熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

小型美魚ランキング12選!大きくならない・美しい小型熱帯魚をご紹介

小さな熱帯魚のなかでも特に美しい小型美魚は、大掛かりな飼育設備がなくても楽しめる人気のジャンルです。

30cm程の小型水槽から飼育できますし、大きい種類でも3cm前後なので、魚の成長に合わせて水槽をサイズアップする必要もありません。体色や模様に繊細な美しさがあるため数匹からでも楽しめるほか、複数で飼育すれば迫力のある群泳を鑑賞することもできます。

飼育しやすい種類も多く、初心者の方からベテランまで幅広く親しまれている魚達です。

ここでは、成長しても大きくならない・美しい小型熱帯魚を12種類ご紹介します

水槽のメイン、もしくは混泳相手として、きれいな小型熱帯魚をお探しの方はご覧になってみてください。

大きくならない!小型美魚12選

さっそく、美しく鑑賞性が高い小型美魚を12種類ご紹介します。
小型魚は比較的飼育しやすい魚種が多いですが、中には餌付けがしづらい、水質や水温に敏感など飼育難易度が高いものもあります。
飼育のポイントともに小型美魚をご紹介していきますので、実際に飼育を検討するときの参考にしてみてください。

また、他種と混泳を考える際は、大きな熱帯魚につつかれたりしないよう、身体の大きさや熱帯魚同士の相性を考慮しながら選定してみてくださいね。

グリーンネオンテトラ

(熱帯魚)グリーンネオンテトラ(ワイルド)(3匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

グリーンネオンテトラは、成長しても3cm程度の小型美魚です。

同じテトラ類のネオンテトラやカージナルテトラに比べて赤色のラインが薄く、代わりにグリーンのラインがひときわ目を引きます。水草や岩などのナチュラルなレイアウトによく映えるため、水草水槽に複数匹入れて群泳を楽しむ鑑賞方法が特におすすめです。

飼育方法はネオンテトラと同じで、購入時の状態が良ければ人工餌にも簡単に餌付きます

導入当初は若干神経質なところもありますが、10匹以上で飼育すると落ち着きやすく、グリーンネオンテトラ本来の美しい群泳を見せてくれるようになるでしょう。

こちらはネオンテトラの飼育方法をご紹介したコラムですが、グリーンネオンテトラも同じように飼育できますのでご覧になってみてください。

スカーレットジェム

(熱帯魚)スカーレットジェム (約1.5cm)<4匹>[生体]

スカーレットジェムはインド原産の熱帯魚で、赤い宝石と呼ばれることもあるほどに美しい赤の縞模様が特徴的な、小型美魚の代表格です。
成長しても3cm程度と小型で、30cmの小型水槽でも余裕をもって飼育できます。

繊細な見た目とは裏腹に、実は厄介なスネールを駆除してくれることでも有名です。同じくスネールを駆除してくれるバジスバジスよりも体が小さく、小型魚を襲うことも無いため、様々な水槽でお掃除屋として活躍します。

しかし、スネールを食べることからも察せられるかもしれませんが、餌の選り好みが激しく人工餌はあまり食べない点には注意が必要。冷凍アカムシやミジンコなどの生餌がメインの餌となるため、餌の管理ができるか考慮してから飼育にチャレンジしてみてください

ボララス・ブリジッタエ

(熱帯魚)ボララス ブリジッタエ(約1.5cm)<5匹>[生体]

ボララス・ブリジッタエは、成長しても2cm程度のとても小さな熱帯魚です。赤い体色に黒のラインが水草によく映えます。

餌の食べが良く、飼育は容易な部類です。ただ体が小さいため、強い水流は苦手。水質や水温の急激な変化にも敏感なので、できるだけ穏やかな環境を維持してあげましょう。

また、導入当初はやや神経質になる面があるため、飼育するならば5匹以上の群れを作ってあげると、落ち着きやすいです

ボララス・マキュラータ

(熱帯魚)ボララス・マキュラータ(10匹) 北海道・九州航空便要保温

ボララス・マキュラータは、赤い体に黒のスポット模様が印象的な熱帯魚です。
ボララス系の中では大きく成長する魚種ですが、それでも最大体長は3cm前後。小型水槽でも十分飼育できるサイズです。

先にご紹介したボララス・ブリジッタエよりも神経質な面が少なく、人工餌も良く食べます
性格は温厚で他の魚種とも問題なく混泳できますが、体の大きな魚には食べられてしまうことがあるため、混泳するならば同サイズ以下の小型種を入れてあげましょう。

ボララス・メラー

(熱帯魚)ボララス・メラー(6匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

ボララス・メラーは、赤い体に黒のスポット模様が入る小型美魚です。ボララス・マキュラータにそっくりな見た目・サイズ感ですが、良く見るとボララス・メラーの方が赤みが少なくスポット模様も楕円に近い形をしています。

飼育方法も他のボララス系と同様で、餌付けにも困ることはあまりありません。
ボララス系は、水槽へ導入してから落ち着きを見せると美しく発色しますが、ボララス・メラーは特に赤みのある美しい色合いを見せてくれます。

底砂にはソイルを使用して弱酸性の水質に調整してあげると、本来の美しい発色を引き出せるでしょう。

ボララス・ミクロス・レッド

ボララス・ミクロス・レッドは、体に3つの黒いスポット模様が入る小型の熱帯魚です。ボララス系の中でも特に小さい種類で、成長しても2cm程度まで。

大きな魚にはいじめられてしまう可能性があるため、混泳するならば同程度のサイズの小型魚限定にするのが安全です。

餌付けに困ることはなく人工餌をよく食べますが、口が小さいため餌の大きさには注意しましょう。

やや神経質な面があるので、5匹以上の群れで飼育すると落ち着きやすいです。

ミクロラスボラ・ハナビ

(熱帯魚)ミクロラスボラハナビ (約1.5cm)<3匹>[生体]

細かなドット柄にオレンジ色のヒレが目を引く、ミクロラスボラ・ハナビ。夜空に咲くハナビのような美しい見た目からこの名前が付けられました。

体長は3cm前後、小型水槽でも飼育が可能です。臆病でやや神経質な性格をしているので同種を10匹ほどの群れで入れてあげると、落ち着いて飼育することができます

一見すると川魚のイワナのような体色しているので、渓流を彷彿とさせるような水草をレイアウトした水槽に特に映える熱帯魚です。

ミクロラスボラ・ブルーネオン

(熱帯魚)ミクロラスボラ・ブルーネオン(4匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

ミクロラスボラ・ブルーネオンは、メタリックな輝きを放つグリーンとブルーのボディカラーが目を引きます。

成長しても3cm前後と小型なうえに、安価で人工餌をすぐに食べてくれるので、はじめて小型美魚を飼育する方におすすめです。

主張しすぎず、レイアウトに溶け込む密やかな美しさを持った魚なので、岩組や水草がメインのレイアウト重視の水槽によく映えます。

購入時はやや地味に感じることもあるかもしれませんが、水槽照明の種類や当たり方によって発色が見違えて良くなる魚種ですので、色を見せたい時には照明を調節してみると良いでしょう。

ピグミーグラミー

(熱帯魚)ピグミー・グラミー(3匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

グラミーと聞くと大きくなるイメージがありますが、ピグミーグラミーは3~4cm前後までしか成長しない最小サイズのグラミーです。

メタリックブルーが散りばめられた体色の美しさにも大変魅力があります。購入当初は地味に見えるかもしれませんが、飼いこむことで輝きが増していく魚種です。またオスはヒレが赤く色づくこともあります。

人工餌にもすぐに餌付きますので、はじめて熱帯魚を飼育する方にもおすすめです。小型魚ながら単独でも飼育が可能で、他種が混泳する水槽に1匹入れるだけでもワンポイントになります。

また、グラミー特有の胸ヒレの触覚で色々なものをつついて回る仕草はピグミーグラミーでも観察することができます。とても可愛らしい姿なので、ぜひ一度鑑賞してみてください。

レッドテトラ

(熱帯魚)ファイアー・テトラ(12匹) 北海道・九州航空便要保温

小型種のテトラ系の中でも特に小さな体なのが、このレッドテトラです。体長は2cm程度ですが、真っ赤に発色する体は水槽の中でも鮮烈な存在感を放ちます。

飼いこむことで色味が増すその姿は、『ファイヤーテトラ』の異名を持つほどで、赤色の熱帯魚をお探しの方には特におすすめの小型美魚です。

価格は安価で、他種との混泳も可能と初心者の方でも飼育がしやすいです。人工餌も良く食べますが、口が小さいので餌のサイズにはご注意ください

アフリカン・ランプアイ

(熱帯魚)アフリカン・ランプアイ Sサイズ(10匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

アフリカン・ランプアイは、目の上部が青色に光って見えることから名前が付いた小型の熱帯魚です。

体色は薄い灰色で地味に見えますが、光沢のある青みがコントラストになり美しさが映えます。成長しても3.5cm程度と小型で飼いやすいうえに温和なので、混泳に向いています。

臆病な性質があったり、普段から群れで泳いだりしていることを考えると、10匹以上の混泳がおすすめです。アフリカン・ランプアイを群泳させることで、水槽が一気に華やかになります。

クラウンキリー

(熱帯魚)クラウン・キリー(4匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

クラウンキリーは、熱帯に生息するメダカの仲間で、熱帯に生息するメダカの仲間で、目は青く、体には黒と乳白色の縦縞、尾びれには赤と青の横縞が入るとてもカラフルな魚です。

成長しても3cm前後の小型美魚ですが、水質や高水温に敏感な面があります。

導入時や水換えでは水質が急変しないよう注意して、夏場の水温が30度に迫る場合は水槽用冷却ファンやクーラーなどの使用も検討しましょう。

まとめ: 【小型美魚ランキング10選!!】成長しても大きくならない美しい小型熱帯魚をご紹介

今回は、成長しても大きくならない・美しい小型熱帯魚を12種類ご紹介しました。

近年は、小型水槽で気軽にアクアリウムを楽しむ方が増えてきていることから、小さくても映える小型美魚に注目が集まっています。
初心者でも見応えのあるアクアリウムに仕上げることができる小型水槽と小型美魚の組み合わせは、SNSでも支持される傾向が強いです。

小型魚は比較的飼育しやすい魚種が多いですが、やや神経質で臆病な魚も多いです。
外観だけでなく魚が落ち着いて暮らせるレイアウト、環境作りを心がけると長期飼育に繋がりやすくなりますよ。

自分のセンスを存分に生かして、美しい小型美魚をアクアリウムに取り入れてみてはいかがでしょうか。