トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

【写真で解説】溶岩石でレイアウト!種類や大きさでメリハリを持たせよう

熱帯魚販売店や水草水槽でよく使用されている溶岩石には、色々な種類があり異なる種類を混ぜ合わせることで、迫力のある水槽を作ることができます。さらにスライスタイプのものを積み上げて段を作ったり、流木と組み合わせればより自然な雰囲気の水槽レイアウト作ることも可能です

しかしごつごつとした特徴のある溶岩石を、うまく水槽レイアウトに活かすことができないというアクアリウム初心者は多いです。 

そこで今回は、溶岩石を使った水槽レイアウで迫力ある水槽を作るコツをお話していきます。

溶岩石のレイアウトの基本とポイント

溶岩石はホームセンターや熱帯魚ショップ、通信販売などさまざまな場所で入手しやすい水槽レイアウト用品です。多孔質なため、水槽内に入れておくことでバクテリアが繁殖してくれることも期待できます。

溶岩石に限らず石を使った水槽レイアウト全般にいえることなのですが、まずは遠近感を出すために底砂に高低差をつけましょう。水槽のを高く、手前を低くすることで遠近感を出し水槽を広く見せることができます。

そして同じ大きさの石だけで水槽レイアウトを組まずに、大小大きさや形状の異なる石を混ぜて水槽内に設置することで、ダイナミックな水槽レイアウトを作り上げることができます。

異なる種類の溶岩石を組み合わせてもよい

溶岩石は、採取場所で色などが変わることがあり、阿蘇山や浅間山、富士山などで採取されるものが有名です。色や形、孔の空き方などそれぞれ独特なものがありますが、異なる種類のものを混ぜ合わせて使用しても大丈夫ですし、混ぜ加減は個人の好みでOKです。

同じ色合いのものだけを使用すれば、引き締まった水槽れアウトを作ることができ、差し色として他色を使うという方法もあります

溶岩石は水質を変えるので飼育する生体や水草に注意

石は水質に影響を与えないと思っているアクアリウム初心者は多いですが、石によっては水質をアルカリ性に変化させてしまうものがあります。

溶岩石は水槽内に長期間入れておいても、pHにはほとんど影響が出ないことで知られていますが、水槽を立ち上げたばかりだったり、水質が悪化しているときに水槽内に入れることで、pHが急に変化してしまうことがあるので注意しましょう。シクリッドなどが溶岩石と相性が良いです。

溶岩石の特徴やpHショックの防ぎ方、水槽レイアウトに関してはこちらの記事で詳しく解説しています。

飼育する生き物の体を傷つけないようなレイアウトを!

溶岩石はごつごつしていて表面がざらついています。そのためベタやグッピーのようなヒレの大きな魚が、何かのはずみでヒレを引っかけて破いてしまうことがあります。また物音などで驚いた拍子にぶつかって、生き物の体が傷つくこともあるんです。

そのため溶岩石を使った水槽レイアウトは、なるべく水槽内にゆとりのあるレイアウトを作り、生き物がゆったりと過ごせ動きに支障がでないようなものにしましょう。

実際に溶岩石水槽レイアウト実例をご紹介

溶岩石を使ってこのような水槽レイアウトを作ってみました。大きさや色の異なる溶岩石を組み合わせて洞窟のような感じに積み上げました。洞窟部分は生体にとって落ち着くことのできる隠れ場所や、夜眠る場所になってくれるので普段と違う姿を見やすくなります。

水槽レイアウトのポイントには水草を使用いています。こちらはクリプトコリネです。今回は前景草を使用していないため、中景向きのクリプトコリネを空きスペースのワンポイントにしていますが、前景向きの背丈の低い水草をワンポイントで一か所にまとめて設置してもよいですし、前景草を敷き詰めて、クリプトコリネのような前景~中景向きの水草で高さを出すのもよいでしょう。

さらに溶岩石の上と背後にアヌビアス・ナナとバリスネリア・スピラリスを使用し、石だけだと殺風景になりそうな水槽内を明るくさせ、自然な雰囲気を作り出しています。

洞窟部分は高さがあるので、背後や水槽のガラス面との間には背丈のある水草がおすすめです

洞窟部分は、同じサイズではなく大小異なるサイズやスライスタイプに近いものを組み合わせて自然な雰囲気を作り出しています。積み上げるときは全体のバランスをみながら、多少の衝撃でも崩れにくいようにしっかりと組みましょう。

ちょっとした衝撃だけでも崩れてしまうような岩組は、生体をいれたときに地震が起こったり水槽にぶつかった衝撃で崩れてしまいやすいので、組むときには溶岩石の下にある底砂が崩れないよう気を配りながら、安定した状態で組み立てるのがポイントです。

積み上げた石を崩れてしまわないよう、ガラス面に洞窟の端をくっつけてしまう人もいますが、水槽掃除がしにくくなるケースが多いので、なるべくガラス面から岩を離したほうが後々手入れがしやすくなります。

こちらはちょっと離れた位置で斜めから撮影したものです。

今回は育てやすいクリプトコリネやアヌビアス・ナナを使用していますが、底床にリシアなど背丈の低い水草をプラスすると緑のじゅうたんができ、幻想的な水槽に作り上げることもできます。

洞窟にせずワンポイントとして溶岩石を置く場合には、流木を組み合わせて高さを出すことでより自然な雰囲気の迫力のある水槽を作ることができます。

まとめ:種類や大きさの異なる溶岩石は迫力あるレイアウトを作れる

溶岩石はわりと大き目なサイズのものが多く、ごつごつしていてざらついているという特徴があります。水槽内の環境が出来上がっている場合には、大きな水質変化はありませんが、水槽立ち上げ直後や水質が極端に悪化している場合は、pHを変えてしまうことがあるので注意しましょう。

異なる種類のものを組み合わせたり、石の組み方を変える、流木と組み合わせることで自然環境に近い魅力的な水槽を作ることができます。

水槽レイアウトが苦手という人は上級者にアドバイスをもらったり、ネットなどで水槽レイアウトを見てまねてみると、早くコツを掴むことができます。溶岩石を使った水槽レイアウトは、生き物もリラックスして過ごすことができるので、一度溶岩石を使ったレイアウト水槽にチャレンジしてみませんか?