トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

アクアリウム暑さ対策の基本!水温を上げない方法を教えます!

5月に入ると気候も安定し、気温25℃以上の夏日と呼ばれる日も増えてきます。その後、本州以南では梅雨の時期に入ってやや涼しくなりますが、梅雨が明けると本格的な夏が到来します。

そのため、これからの季節にアクアテラリウムを運用するにあたっては、水温の管理に注意が必要です。上昇する気温に対して何の対策も講じないでいると水温が上昇し、最悪の場合は大切な生体が死んでしまいます

ここでは、アクアリウムの暑さ対策の基本を踏まえて、具体的な水温上昇対策をご紹介します。

水温管理の基本について

室温の管理が重要

アクアリウムの水温上昇を防ぐということは、水槽を設置している部屋の気温を上げないようにすることとほぼ同義です。

水温は気温に連動して上下するので、気温が高くなければ水温が上昇することもありません。よって、基本的には室温を管理することで水温も管理できますが、アクアリウム自体に工夫を施すことでも水温の上昇を抑えることが可能です。

高水温時の注意点

アクアリウムの水温ですが、通常では気温の+2℃程度を示します。なぜなら、水槽照明からの放射熱や、水中モーターの発熱の影響があるからです。

適応できる水温は生体によって異なり、金魚やメダカといった種類は30℃を上回っても大丈夫ですが、高温への耐性が低い熱帯魚などは30℃を超えてくると、衰弱して死んでしまう危険があるので注意してください。

そして、高水温時は酸欠にも注意が必要です。気体の水への溶解度は、一般的に水温が上がるほど小さくなるので、高水温時は溶存酸素量が低下します。

水温が上昇している時に、魚が水面近くで口をパクパクと動かす仕草を見せたら、水中の酸素が少なくなっている証拠なのでエアレーションを強化してください。

特に、この現象は水温が27℃以上で顕著になってくるので、水槽には水温計を常設しておき、水温が上昇していないかどうか日頃から確認しておきましょう。

また、水温の上昇が見られたからと言って、氷や保冷剤などを直接水槽に投入することは、行ってはいけません。氷などを入れてしまうと水温が急速に低下してしまい、水温の急変は生体にとってダメージが大きく、最悪の場合はショック死してしまうからです。

そのため、次に紹介する水温上昇の抑制法を用いて、徐々に下げるようにしてください。

水温を上げない方法5選

エアコンを使用する

エアコンの使用は、アクアリウムの水温を上昇させないためには最も効果的な方法です。前述のように、室温が高くなければ水温も上昇することはないからです。

特に、複数の水槽を管理したい場合、それぞれに水槽用クーラーなどを設置するよりも、エアコンで一括管理した方が経済的なことも多いです。エアコンを使用する時は冷風が直接水槽に当たると、水温が低下し過ぎることがあるので注意してください。

日光を当てない

太陽光が当たると水温はかなり上昇してしまいます。水槽は、直射日光はもちろんのことレースカーテン越しにでも、日光が当たらないように管理しましょう。遮光する際は通常のカーテンでも問題ありませんが、遮光カーテンや遮光ネットを用いるとより効果的です。

遮光した時でも生体の生物時計が狂わないよう、水槽照明は点灯して光を供給することは必要です。照明からの熱が気になるのであれば、日中十分に明るい状態なら灯数を減らしたり、薄暗く涼しい夕方などに限って点灯すると良いでしょう。

水槽内を換気する

これは普段からフタをしっかりと閉めている水槽に言えることですが、気温が高くなってくると水槽水の蒸発が盛んになり、水蒸気がこもることで水槽内が高温の状態で保たれてしまいます。

そのため、外気温が低くなっても水槽内は高温といった状態が生じてしまうので、定期的にフタを開放して換気することが効果的です。ただし、猛暑日などは湿った熱い空気が入り込んでくることもあるので、時間帯に注意したり必要に応じて空調を効かせたうえで換気すると良いでしょう。

水蒸気がこもることを防止するためには扇風機の使用も効果的で、水槽用の冷却ファンの代わりに使用するアクアリストもいます。

水中モーターやフィルターを調整する

水中ポンプや水中フィルターに用いられている、水中モーターからの発熱も水温に結構な影響を与えます。そのため、暑い時期は能力の高い物を導入して出力を絞るなど、水中モーターが使用されている機材を調整することで、水温上昇を抑えることが可能です。

そして、外部フィルターを使用している場合は、サイズにもよりますがフィルターを冷却することで、水温が上がらないようにする手法もあります。その方法はシンプルで、保冷剤を断熱材などでフィルターに巻き付けるだけです。

ただし、冷やしすぎるとバクテリアにダメージを与えてしまうので注意が必要です。また、保冷剤が溶けきってしまうと、逆に熱がこもってしまうことにも留意してください。その他には、フィルターから伸びるホースを遮光することでも、水温上昇の抑制に有効です。

水量を増やす

この方法は、普段はボトルアクアリウムや金魚鉢などで、生体を飼育している場合に効果的な方法です。

水量が増えれば水温が変化するまでに時間がかかるようになるので、少ない水量の時と比較すると驚くほど高水温化を防げます。そのため、気温が高くなってきたら、水量を多く確保できる大きめの飼育容器や、ろ過槽に変更することも一考の価値があります。

対策をしても水温が上昇する時は?

ゼンスイ 小型ペルチェ式クーラー TEGARU(テガル)

ゼンスイ 小型ペルチェ式クーラー TEGARU(テガル)

上記の水温上昇対策を施してもどうしても水温が上昇してしまう時は、無理をせずに水槽用の冷却ファンや水槽用クーラーを導入しましょう。それぞれに導入コストとランニングコストがかかりますが、大切な生体を守るために背に腹は代えられません。

冷却ファンの方が手軽に導入できますが、水温の下げ幅が小さいので外気温次第では十分に冷却できないこともあります。一方、クーラーは冷却能力には優れるのですが、導入コスト・ランニングコストともに高額になりがちです。

いずれにしても、飼育環境によって導入すべき機材は異なってくるので、それぞれの特徴を把握したうえで適切な物を導入してください。

まとめ・アクアリウムの暑さ対策の基本と水温を上げない方法について

5月に入ると夏日が増え、梅雨が明けると本格的な夏が到来します。これからの季節、日常生活で暑さ対策が重要になるのはアクアリウムにおいても同様で、水温が適正な範囲を超えないように工夫が必要です。

金魚やメダカ、アカヒレといった温帯魚は高水温にも適応できますが、熱帯魚は意外と高水温に弱く、30℃を超える水温に適応できる魚種は限られてきます。適切な対策を講じ、暑い季節の高水温から大切な生体を守ってあげてください。