熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

サンゴの種類と飼育難度!ソフトコーラル、LPS、SPSの違いとは?

海水魚を飼育しようと考える時に、サンゴも飼育しようと考えたことはありませんか。

しかし、サンゴには様々な種類が存在し、テレビで見るようないわゆるサンゴ礁にあるサンゴから、ゆらゆら揺れているサンゴ、キノコのような形状をしているサンゴまで多種多様に存在しています。

そのなかで、はじめてサンゴを飼育する場合に、一体どのサンゴを選べば上手に管理できるか不安になる方もいるかとおもいます。

しかし、その予感は正しいのです。

なぜなら、サンゴによっては簡単な設備と管理で飼育できるものから、本格的な飼育設備がなければ育成することができないサンゴまで大きく分かれるからです。

ここでは、サンゴの種類と飼育難易度についてやさしく解説していきます。

サンゴの種類について

アクアリウムに流通するサンゴは大きく下記2つに分かれます。

  • ハードコーラル
  • ソフトコーラル

このなかで、ハードコーラルについてはさらに2つに分けられています。

  • SPS
  • LPS

単語だけ聞くとサッパリ分からないかとおもいますので、それぞれ解説いたします。

ハードコーラル

ハードコーラルとは、簡単に言うと骨格を持つサンゴです。

温暖化現象でよくサンゴが白化したと言われる被害は、ハードコーラルが被害にあったものです。

飾りのサンゴで白いサンゴがありますが、それもハードコーラルです。

ソフトコーラルと比較し鮮やかなサンゴが多く、値段も高価です。

最近ではワイルド個体と呼ばれる自然の個体が少なく、養殖された個体が多く出回るようになりました。

沖縄などの一部の地域では県条例にて採取不可とされています。

SPSサンゴ

ハードコーラルのなかに、SPSと呼ばれるサンゴがあります。

これは俗に言うミドリイシと呼ばれるサンゴを指します。

SPSとは、スモールポリプを指す言葉、つまりポリプが小さいということです。

ポリプが小さいから餌が不要ということではなく、餌も必要ですが、それよりも水質や光が重要視されるサンゴの仲間で、飼育が最も難しい種類に区分けされています。

LPSサンゴ

こちらはラージポリプを指すサンゴとなり、ゆらゆら揺れるナガレハナサンゴから、動きは少ないけどコレクターが多いオオバナサンゴなどを指します。

ミドリイシ類を除いた骨格を持つほとんどのサンゴはLPSと覚えておくと理解しやすいかとおもいます。

飼育には、サンゴフードを与えるとプクプク太り、より元気に育成することが可能ですが、決してサンゴフードを必ず与えなければならないわけではありません。

わたしは十年単位でLPS飼育しましたが、サンゴフードを与えないでも大きくすることができました。

ソフトコーラル

ソフトコーラルは、その名の通り柔らかいサンゴを指します。

トサカやウミキノコ、ウミアザミやヤギと呼ばれるサンゴが代表的なソフトコーラルです。

ソフトコーラルは飼育が簡単で初心者向きと言われていましたが、今はLPSに養殖個体が流通してきたこともあり、飼育レベルはLPSの養殖個体と同じ、または天然のソフトコーラルはやや難しいかもしれません。

とくに、ウミアザミと呼ばれる美しいサンゴは、入荷状態が悪いとすぐに溶けてしまうデリケートなサンゴなので、はじめてソフトコーラルに挑戦したいという方は、ウミキノコかトサカサンゴにしておくことがベターです。

また、イソギンチャクはソフトコラールに含まれないのかという疑問もあるかとおもいますが、イソギンチャクは含まれません。

ソフトコーラルとの違いは、ソフトコーラルはハードコーラルのような骨格は持ちませんが、骨片と呼ばれるもので構成されています。

トサカなどが死んでしまった時に、骨の破片がバラバラと砂の上に落ちるのは骨片によるものです。

それに対しイソギンチャクは、完全にドロドロと溶けてしまいます。

ここが大きな違いとなります。

サンゴの飼育レベルについて

サンゴの飼育レベルは、一般的に下記順番となります。

(簡単)

養殖ソフトコーラル

養殖LPS・天然ソフトコーラル

天然LPS

養殖SPS・陰日性サンゴ

天然SPS

(難しい)

ここで陰日性サンゴというワードを組み込みました。

陰日性サンゴとは、光のほとんどを不要としプランクトン給餌主体なサンゴを指します。

光がいらないということで、自然界でも深場または、岩の裏側に生えていることが多く、冷水を好む種が多いです。

わたしの経験では、SPS並みに飼育が難しく長期飼育している方はなかなか見られないサンゴですので、初心者は控えるべきサンゴです。

陰日性サンゴの代表的な種類では、イボヤギ、ヤギ類が挙げられます。

まとめ:サンゴの種類と飼育難度!ソフトコーラル、LPS、SPSの違いとは?

いかがでしたか。

サンゴの種類と飼育レベルについて解説しました。

サンゴを飼育する際は、はじめに自分の水槽を客観視して、購入するサンゴが飼育できる設備があるかどうか見極めるようにしましょう。

とくに、水槽用クーラー、そして光と水流は大切です。

ただし、海水魚のベテランになるほど、海水魚を飼育するよりサンゴの飼育が簡単という方もいます。

確かに種類によりますが、サンゴ飼育は比較的簡単だとおもいます。

ただし、そうなるまでには正しい知識とアクアリウムに対する情熱が必要です。

貴重なサンゴを長期飼育できるよう、たくさん経験を積み愛情を持って育てていきましょう!