トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

メダカは室内飼育と室外飼育どちらが良い? 繁殖は?メリット、デメリット

メダカの飼育はアクアリウム初心者にもおすすめですが、飼育する場所によって以下のポイントに違いがあります。

  • 温度管理
  • ネコや鳥などの外的トラブル
  • 日光の採り入れ
  • 観察のしやすさ・飼育コスト

これらのポイント以外にも繁殖させる場合にも飼育場所によって差が出てきます。今回はメダカの飼育場所によるメリットやデメリットについてご紹介します。

メダカを普通に飼うなら!室内飼育のメリット

熱帯魚やほかの生物を飼育するのと同じように、メダカを主体としたアクアリウムを室内で行うという人は多い傾向にあります。しかし何気なくやっている室内飼育でもメダカにはさまざまなメリットがあるのをご存知でしょうか。

まずは一般的なメダカの室内飼育にどういったメリットがあるのかをご紹介します。

温度変化が少ない

エヴァリス プリセットオートヒーター 鉢用 40 メダカ&金魚

室内に水槽を置く場合、屋外と比べて直射日光や外気温の影響を受けにくいですし、雨や風などが影響を及ぼすこともありませんから温度変化が少ないメリットがあります。

またアクアリウムでは基本アイテムともいえるヒーターやクーラー、冷却ファンといった水温を管理するためのアイテムも使えるので、メダカに適した温度で飼育できるのは室内ならではの強みといえるでしょう。

メダカを飼育するアクアリストの中には繁殖を考える人も少なくありませんが、繁殖させるために重要なポイントのひとつである水温を安定させられるので、冬場でも安定してメダカを繁殖させられますし、環境の変化による餌の消化への影響も減らせますよ。

ネコなどの外的トラブルを減らせる

屋外に水槽を置いてメダカを飼育するとネコや鳥といった動物に襲われてしまい、メダカがダメージを負ったり最悪死んでしまうケースもあります。

室内での飼育ではネコなども飼っている場合でも、メダカを飼育している部屋にネコを入れさせないなどの防止策を講じることで、こういったトラブルが起きる可能性を限りなく減らすことが可能です。もちろん他にペットを飼っていなければこういったトラブルを警戒することもないので、メダカものんびり成長することができますよ。

じっくり観察できる

メダカを室内で飼育する場合は、水槽を水槽台の上などある程度の高さの場所に置くことがほとんどなので正面はもちろん、横からなどさまざまな角度からじっくりと観察できるのも大きなメリット。

これが屋外での飼育だと、池では横から見るのは不可能ですし、水槽でも高さのある場所に置くことはあまりないので上から見ることが多くなってしまいます。また夜など暗くなると観察しにくいなどもあり、これでは餌を食べたり卵を産み付ける様子などをじっくり観察することは難しいので、メダカの様子をしっかり観察したいという人は室内飼育がおすすめです。

メダカの繁殖を目指すなら!屋外飼育のメリット

メダカの飼育では一般的とされている室内飼育のメリットを見てきましたが、メダカの体色を濃くしたい場合やメダカを健康に育てたい場合はやはり自然の環境に近い屋外飼育がおすすめです。

ここではどういったメリットがあるのかをお話ししていきます。

日光を採り入れられる

飼育するうえで日光が大切な生物は少なくありませんが、メダカも日光が大切な生物のひとつ。メダカを屋外飼育にすると室内よりもふんだんに日光を採り入れやすくなるので、水の中に存在しメダカにも有用な働きをする植物プランクトンがしっかりと育つ環境を作れます。また昼と夜をハッキリさせられるのもメリットのひとつ。

このほか、日光に含まれる紫外線をメダカが浴びると人間と同じようにビタミンDやビタミンAなどを作れます。このため骨の形成が促されますし、メダカ自身も健康に育ちやすく、育成スピードも室内飼育より早くなるといったメリットがあります。

水草が育成しやすく、繁殖に良い

(浮草)ミジンコウキクサ 大パック(無農薬)(1袋)

メダカの飼育は水草も一緒に水槽内で飼育することがほとんどで、それは飼育場所で変わるものではありません。しかし屋外飼育であれば水草にも太陽光を採り入れることができるので、水草が育ちやすくなります。

水草がしっかり育ってくれると水中の硝酸塩を減らしてくれるので水質の安定を図ることもできますし、メダカを繁殖させる際の産卵場所にもできるといった効果も得られます。

そもそもメダカを繁殖させるには20℃以上の水温と1213時間の日照時間が必要とされるので、しっかり太陽光を採り入れられる屋外飼育のほうが繁殖には有利です。

メダカの品種改良を自分で行いたい!と思う人はこちらの記事も参考にしてみて。

体色が濃くなる

人間が日光に当たると日焼けをするように、どんな動物でも日光に当たることで体色が濃くなる傾向があります。メダカも程よい日光浴による日焼けをすることで、鮮やかな色合いにすることができます。殺菌効果もあるので健康にも良いですよ。

メダカの色と環境についてはこちらの記事でも解説しているので参考にしてください。

室内飼育のデメリット

ここまでは室内飼育・屋外飼育それぞれのメリットを見てきましたが、メダカの飼育環境を決めるためにはデメリットも理解しておく必要があります。まずは室内飼育のデメリットにどんなものがあるのかを見ていきましょう。

水草が育ちにくい

意図的に水槽を日当たりの良い場所に置いている場合でもない限り、室内飼育では不足しがちになる光をLEDライトなどの照明で補う必要が出てきます。でも照明で太陽光と同等の光量をキープするにはハードルが高く、水草の育成は屋外飼育よりも大変になりがちです。

またフィルターを設置してメダカを育てる場合は、フィルターに浮草類が巻き込まれてしまうこともあるので注意が必要です。

メダカ水槽で使うフィルターのおすすめを知りたい人はこちらの記事も参考にしてくださいね。

発育が普通のラインを超えない

飼育環境により違いはありますが、室内飼育の場合体色が屋外飼育のように濃くなることはほとんどないですし、逆にライト不足などが原因で色が薄くなってしまうことも多い傾向にあります。

育成スピードも屋外に比べて遅くなりますし、腹水病などの病気にもかかりやすくなるので手がかかりやすいです。

飼育コストがかかる

室内飼育をする場合はヒーターやLEDライトなど、屋外飼育では使わないアイテムを用意するので設備コストが余計にかかってしまいます。

メダカは寒さにも強いからヒーターがいらない、というアクアリストもいますが、食が細くなりますし動きもかなり鈍くなるので元気に泳ぎ回るのを見るのは難しいです。また水槽がある部屋に暖房があると寒暖差が激しくなるので、こういった場合はヒーターを導入しましょう。

また屋外だとメダカは冬眠しますが、室内飼育で冬眠させるのはかなり難しいんです。これはほかの冬眠する動物と同様にメダカを冬眠させるには豊富な栄養など必要な要素が多く、室内では対応しきれないため。

ヒーターなしでもエサが不要ではないので、屋外飼育よりコストがかかるきらいがあります。

メダカの冬眠についてもっと知りたい人はこちらのページをご覧ください。

屋外飼育のデメリット

まずはメダカの室内飼育においてのデメリットをご紹介しましたが、屋外飼育する場合はまた違った問題が出てくるんです。どういったデメリットがあるのかしっかり把握しておきましょう。

ネコや鳥に狙われやすい

ジェックス メダカ元気 快適・繁殖ケース用フタ 細目金網 M-L用

自然の生物が中に入ってこられない室内と異なり、池だったり水槽を外に置く屋外飼育の場合はネコや鳥などに狙われることもしばしば起きがちで、防獣ネットなどの対策が必須です。

また最近はメダカや金魚などが窃盗被害に遭ったニュースも聞くため、高給メダカを屋外飼育する場合は防犯対策も必要になるのが欠点です。

水温が管理しにくい

屋外飼育をする場合ヒーターなどを使うことはまずないです。そのため猛暑や台風、大雪など気象条件により水温の変動が激しくなるので安定は見込めないといえるでしょう。

少し臭う

屋外飼育でもしっかり水替えを行うマメな人であれば話は別ですが、水替えの頻度が少ない、グリーンウォーター化しやすいといった理由から室内飼育より臭いやすくなります。

飼育するメダカの数が増えるほど顕著になりやすいですし、特に夏場は室内飼育でも臭いが気になることがあるくらいなので、屋外飼育は臭いがデメリットなことも多いです。

室内飼育と屋外飼育は目指すイメージで決めよう!

室内飼育と屋外飼育のメリットやデメリットを見てきましたが、大事なのは「どういったメダカを育てたいか」ということ。飼育環境を決める前にこれをしっかりしておくことが必要です。

コンセプトとしては餌を食べたり卵を産む様子を見たい、といった場合は室内が向いていますし、メダカの色を濃くしたい場合や健康に育てたい場合は屋外飼育が向いています。育て方を決める重要なポイントなので、しっかり考えることが必要です。

まとめ:メダカは室内飼育と室外飼育どちらが良い? 繁殖は?メリット、デメリット

メダカの飼育は、ポピュラーな飼育方法でありなおかつじっくり観察を楽しめる室内飼育と色が濃くなりやすく、健康に育てられる屋外飼育に分かれます。

それぞれの方法でメリットもデメリットもあり、きちんと把握しておかないとデメリットに気づかず失敗してしまった、といったトラブルに遭うことも。

メダカの飼育をどちらで行うかお悩みの際はこの記事を参考に、自分が目指すイメージに合った方法でメダカを元気に育ててくださいね!

シェアする

フォローする