熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

プレコと一緒に飼える生き物!コリドラス・小型魚などおすすめの生体とは

プレコはコケを食べてくれる生き物で、水槽のお掃除役として飼育されるのはもちろんですが、最近は多くの種類が販売されているので人気も高いのも特徴。

しかし他の生体と一緒に混泳させる場合、小型のものなら、中型以上のサイズでなおかつ性格が荒いものは攻撃をしてきてしまうのでアウトです。

生活層が似ているエビなどをはじめ、プレコがなめてしまうことで弱ってしまう危険性が高いとされるエンゼルフィッシュやディスカスも混泳できません。

ソイルを崩される水草なども厳しく、混泳相手もよく考えて選ばないといけないんです。

今回はプレコが他の生体と混泳させられる条件や、大きさ別に混泳可能な生体をご紹介します。

プレコと混泳できる条件

プレコと他の生体を混泳させる場合、体格差やなめても影響の少ない生体か、などいくつかのポイントをクリアする必要があるんです。ここではプレコを混泳させる際の条件や注意点を見ていきます。

大きさによって混泳できる魚が変わる

プレコと他の生体を混泳させたい、と考えた場合にまず一番最初に気にしなければならない点は大きさ。プレコのサイズが小型なのか大型なのかにより、混泳をさせられる生体も変わってきます。

ゼブラプレコなど小型の場合、同じような小型の熱帯魚であれば混泳は可能。しかしコリドラスやクーリーローチ、エビなどの生体は水槽の下層が生活層で重なってしまうため、魚同士がぶつからずに済む、大きめの水槽でないと厳しくなってしまいます。

またセルフィンやアグアといった大型になる種類の場合、アロワナやオスカーといった大型熱帯魚との混泳も可能。しかしこれらの大型熱帯魚と混泳させる場合、プレコとの体格差が大きい場合は襲われてしまうことも少なくないので、サイズ差が激しい場合は混泳は控えてください。

どういった魚がどの層を泳ぐのか気になる場合はこちらの記事もご覧ください。

水草水槽との相性は悪い

プレコと水草は相性が悪い、という話を聞いたことがあるアクアリストも多いのではないでしょうか。

実際のところこれはどうなのかというと、コケなどをメインとして食べますが、これらは植物であることには変わりなく、さらにプレコ自身が大食漢ということもありコケを食べ終わったけど餌が足りない、という場合は水草を食べてしまうことも多いんです。

そのため基本的には水草との相性は悪いです。

特にソイルを使っている場合、プレコが崩してしまうことも多く、手間が余計にかかってしまいます。掃除の回数を増やしたり水替えの回数を多めにするなどの対策を行うことで同じ水槽で飼育することも可能ですが、「そこまで手間をかけられる時間がない」という人は混泳させないようにしましょう。

プレコ以外にも水草が食害に遭う生体がいます。気になる場合はこちらをチェック!

プレコが舐めてしまわない生体が良い

観賞用の熱帯魚として人気の高いディスカスやエンゼルフィッシュはネオンテトラなどと一緒に混泳させて、その美しさをより楽しむという人も多いです。

しかしこれらの魚とプレコを混泳させてしまうと、プレコが体表をなめてしまい、それにより黒化や拒食などを起こして魚が衰弱してしまうこともあります。

最悪の場合はこれが原因で死んでしまうことも。

これらの生体のほか、ポリプテルスやエイ類といった大型魚でも同じ問題が引き起こされてしまいがちなので、混泳は避けるようにしましょう。

小型プレコと混泳できる生き物

ここまではプレコと他の生体を混泳させるときに注意すべき条件をご紹介してきましたが、今度はサイズ別に混泳できる生体にどんなものがいるかを見ていきます。まずは小型のものから。

コリドラス

(熱帯魚)コリドラス・ステルバイ(5匹) 本州・四国限定[生体]

コリドラスはプレコと混泳させるのが難しい、と言われることが多いですが、いくつかのポイントをしっかり守っておけば意外と混泳可能な生き物です。その条件とは…

  • 遊泳層が同じなので水槽に十分な広さを作り、隠れ家も用意してやる
  • 体格差が出ないようにする
  • pH折り合いをつける
  • なるべく大人しいものを選ぶ

主にこのあたりが挙げられます。気を付けることも多いので初心者のうちは避けておき、ある程度知識がついてからチャレンジするようにしましょう。

グッピーなど小型熱帯魚

(熱帯魚)ブルーグラスグッピー(国産グッピー)(3ペア) 本州・四国限定[生体]

グッピーやネオンテトラといった小型熱帯魚は遊泳層がかぶることもありませんし、性格もおとなしいのでプレコが攻撃することもされることもありません。

また上と下とで色合いの違いも楽しめるので、プレコと他の生体を混泳させたい初心者にも向いた生き物です。

ベタ

(熱帯魚)ベタ トラディショナル メス(色おまかせ)(約2-3cm)(3匹)[生体]

(熱帯魚)ベタ トラディショナル メス(色おまかせ)(約2-3cm)(3匹)[生体]

ベタは体表が硬い殻に覆われている魚なのでプレコが舐めたりしても、比較的無反応ですし、遊泳層も中~上層なので混泳させやすい組み合わせです。

プレコが大型の場合気が荒いものが多くなるので、混泳させる場合は小型のものを選ぶようにしましょう。

大型プレコと混泳できる生き物

プレコはブッシーやゼブラといった小型のほか、セルフィンやアグアといった大型のものも存在しています。ここからはこれらの大型のプレコと混泳できる生き物をご紹介していきます。

アロワナ

【熱帯魚・古代魚・大型魚】 シルバーアロワナ ■サイズ:14cm± (1匹)

【熱帯魚・古代魚・大型魚】 シルバーアロワナ ■サイズ:14cm± (1匹)

アロワナは大型の肉食魚なので、そこにプレコを入れても大丈夫?と思う人もいるかもしれませんが、よほど大きさに差がない限りは問題ありません。

ただし水槽のサイズが小さいとアロワナがストレスを感じて攻撃してしまうこともあるので、水槽の大きさには注意が必要です。

オスカー

(熱帯魚)タイガーオスカー(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

(熱帯魚)タイガーオスカー(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

オスカーはシクリッドの仲間なので縄張り意識が強いので性格により混泳が難しくなる例もありますが、泳ぎが早いのでプレコがなめようとしても逃げ切れることが多いです。

そのため問題なく混泳できることも多いですが、セルフィンなどプレコ側がかなり大きくなってしまった時は要注意。

性格も荒くなりますし、オスカーがなめられて弱るケースも皆無ではないので、そういった兆候を見つけた際は混泳を中止して別々に隔離してください。

ダトニオ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(熱帯魚)ダトニオプラスワン 7〜9cm(1匹) 北海道・九州航空便要保温
価格:2760円(税込、送料別) (2019/12/25時点)

楽天で購入

ショッピングサイトを選べます

ダトニオは性格的に神経質で、他の大型魚を攻撃するタイプも少ないので混泳に適した生き物といえるんです。また遊泳層も違い、ある程度棲み分けがはっきりしている点もポイント。

プレコのサイズがダトニオよりあまりにも小さい場合は攻撃を受けることもあるので、なるべく同じか、大きいプレコを選んであげてください。

大型のプレコの混泳では水槽の大きさも重要な要素になるケースが多いです。60cm水槽などの大きさでは小さすぎてストレスを感じさせることも少なくないため、最低でも90cm以上の大きさの水槽を選ぶとトラブルも減らせます。

まとめ:プレコと一緒に飼える生き物!コリドラス・小型魚などおすすめの生体とは

プレコはコケ取りをしてくれる働きがあり、水槽のお掃除屋として導入されるといったことも多く、特徴的な見た目や色合いから単独で飼育されるケースも増加傾向にある生き物です。

せっかくなら他の生体と混泳してみたいという人も多いですが、プレコ自身の大きさにより混泳ができるかが決まる生体は変わりますし、なめられることで弱る危険性の高い生体との混泳はNG。プレコと他の生体との混泳をしたい時は、今回ご紹介した内容を参考に、相性のいい混泳を楽しみましょう。