トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

鯉ベタとは!ニシキゴイのような三色ベタの飼育方法、魅力と人気に迫る!


グッピーのように世界中に愛好家のいるベタですが、近年は品種改良がすすみ尾ひれの短いプラカットタイプで錦鯉のような赤・黒・白の3色模様の「鯉ベタ」が登場しています。基本的カラーだけでなくオレンジや青などの入った種類もあり、従来のベタよりも性格が比較的温厚なことから、混泳などを楽しむアクアリストも多いです。

また鯉ベタは成長するに従い、色が変わることもあるという特徴があり気が付いたら購入したときとは異なるカラーになっていた、なんてことも珍しくありません。

今回はベタの中でも人気急上昇中の鯉ベタについて、特徴やその魅力などに迫っていきます!

鯉ベタとは

アクアリウム初心者やベタの知識がない人の場合ベタというと、ショーベタのように大きな尾ひれを持つものをイメージする人が多いかと思いますが、実はオス・メス共にひれの短い「プラカットタイプ」も存在します。

鯉ベタはこのプラカットタイプに分類されるベタです。プラカットタイプでカラーバリエーションが豊富な「マーブル」という品種がありますが、マーブルタイプとの違いはそのカラーにあります。

体の色は白(クリア)、赤、黒の三色

鯉ベタはプラカットタイプのマーブルタイプの中でも特に「赤・黒・白(または透明)」の3色が基本的なカラーになっているもので、鯉の体形に似ているもの。模様の入りが鯉に似ていることから鯉ベタと呼ばれています。

稀に青やオレンジといった色が入ることもありますが、このような場合はカラーが3色以上のものをさす「ファンシー」や「マルチカラー」また光沢スポットがある場合は「ギャラクシー」などという表記が付けられることも多いです

鯉ベタの魅力

【ベタ】飼育中‼︎ 122 鯉ベタ飼育1週間見惚れちゃう‼︎

鯉ベタは、飼いこんでいくにしたがい、環境がよければ発色がよくなっていきますが、それ以外にも魅力はあります。アクアリストをひきつけてやまないのは、やはりその色や模様などが大きいようです。

個体ごとに異なる色・模様

鯉ベタの色や模様は、ひとつとは決まっていません。同じ色の鯉ベタでも1匹ずつ色や模様の入り方が異なり、ベースとなる色の割合も異なることが多く、赤ベースだったり、白ベースという鯉ベタなど多く存在します。

ベースとなる色や柄の入り方などは、親からの遺伝的な部分もありますが祖先から引き継いでいる色が隔世ででることもあり、青や黄色が入ることも珍しくありません。

成長により模様が変化する

トラディショナルなど他のベタにもいえることですが、稚魚から成魚になる段階で色や模様の大きさなどが変化することも珍しくありません。また成魚になってからも、体の色が全く異なる色に変化してしまったり、模様が変化することもよくあること。

しかし翌日にいきなり変わっていたというのではなく、少しずつ色の占める割合が変わってしまったり、模様がなかった場所に模様ができるといった、流れるような変化になることが多い傾向にあります。

鯉ベタはトラディショナルなどと比較するとこの色や模様の変化が大きく、良い環境でベストな体調で飼い込んでいくことで、色や柄の変化が出やすいです。この模様の変化や人に慣れやすく愛嬌があるということから、アクアリストの心を魅了してやまず人気が高まっているんですよ。

鯉と同じように分類・種類がある

鯉ベタとひとくくりにされがちですが、実際には体色や模様のでかたなどで鯉のようにたくさんの種類に分けられています。ごく一部ですが、いくつかご紹介しましょう。

紅白

ボディは光沢感が控えめなホワイト、ヒレはクリアファインで、赤い模様の割合が多い鯉ベタ

丹頂

白い色がベースで頭頂部分に赤い丸い模様が入ったものです。模様のでかたが遺伝で安定していないようで、レア品種とされています。 

黄色写り

こちらは鯉ベタにしては珍しく体色のベースが黄色で、黒や白の模様が入っているものです。体色が白い色だったものが飼い込んでいくうちに黄色みが強くなっていく例が多いようですよ。

また最近は愛好家による新しい品種の作出がすすんでおり、プラガットながらもハーフムーンなどと呼ばれる鯉ベタも登場しています。

鯉ベタの飼育方法

鯉ベタについての特徴などについてお話ししてきましたが、ここからは実際に鯉ベタを飼育する方法や、飼育時の注意点などについてお話ししていきますよ!

基本の飼育方法

トラディショナルなどのベタと鯉ベタは飼育方法に大きな違いはないため、基本的にはベタの飼育方法で大丈夫です。

コップなどでの飼育も可能ではありますが、ヒレが短いので動きがトラディショナルよりも早いですし、動き回ることが多く飛び出し事故も起こりやすいです。そのため飼育容器には必ずフタをして飛び出し事故を防止する必要があり、よりよい環境でしっかりと色や模様を出したいのであれば、やはり水槽での飼育がおすすめ。

特にアクアリウム初心者の場合は、容器が小さいと水質悪化が早いため水質維持が難しくて失敗しやすいです。最低でも25cm位の水槽での飼育をおすすめします。

ベタの基本的な飼育については、こちらの記事を参考にしてくださいね

鯉ベタの混泳について

【アクアリウム】おまかせ鯉ベタ赤色と黄色を購入!めっちゃ可愛い!

ベタは気性が荒いことで有名ですが、鯉ベタを飼育しているアクアリストさんのYouTube動画や画像を見ていると、混泳に成功している人が多いですよね。

鯉ベタはトラディショナルなどと比べると、比較的性格が温厚な品種ですが、1匹ずつ性格が異なります。水槽内で同種同士を混泳させた場合でも、相性がよければ混泳させても問題がない場合も多いです。

しかしオスは相手がボロボロになってしまうまで喧嘩してしまうこともあるため、オスの同種同士の混泳は避けたほうが無難でしょう。どうしても混泳させたいというのであれば、2匹程度で、60cm以上など中型~大型水槽で水草などで隠れ場所をつくり、縄張りを分けることのできるような広いスペースを確保してあげることをおすすめします。

オスよりも性格が穏やかなメスの場合、大きな水槽での混泳だと成功しやすい傾向にありますが、常に水槽の端にいたり隠れているものは、知らないうちにいじめられている可能性があります。

いじめが発生した場合は強い個体を別水槽に移動させるのが一般的ですが、水槽内のパワーバランスが崩れて他のメスがいじめを始める可能性もあるので注意してください。

他の熱帯魚との混泳は鯉ベタよりも体が小さいものなら可能なケースが多いですが、エビは餌と認識されてしまうので水槽に入れないほうがよいですよ。

鯉ベタと混泳可能な熱帯魚については、こちらの記事を参考にしてくださいね!

鯉ベタと相性の良い水草

鯉ベタはヒレが短いですが、トラディショナルなどと同じでヒレはとても柔らかく、傷つきやすいので、水槽内に入れる水草は、柔らかめのものがおすすめ。

和風な雰囲気の水槽を作りたいのであれば、マツモなどもよいですが、ウィローモスなどを流木などにつけたりするのもよいですよ。

水槽アクセサリーは隙間部分に鯉ベタが入り込んでしまって、自力で脱出できなくなる可能性もあるので、配置場所に気を付けましょう

ベタは繁殖期になるとオスが水面に「泡巣」を作る習性があることから、浮草とも相性が良い熱帯魚なので、繁殖を考えているのであればオスの水槽には泡巣を作りやすくするために浮草を入れてあげるのもおすすめ。

繁殖を考えていない場合は、水換えの際に泡巣は掃除ついでに取り除くことがほとんどです

ベタと相性の良い水草に関しては、こちらで紹介しています!

まとめ:鯉ベタとは!ニシキゴイのような三色ベタの飼育方法、魅力と人気に迫る

【ベタ】飼育 163 鯉ベタキャンディ 魅力的なベタを飼育しよう!

今回は鯉ベタについてその特徴やアクアリストを引き付ける魅力、また飼育に関してお話しました。

稚魚~成魚になる段階での色や模様の変化を見るのも楽しいですが、成魚を飼い込んでいくことで起こる色や柄の変化も面白いものです。

錦鯉のように種類も豊富なので自分のお気に入りの1匹を探し求め、見つけるまでが大変ですが、実際に飼育するととても愛らしいしぐさや表情をみることができ、鯉ベタにハマってしまうことでしょう。

飼育方法などに関してはトラディショナルベタなどと変わらないため、比較的飼育しやすい熱帯魚なので、アクアリウム初心者さんでも飼育しやすいです。機会があればぜひ一度、鯉ベタの飼育にチャレンジしてみてください!