

事例24.リビングに小型水槽を設置しすることで、家族の話題作りにもなりますよ。

事例25.リビングの一角に幻想的な癒し空間を演出してくれる海水魚水槽!

事例26.デッドスペースになりがちな狭い窓際に小型水槽を設置!

事例27.リビングに水槽を設置することで、自然を身近に感じられます。

事例28.落ち着いた室内に水槽を設置することで、心身共にリラックスできそうですね!

事例29.暗くなりがちな廊下に水槽を設置するだけで、明るいイメージを作ることができます。

事例30.窓際に水槽を設置するだけで、明るくにぎやかな印象を作ることができます。癒しと潤いがある生活空間を作ることで、毎日が楽しくなりますよ!

事例31.白を基調にとした室内に、白い水槽台に設置された海水魚水槽は、インテリア性バツグンです。室内の雰囲気を崩すさず、心身をリラックスさせてくれます。

事例32.室内インテリアに合わせて作成した黒い水槽台が、雰囲気を崩さず幻想的な海水魚水槽が、ハイセンスなインテリアとなっています。

事例33.デッドスペースになりがちな、室内のコーナーも水槽を設置することでリラックス空間に早変わり!

事例34.小型水槽は置き場所をあまり必要としないため、自分の好きは場所に配置できるのがよいですね。

事例35.黒ベースの室内に、観葉植物のグリーンと水槽のブルーが映え幻想的な世界を作り出しています。

手間をかけたくない人や忙しい人は水槽レンタルを利用しよう!

アクアリウムを始めたいけれど、一式そろえるとお金がかかる

忙しくて世話ができない

こんな悩みがあって、水槽設置を諦めていませんか?

個人でも熱帯魚水槽のレンタルは可能なのをご存知でしょうか。

水槽レンタルには次のようなメリットがあります。

  • 必要な機材一式がセットになっている
  • 予算に応じて好きな生き物を選べる
  • 毎月定期的にメンテナンスに来てくれる

水槽メンテナンスなどはレンタル業者が行ってくれるため、自分で水槽掃除や水換えを行う手間がありません。

また東京アクアガーデンなら特別サイズの特注水槽を選択することもできますし、初回のみお試しで2週間無料で利用することができます。

手間をかけたくない・忙しくて世話ができない、という人は熱帯魚水槽のお試しレンタルから初めてみてはいかがでしょうか?

東京アクアガーデンでは、無料で相談・見積もりを行っているので、まずは気軽に相談してみましょう

住宅に熱帯魚水槽を設置して明るく癒しのある空間を作りませんか?

今回は東京アクアガーデンの水槽設置事例から、小型~大型までさまざまなタイプの水槽設置事例をご紹介しました。

水槽台を周囲の家具や部屋の雰囲気に合わせることで、水槽が変に浮いたりせず、落ち着いた癒しのある空間を作り出してくれます。シンプルな部屋の場合には、華やかさも演出してくれるのでインテリアとしても導入しやすいのではないでしょうか?

熱帯魚水槽を導入したいけれど自分で世話が難しい・できないという場合や、手間をかけたくないのであれば、東京アクアガーデンに相談してみることをおすすめします!