トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

ブラックウォーターとは!作り方と飼育に向いている熱帯魚や水草をご紹介

アクアリウムで使われる水のひとつにブラックウォーターと呼ばれる茶色の水があります。

アマゾン川の水質を再現したものですが自分で作るのも可能ですし、細菌を弱めたりする効果もあるので熱帯魚たちの健康を増進させられるといったメリットも

しかし、どんな生体にも有効というわけではなく、デメリットもきちんと知っておく必要があります。

今回はブラックウォーターの作り方や、飼育に向いた熱帯魚にどのようなものがいるか、さらには水草との関係性などについて見ていきます。

ブラックウォーターとは

アクアリウム初心者には初耳という人や名前は知っていてもわからない、という人もいることでしょうが、ブラックウォーターは茶色の水のことで、アマゾン川の水質を再現したものです。「茶色なのにブラック?」と思われるかもしれないですが、ブラックウォーター内に溶けているタンニンの量が増えるとどんどん黒色に近づいていきます。

アマゾン川の水がなぜこういった色をしてるのかというと、川の周りに生息する木々などから枯葉が川に落ち、これらの葉からタンニンなどを含むフミン酸と呼ばれる物質が川に溶けだすことで水が茶~黒色に変色しているから、なんです。

もちろんアクアリウム水槽に枯葉が落ちるなんてことはありませんが、後述する、マジックリーフなどのアイテムを添加することによって、水槽の水もアマゾン川の水質(ブラックウォーター)へと近づけることができます。

ブラックウォーターは弱酸性の水

ブラックウォーターの色を作り出すフミン酸は酸性の物質のため、水槽の水はpH的な面で弱酸性の水へと変容します。またフミン酸に含まれるタンニンの影響で殺菌効果を持ち、エロモナスなどの細菌類が抑えられるメリットも。

しかし硝化バクテリアの活動を弱めてしまったり、飼育する生体によっては悪影響を及ぼしてしまう、といったのデメリットもあるので注意が必要です。

ブラックウォーターの作り方

水槽などで使われるブラックウォーターはその性質上、自然に作られるものではなく人工的に作りだす必要があります。ここからはブラックウォーターの作り方や注意点などをお話していきます。

マジックリーフなどを水槽に入れる

紅蜂シュリンプ 紅蜂リーフ 17cm~25cm 5枚入り

水槽の水をブラックウォーターに変えるために使われるものはマジックリーフ・ヤシャブシの実が代表的ですが、ドイツのアクアリウム用品メーカーであるテトラが販売している『ブラックウォーター』といった添加剤もあります。

やしゃぶしの実 10個 ベタ ビーシュリンプ

これらを使ってブラックウォーターを作る場合、マジックリーフやヤシャブシの実はそのまま水槽へと沈めるだけで水槽内のpHを下げられますし、テトラのブラックウォーターも規定量を水槽へと添加するだけでよいので、作り方はとても簡単です。

テトラ (Tetra) ブラックウォーター 250ml

60㎝水槽のサイズでアマゾン川を再現することも可能で、気になる人はこちらのページをご覧ください。

低pHに要注意!

ブラックウォーターは上でご紹介したように簡単に作ることができますが、水槽内にエビなどを飼育している場合にマジックリーフなどを使い低pHにしないように注意が必要です。

エビの飼育でカルシウムは殻などを作るために必要不可欠ですが、ブラックウォーターのように水槽内が低pHの状態だと不足しやすくなってしまい、育成に悪影響を与えるので飼育に向かなくなります。

ビーシュリンプにはアク抜きしてから与えよう

ビーシュリンプにはマジックリーフやヤシャブシの実が有効です。大好物ですし、繁殖に良い栄養素も出ます。

ビーシュリンプ水槽に入れるには、そのまま水槽に投入するのではなく、お湯に浸してアク抜きをしてから与えます

熱湯に15分以上浸して、アク=茶色い色素(ブラックウォーターのもと)をある程度だしきりましょう。そのまま水槽に入れてブラックウォーター化させてしまうのはpHが激変して悪影響ですので、必ず前処理をしてから投入しましょう。

ブラックウォーターでの飼育に向いている生体

エビなどがブラックウォーターでの飼育に向いてない一方で、ブラックウォーターが得意な生体としてあげられるのがテトラ類の熱帯魚です。

なぜテトラ類が得意なのかというと、テトラ類は野生の生育環境がもともとブラックウォーターなので不利に働くことがありません。

そのためテトラ類などの飼育はもちろんですが、繁殖をさせる場合にもブラックウォーターが大きく関係しているといわれているんですよ。ここからはブラックウォーターが得意とされるテトラたちがどういった魚なのかご紹介します。

カージナルテトラ

熱帯魚 カージナルテトラ(ワイルド) [20匹セット] 【北海道・九州・沖縄・離島は発送不可】 生体

カージナルテトラはネオンテトラによく似た小型の熱帯魚で、アクアリウムショップなどで売られていることも多く、飼育もしやすいので初心者から上級者まで人気の高い熱帯魚です。
性格も大人しいので混泳させることもできますし、カージナルテトラを水槽内で群泳させるととてもきれいなのでファンも多いです。

レッドファントムテトラ

(熱帯魚)レッドファントム・テトラ(ブリード)(6匹) 本州・四国限定[生体]

レッドファントムテトラは同種の中でも1匹ごとに体色がオレンジ~赤と大きく変わる熱帯魚で、ワイルド種のほうが赤色が強いものも多いです。体長はカージナルテトラと同じくらいの大きさで、同種であれば群れる性質があるので5匹や10匹単位で水槽に入れてあげると群泳してくれます。

飼育は比較的容易ですが水温の変化にはあまり強くない点だけは要注意。ブラックウォーターなど弱酸性の軟水で飼育してあげると色が際立ちやすいのもポイントです。

ラミーノーズテトラ

(熱帯魚)ラミーノーズテトラ(約2cm)<12匹>[生体]

(熱帯魚)ラミーノーズテトラ(約2cm)<12匹>[生体]

ラミーノーズテトラは体の銀色と頭の赤色のコントラストが美しく、ブラックウォーター環境で飼育してあげることでさらに色が映えていく熱帯魚です。こちらも水槽内に多く入れてあげると固まって群泳しますが、3~4匹程度でも固まってくれるのがレッドファントムとの差です。
飼育もさせやすく、ショップなどでも広く売られているので入手もしやすいですが、臆病な性格をしているものの他の生体の餌を横取りする、なんてこともあるので混泳させる場合は相手選びに注意が必要です。

ブラックウォーターでの飼育に向いたテトラ種をもっと知りたいという方はこちらをご覧ください。

ブラックウォーターでは水草が育たない!?

テトラ類などの隠れ家として水草を用いるアクアリストも少なくありませんが、実は水草も飼育させようとするとブラックウォーターでは厳しいといわざるを得ません。ここからはなぜ水草にブラックウォーターがダメなのかをお話していきます。

ライトの光が弱まって育ちにくい

ブラックウォーターが水草飼育に向いていない最大の理由がここです。茶~黒色のブラックウォーターではLED照明はもちろん、メタハラであっても照射率が落ちてしまい、水草の飼育を阻害してしまいます。
水草の中には弱酸性を好み、ブラックウォーターに強い水草もありますが、急激にpHが傾くとやはり調子を崩してしまいますので、そういったことを起こさないように注意が必要です。

ブラックウォーターに強い水草

水草の中でも以下の種類などは、水上栽培ができるものでブラックウォーターによって光がさえぎられる影響を受けないために育てることが可能です。

  • クリプトコリネ
  • スターレンジ

でもブラックウォーターの環境下で、水中で水草を育てたい場合はアヌビアスナナやミクロソリウムなどの陰性水草がおすすめですが、それでもよく発育する、というものではないのでその点はしっかり理解しておきましょう。

陰性水槽についてもっと詳しく知りたい人はこちらのページをご覧ください。

まとめ:ブラックウォーターとは!作り方と飼育に向いている熱帯魚や水草をご紹介

水槽内の水をブラックウォーターにすると、エビなどの飼育に向かなくなったりライトの光を遮ってしまうなどのデメリットもありますが、マジックリーフなどを使えば、菌の作用を弱める弱酸性の軟水を作ることができます。

pHには地域差があるため、マジックリーフの必要枚数などにも差がありますが、作り方が難しくない点が嬉しいですね。

しかしすでに熱帯魚や水草を飼育している水槽をブラックウォーターにしてしまうと、急激なpHの変化により体調を崩してしまうといった危険性も高くなるので、ブラックウォーター環境を導入する場合は水草や生物の状態をしっかりとチェックすることが重要です。

野生環境がブラックウォーターになっているテトラ類などは色が鮮やかになったり、繁殖にも大きく関係するなどメリットも多いので、これらの熱帯魚を育成する場合には今回の記事を参考にして取り入れてあげることで、きれいな色や健康を保ってあげましょう!

コメント

  1. Koroku より:

    ピートモスでもブラックウォーターになりますか?

  2. ひろっち より:

    マジックリーフなどを使えば簡単に細菌にも強い弱酸性の軟水を作ることができます
    こうゆう表現の仕方は大変な誤解を招くと思います。水槽によって枚数も違うと思いますし、そもそもマジックリーフ1枚ではコップ一杯でやっと弱酸性に振れるくらいです。日本全国水道水が同じ水質でもないですし。こうゆういい加減で責任感のない情報がアクアリウムという素晴らしい趣味が続かなくなる原因だと思いますが。

    • 中島 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      ここでの簡単、とは使用方法が簡単(沈めたり混ぜたりするだけ)、という意味でした。
      誤解を招く表現でしたので修正いたしました。