トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

こんな生物入れた覚えないよ!いつの間にか水槽に発生する生き物とは?

金魚や熱帯魚を水槽などで飼育していて、いつもと同じようにお魚たちの様子を見たときに「あれ?なんか見たことない生き物が入れた覚えないのにいる!?」という事態に遭遇したことはありませんか?
この生き物たちは水草やライブロックなどに入り込んで進入する場合が多く、淡水水槽ではタニシやミズミミズ、海水ではゴカイやヒトデなどがあります。
この記事では知らないうちに水槽に混入してしまう生き物に、どのようなものがいるのかをご紹介していきますね。

水槽に混入してしまう生き物・淡水水槽編

知らない間に水槽に混入してしまう生き物は、水槽タイプが淡水か海水かによっても変わってくるんです。ここからは淡水生物編として、どのような生き物がどのような状況で混入するのかをお話しします。

タニシ(スネール)

※こちらの写真は、ジャンボタニシの卵です。

知らない間に水槽へと混入してしまう生き物はさまざまな種類がありますが、こういった混入例が一番多い生き物は実はタニシのように見えるスネールと呼ばれる貝なんです。

基本的にはショップなどで購入した水草についていることが多いですが、買うときにちゃんと見ていたのに混入していた、ということも少なくありません。
これは成長した状態のスネールなら見つけやすいのですが、卵やとても小さな稚貝の状態でついていることもあるからです。そのため水草を買うときには気を抜かずにきちんと見る必要があるんです。

スネールはあまり大きくないので一見すると問題ないと思われがちですが、繁殖力が高く気が付いたら爆発的に増えていて、せっかく美観を保っていたのに損なわれてしまったということもあるので、きちんと対処しましょう。

スネールに関してはこちらの記事もご参考になってください!

ミズミミズ

ミズミミズは白くて細長く、見た目自体はイトミミズにも似ている生き物です。こちらも水草に混ざっている場合もありますが、アカムシやイトミミズといった生餌に混ざって侵入することも。
ミズミミズは大量に繁殖する生き物なので、放置しておくと見た目が悪くなるだけでなく、気持ち悪い気分になる人も少なくありません。

水草の処理はしっかりしよう!

タニシもミズミミズも水草に混ざって混入する生き物です。だからといって水草を水槽に入れないのは、水槽内の環境や景観を考えた場合悪手になることも少なくありません。
そこでどのように対処するかというと、水草を買ってきたら水道水や「水草その前に・・・」といった専用の薬を使って、しっかりとすすぐことが大事です。

水草その前に・・・ 3個セット

水草その前に・・・ 3個セット

このすすぎに関してはタニシなどの生き物が混入するのを防ぐだけでなく、残留農薬の処理などにもつながるので、手抜きをせずきちんと行う必要がありますよ。

水草を水槽に入れる前の処理をもっと知りたい場合はこちらの「水草を水槽に入れるその前に!残留農薬を除去しよう!処理方法とは?」という記事を参考にしてください。

水槽に混入してしまう生き物・海水水槽編

水槽の中には海水魚を飼育する海水水槽があるのは一般的にも知られていることですが、海水水槽では混入する生き物が淡水とは違うこともポイントです。

ここからは海水水槽に混入する生き物にどのような種類があるのかや、混入の原因がどこにあるのかなどをご紹介します。

ゴカイ(ウミケムシなど)

海水水槽を持っている・持っていたことがあるアクアリストなら、1度は見たことがあるのがこのゴカイではないでしょうか。

海水水槽で一般的に広く使用されるライブロックの隙間に入り込むなどをして、水槽内に混入してしまうことが多いです。ゴカイは砂の汚れや死んだ魚を食べる生き物なので、水槽をクリーンにしてくれるいい生き物ですが、お世辞にも見た目がいいものではないので、駆除するなどの対策をした方が良いです。

カニ・シャコ

どちらも海の生き物として知名度も高いですが、こちらもライブロックの隙間に入り込むことで水槽内に侵入してしまうことがあるんです。カニやシャコが水槽内に入ってしまうと、魚や貝だけでなくサンゴまで食べてしまうので、水槽環境からは厄介者にしかなりません。

このため水槽内に侵入しないようにするのがベストです。ショップなどでは罠なども売られていますが、これを導入すれば安心といえるほど捕獲率は高くないので、過信は禁物ですよ。

ウニ

全身をトゲに覆われた知名度も高い生き物ですが、ライブロックが原因で水槽内に入り込んでしまうケースがあります。魚やサンゴを食べること自体はないんですが、サンゴの表面を覆うコケなどを食べるんです。
ですが、コケを食べるときに全身のトゲによってサンゴが傷ついてしまいますし、ウニの中には毒を持っている種類もいます。素手で捕まえるのは危険なので、水槽内にウニを見つけたらトングやピンセットなどを使ってしっかりと取り除いていきましょう。

ヒトデ

小さなヒトデは見た目もかわいらしいので海水の生き物の中でも人気が高いですが、これもライブロックにくっついていることがあり、それによって水槽内に侵入してしまうんです。
その見た目とは裏腹に成長が早いです。これだけでも水槽環境には問題でしかないんですが、たちの悪いことにヒトデは生命の危機を感じると界面活性作用があるサポニンという毒素を吐き出すんです。この毒素は水溶性で、エラの表面などを傷つけてしまうので海水生物にとっても毒なんです。

水槽内の生き物を危険にさらさないためにも、ヒトデを見つけたらピンセットなどを使ってしっかり駆除しなければなりません。

ウニやヒトデのようにサンゴに悪影響を与える生き物をもっと知りたい方は、「サンゴを食べちゃう?サンゴ水槽に入れてはいけない生き物と注意点!」の記事を参考にしてみてください。

それでもライブロックは海水魚水槽の必需品!

(海水魚)ライブロック Sサイズ(1kg)(形状お任せ) 本州・四国限定[生体]

(海水魚)ライブロック Sサイズ(1kg)(形状お任せ) 本州・四国限定[生体]

海水水槽では飼育している生き物と別の生き物が混入する要因となるのがライブロックなので、使用をためらってしまいがちですが、たとえこのような危険性があってもライブロックは海水水槽において必須アイテムなんです。

だからこそライブロックを海水水槽に入れる前に、隔離水槽の中にライブロックを入れて強力なエアレーションをすることで孔を洗浄したり、ピンセットなどを使って危険生物を取り除く「キュアリング」と呼ばれる処理がとても重要です。

ライブロックを使って海水水槽を立ち上げる場合の処理については、こちらの「ライブロックで水槽立ち上げよう! 危険生物やレイアウト方法・取り扱い方とは」という記事で詳しく紹介されているので、参考にしてみてください。

まとめ:こんな生物入れた覚えないよ!いつの間にか水槽に発生する生き物とは?

水槽内に気が付いたら入れた覚えのない生き物がいた、というケースは多くのアクアリストが経験したことがあるのではないでしょうか。これらの生き物は水草やライブロックといった水槽に必要なものから侵入することが多いですが、放置しておくと美観などに悪影響を与える生物がほとんどです。
そのため導入する前にしっかりと事前処理をして余計な生物を水槽内に持ち込ませないようにしたり、見つけた時点ですぐに水槽内から取り除くことが大事なんです。入れた覚えのない生き物を見つけた場合は今回お話ししたことを参考にして、水槽内が危険にさらされることを防いでいきましょう!

コメント

  1. タニシリスト より:

    タニシは卵胎生で卵を水槽に産み付けませんよ。
    写真のはジャンボタニシと言われるスクミリンゴガイの卵です。

    確かにタニシは増えるけど、そこまで爆発的には増えません。スネールと言われるのはサカマキガイとかでは?

    一括で扱われてますが、タニシは他のスネールと違い濾過捕食と言ったメリットも有りますし。

    • 中島 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      正確にはタニシではなくスネール(サカマキガイなど)です。
      解り難くかったので修正しました。

  2. ヒルの種類がわからない より:

    小さいヒルがいつの間にかいました。ヒルのことを教えてください

    • 中島 より:

      水辺にいるヒルですので、イシビルの仲間かと思われます。
      ヒルは乾燥すると死にますので、吸水性のある素材の上に捕まえてほおっておいても死にます。
      たくさんいる場合は水槽用の駆除剤も販売されていますので、駆除する場合はご検討ください。