トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

金魚にバクテリア剤は必要?要らないケースとおすすめバクテリア剤も紹介

金魚を飼育する上でバクテリアは「アンモニアの分解」や「雑菌を抑える」ために必要とされることを知っている人は多いですが、水槽内のバクテリアを増やすためにバクテリア剤を使用する人も少なくありません。
しかし金魚の飼育方法によってはバクテリア剤が不要な場合もあるのをご存知でしょうか。この記事ではバクテリアが金魚にどのような効果があるかや、バクテリア剤が不要でも金魚を育てられる飼育方法、さらにはおすすめのバクテリア剤などについてお話ししていきます。

金魚へのバクテリアの効果

金魚を飼育する上で重要といわれるバクテリア。しかし金魚飼育を始めたばかりの初心者などでは、重要なのはわかっていてもどんな効果があるのかわからないという人も少なくありません。
そこでここからはバクテリアが金魚の飼育にどのような効果があるかをご紹介します。

アンモニアを分解する

金魚はよく餌を食べ、大量にフンをする魚ですが、この食べ残しやフンはそのままだと毒性が高く、金魚に悪影響を及ぼしてしまう「アンモニア」になってしまいます。
しかしバクテリアが水槽内できちんと繁殖している場合は、このアンモニアを食べて亜硝酸に分解してくれるものと、亜硝酸をさらに毒性が低い硝酸に分解してくれるものがいることになるので、金魚に悪影響を及ぼしてしまう事が避けられますし、水槽内が汚れることも防いでくれるんです。

雑菌を抑える

上でご紹介したように、バクテリアがアンモニアを硝酸にするという「硝化サイクル」ができあがることで、バクテリア以外にもさまざまな菌が繁殖するようになります。これによりフンや餌の食べ残しはもちろん、枯れた水草などもどんどん分解されていくんですよ。
これらのものが分解されずに残ってしまうと、そこから雑菌が繁殖して金魚が悪影響を受けてしまいます。バクテリアが水槽内にきちんといることでこれらの危険から金魚を守ることもできるんです!

バクテリア無しでも金魚は育てられる?バクテリア剤が要らないケースとは


一般的に金魚を飼育するときにバクテリアは必須とされており、その理由として先ほどご紹介したバクテリアの働きが挙げられます。でも飼育方法によってはバクテリアがいなくても金魚が育てられることがあるんです。ここからはバクテリアの繁殖やバクテリア剤のいらない飼育方法をご紹介します。

頻繁な水替えで金魚を飼育する方法

金魚はバクテリアの有無にかかわらず、水中にアンモニアや亜硝酸塩があってもその量が適正範囲内なら飼育することが可能な魚です。
でもこの状態にするためには毎日、もしくは最低でも2~3日に1回というような頻繁な水替えが必要になります。水換えをしてしまう事で当然水槽内のバクテリアも減ってしまいますが、アンモニアや亜硝酸塩といった毒素も減らせるので、バクテリアが少ない状態でも金魚の飼育ができるんです。
頻繁に水換えをするのは大変ですが、きちんとパターン化して実践できていればバクテリアを繁殖させずに済みますし、バクテリアを増やすために使われるバクテリア剤を使わなくても大丈夫です。

バクテリアが必要な飼育方法


頻繁に水換えを行えばバクテリアが少なくても金魚の飼育ができることをお話しましたが、一般的な金魚飼育での水換えタイミングとされる、1~3週間単位の水換えを行うなどの場合はバクテリアの存在は必要です。

もちろん水換えのタイミングとしては長期間というわけではありませんが、アンモニアや亜硝酸塩が増加して金魚に悪影響を与えるには十分な時間だからなんです。とはいえ、バクテリアは何もしなくても勝手に繁殖していくものなので、バクテリア剤を使用すると逆効果になることもあります。

水槽を立ち上げる時はバクテリアがほとんどいないので、バクテリア剤を添加するのは有効です。ただし、きちんと定着するにはそれなりの時間がかかります。

水槽が立ち上がり終わったあとは、水換えをしてバクテリアが減ったときに、補給してあげるような感覚で投与するといいですよ。

金魚におすすめのバクテリア剤


適切な使い方をすれば、金魚にいい影響を与えるバクテリアを増やすことができるバクテリア剤は、さまざまな商品が発売されています。
ここからはそんなバクテリア剤のなかからおすすめの商品を3種類ご紹介していきます。

ミラクルバクテ 液体タイプ

観賞魚の水質浄化安定剤 ミラクルバクテ100ml【液体タイプ】

観賞魚の水質浄化安定剤 ミラクルバクテ500ml【液体タイプ】

液体タイプのバクテリア剤ですが、浄化槽やヘドロのようなものすごくキツいにおいがするので、初めて使うときには本当に使って大丈夫なのか不安になる人もいますし、金魚の中でもびっくりしてしまう子がいるくらいです。

しかしにおい自体は数時間もあれば消えるので、においが消えるころには金魚も落ち着いていますし、ものすごい勢いでフンが分解されたり、水がきれいになったりと高い効果があります。

Bioスコール 金魚・メダカ用

Bioスコール 金魚・めだか用 100ml

Bioスコール 金魚・めだか用 100ml

淡水用や海水用、カメ用などさまざまな種類があるバクテリア剤のBioスコールの中でも、金魚・メダカ用として販売されている商品です。他シリーズ商品と同じように水の透明度が増しますし、フンの分解も早いので目に見えて効果がわかりやすくなっています。

ジェックス サイクル

ジェックス サイクル 500ml

ジェックス サイクル 500ml

高い硝化性を持つバイオカプセル状のバクテリアが入っているバクテリア剤です。さまざまな種類があるバクテリアの中から厳選された5種類が、従来製品の5倍とかなり濃縮された状態になっているので場所も取らず、水換えのときなどに入れるだけ。
水10Lに対して2ml添加するだけで済みますし、商品の値段も比較的リーズナブルかつクセもないので、初心者でも使いやすくおすすめですよ。

まとめ:金魚にバクテリア剤は必要?要らないケースとおすすめバクテリア剤も紹介

金魚を飼育するときにバクテリアは必須とよくいわれていますが、その理由は毒性の高いアンモニアを分解してくれたり、雑菌が発生してくれるのを抑えてくれるから。

でもバクテリア剤を投与する必要があるかは、飼育スタイルによります。

頻繁に水換えをすればバクテリア剤はなくても金魚の飼育は可能ですし、2~3週間に1回水換えをする場合でも水換えをしたときにバクテリア剤で補給する程度で大丈夫です。
バクテリア剤で悩んでいる人は、この記事を参考にして自分の飼育方法がどちらになるのか確認してみましょう。効果的にバクテリア剤を使うことができれば、金魚に悪影響を与えず、元気に飼育することができますよ。

【関連記事】