トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

実は魚が弱る原因だった!初心者が陥りがちな5つのポイントを解説します

ネットで見た通りにアクアリウムを管理しているのに、なぜか魚の元気がなくなってきたように見えるのはなんでだろう…と困っている初心者さんいませんか!

今回は、きちんとアイテムをそろえ、お世話もしているのに、実はそれがあだになってしまって魚の元気がなくなってしまう要因についてご説明します。

心当たりのある方もない方も、いざという時のためにご一読ください。

魚を弱らせる5つのポイントとは

まず最初に、魚を弱らせる5つのポイントを抑えておきましょう。以下のような要因で魚は弱ってしまいます。

  1. 濾過フィルターが強力すぎる
  2. 水換えの頻度が高すぎる
  3. ライトが明るすぎる
  4. エサを与えすぎて肥満化している
  5. 魚の数、水草の量が多すぎる

えっ…どうして…?フィルターは強力な方が水がキレイになりそうだし、水換えだって何度もしたほうがいつも新鮮な水で魚が生活できそうなイメージがありますね。

ライトだって明るい方がキレイだし、水槽を覗くたびに「お腹が減ったよ!」と言いたそうに魚は寄ってきているのに…。

下の項目で、これら5つのポイントについて詳しくご説明します。

強力すぎる濾過フィルターに要注意!

濾過フィルターは、水槽内の水をフィルター内に吸い込み、汚れを濾過して水槽内に戻すことで水をキレイにしてくれる装置ですね。

水槽に対して能力の高すぎるフィルターを用いると「とても強い水流」が水槽内に発生してしまうんです!

魚たちは流れに逆らって泳ぐ習性があります。流れに任せて漂っていると、気づいたら海だった!なんてことがないように、です。これが水槽内であれば、漂っていたらフィルターに吸い込まれちゃったよー!なんてことになってしまうわけですから、そうならないように魚たちは懸命に泳いでいます。

その魚の遊泳力に合った水流であればむしろ水流はあったほうがいいのですが、それよりも強い水流が常に生じていたら…魚たちはゆっくり休むことができません。

人間で言えば常にルームランナーで走らされているようなものです。これでは魚が弱るのは当然ですね。

濾過フィルターは水槽の容量、サイズに合わせたものを用意しましょう!

水の換えすぎに注意!

狭い水槽の中はすぐに水が汚くなってしまうんだろうな…水換えは頻繁にしてあげよう!

いえいえ、ちょっと待ってください!水換えにも「適切な頻度」があるんです。

というのは、魚たちにとって水槽内の水は「住環境」ですので、それが換わるたびに体を順応させなければなりません。そのときに体力を使います。イメージで言うと、人間も気温が上下する季節の変わり目って体調が悪くなりやすいですよね。そんな感じです。

水換えは、最低限の回数にし、換えるのは水槽の半分の量にしてください。とはいえ、水槽内の水の水質悪化が起こるようでは困ります。適度な頻度は下のページで解説しています。

この通りに行っても、なんとなく不安に感じることもありますよね。そういった場合は水質検査を行うと安心できます!

アンモニア、亜硝酸、硝酸の濃度が主な水質悪化の原因となりますので、それらの数値をはかりましょう。下のページで水質チェックについて詳しく説明していますので参考になさってください。

強力すぎるライトはストレスのもと

「水草を旺盛に育てたい」「明るくして魚を映えさせたい」など、ライトを強くしたい!という気持ちはよくわかります。

でも魚にとって強すぎる光はストレスになってしまうこともあるのです。特に水槽の高さに対してライトの光が強い場合、水槽中が照らされるようになって魚は隠れるところがなくなってしまいます。

ゆっくり休めないことは魚にとってもストレスフルなのです。

それだけでなく、コケも生えやすくなります。

やはりライトも「適切な光量」がベストと言えますね。他にもライトをオンにする時間が長すぎてもコケが生えすぎるという難点がありますので時間を決めてオンオフするようにしましょう。

エサの与えすぎで肥満に

実はこれが最も多い魚を弱らせるポイントと言われています。

水槽を覗きこむと「エサ、ちょーだい!」というように寄ってくる魚たちは本当に可愛らしく、ついついエサを追加であげてしまう。よくわかるのですが、それは実は魚のためにはならない場合も多いのです。

魚の種類によっては「あげたらあげただけ食べてしまうので肥満になる」ものもいます。有名どころでは金魚やコイの仲間をあげることができます。魚は消化不良を起こしやすいので、食べすぎて消化不良となり死んでしまうことすらあるので注意が必要です。

また、魚が欲しそうなしぐさをするが実はお腹が減っていないということもあります。その場合はエサを与えても食べないので、水槽のゴミとなり水質悪化を早めてしまいます。

特に気温の高い時期は水質が悪化しやすいので注意しましょう。

魚の入れすぎ、水草の植えすぎ

魚が群れをなし、水草が繁茂する水槽はとても美しく憧れますが、あまりにも魚の数や水草の量が多すぎると魚にとってストレスとなる場合もあります。

魚が多すぎると水が汚れやすいですし、魚同士のトラブルも増えます。ショップにいくと色鮮やかな魚がたくさん販売されているので「あと1匹だけ欲しい…」とどんどん増やしてしまう気持ちもわかりますが、魚一匹が必要とする水の量は思いのほか多いのです。

あくまでも目安ですが、魚の体長1cmにつき水が1L必要と言われているのです。

また、水草が多すぎると魚が泳ぐエリアが狭くなってしまい、他の魚とぶつかりやすくなります。そういった状態は魚にとってはもちろんストレスです。人間だって満員電車は苦痛ですよね。

そして魚とぶつかることで体表に傷が出来たり、その傷から病気の細菌に感染して死んでしまうこともあります。

魚がゆったり泳ぎ回れるくらいのスペースは確保してあげましょう。

水草育成の注意ポイントについては以下に詳しく書かれています。

魚の死因はストレスがほとんど!

以上、5つのポイントについてお話ししてきましたが、お気づきになった方もいらっしゃるでしょう、魚の死因の多くはストレスと消化不良なのです。その原因になるのが上でお話しした5つのポイントとなります!

原因がわかっていれば対処は可能ですので、飼育している魚を一日も長く楽しく過ごさせてあげるために、各ポイントが問題ないかを確認してみてくださいね。

下のページにも初心者の方がハマりがちな落とし穴を紹介しています!

まとめ:魚を弱らせるポイントを知って長生きさせよう

アクアリウムを気持ちよさそうに泳ぐ魚たちはとてもストレスに弱いのです。

人間が良かれと思ってしたことも、魚にとってはストレスとなってしまう場合もありますので、上記5ポイントに注意しながら魚を大切に育ててくださいね!