熱帯魚・金魚の水槽・アクアリウム情報メディアサイト「トロピカ」

フォローする

初心者でも使える!熱帯魚のおすすめ治療薬!薬の種類から変更方法まで解説

熱帯魚の飼育とは切っても切れないのが“病気”です。水質の悪化や水温の変化、新しい生体の導入など、原因はさまざまですが重篤化すると命に関わる事態にもなりかねません。そのような時に知っておいてもらいたいのが“治療薬”の存在です。

熱帯魚の病気に効果的な薬品を飼育水に添加することで、生存率を高めることができます。

用量や用法が難しいイメージがありますが、今回は初心者の方でも使いやすい、おすすめの治療薬をご紹介します。

初心者でも使いやすい魚病薬

熱帯魚の魚病薬は種類や用量・用法を間違えれば、魚に大きな負担をかけてしまいます。ただでさえ、病気で弱っているところに、さらにダメージを与えて悪化させてしまうこともあります。

そのような場合は難しい薬を無理して使うよりも、簡単なものを正しく使った方が効果は高いです。

ここでは、初心者の方でも比較的扱いやすい薬を選定しました。病気の疑いがある場合や常備薬として置いておきたい際には参考にしてみてください。

グリーンFクリア

水草水槽にも使える グリーンFクリア 60ml 動物用医薬品

水槽中に蔓延しがちな白点病を水草がある状態でも駆除できる便利な薬です。通常、薬を入れると水草は枯れてしまいますが、グリーンFクリアであればその心配もありません。水草水槽の魚に白点病が発症してしまった場合にとても重宝する魚病薬です。

また、色素材を使用していないので、底砂やシリコンを着色してしまうこともありません。水量20Lに対して10mlを添加した後、よく混合して薬浴させます。薬効が10~14日間と長いのも特徴です。

60ml、120ml、500mlと3つのサイズがあるので、水槽のサイズを考慮して選択しましょう。

ニューグリーンF

ニューグリーンF 15g (5g×3)1箱 動物用医薬品

白点病はもちろん、水生菌症や尾ぐされ病、スレ傷など多効能なため、汎用性が高い薬です。ただし、そこまで強い薬ではないので重症の場合は別の薬に切り替える必要があります。水量50Lに対して5gを溶かして使用しますが、容量が15gのタイプは1包が5gと規定量に包装されているため、使いやすいです。

他にも35g、100gのタイプが存在します。薬効は5~7日間です。

グリーンFゴールドリキッド

動物用医薬品 ニチドウ 観賞魚用 グリーンFゴールドリキッド 10ml

エロモナス感染症に効果があります。観パラDと有効成分は同じ(オキソリン酸)ですが、こちらの方が薄くて小さな容器・水槽で使いやすいです。また、水草へのダメージはあまり大きくありません。

水量10Lあたり10mlが規定量。薬効は10~14日間で、容量は10ml、150ml、250mlの3タイプです。

ちなみに、「グリーンFゴールド顆粒」という薬もありますが成分が異なり、規定量も少量で扱いにくいため注意が必要です。

グリーンFリキッド

【動物用医薬品】ニチドウ グリーンFリキッド 100ml

上記のゴールドリキッドと名前が似ていますが 成分は全く違います。白点病やスレ傷、水生菌症、初期の水カビ病などに効果があり、魚毒性が低い薬なので使いやすいです。水量60Lに対して50mlを添加して、良く混合してから薬浴させましょう。

用量は10ml、100ml、200ml、薬効は5~7日間です。使用する際はガラスの接着面のシリコンや底砂を着色してしまう場合があるので、別の水槽へ移して使用することをおすすめします。

アグテンパウダー

【動物用医薬品】ニチドウ アグテンパウダー 30g

アマゾンリンク(デフォルト表示)
ショッピングサイトを選べます

コスパはあまり良くありませんが、総合感冒薬のようなイメージで常備しておくと安心です。白点病や水カビ病、スレ傷、細菌性感染症に効果があるものの、それほど強力ではありません。

水量30~100Lに対して2gを使用します。容量3gのタイプは1gずつ個包装されているため、とても扱いやすいです。一方、容量30gのタイプは個包装されていないので少々面倒ではありますが、水量が多い場合や常備薬として置いておく分には良いでしょう。

魚病薬を切り替える方法

魚病薬は病気に効果的な反面、環境をガラッと変えてしまうため魚の健康状態に悪影響を与えることもあります。

そのため、飼育水から薬浴用の水槽に移動したり、薬を切り替えたりなどする場合は細心の注意が必要です。タイミングを誤れば病気の治療どころか、病状を悪化させてしまうことも。

ここでは、魚に余計な負担をかけずに魚病薬を切り替える方法をご紹介します。

いきなり変更するのはNG

症状が見られなくなったからといって、いきなり薬浴をやめて元の飼育水に入れるのは控えましょう。

水質が急変することによって体調を崩してしまいます。それだけでなく、完全に治っていなければメイン水槽の生体にまで病気を広げてしまう事態にもなりかねません。薬浴期間が終了しても半換水程度にして2~3日ほど様子を見ましょう。治りきっていない場合はその期間で変化があるので、確認もできます。

同様に薬を別の薬に切り替える際にも急に切り替えてしまうと、かえって魚の体力を奪ってしまいます。病気の魚は体力が落ち、体調が不安定な場合も少なくないので、良かれと思ってやったことが追い打ちとならないよう気を付けましょう。

効果が薄い場合は別の薬に切り替えよう

薬浴しても効果が薄い・感じられない時は、原因菌にあっていない薬を使用してしまっている可能性が高いです。

例えばグリーンFゴールドリキッドで薬浴しても症状が改善しない・進行している場合はワンランク上の「観パラD」や「グリーンFゴールド顆粒」へ切り替えるなどする必要があります。

当然のことながら、薬を切り替えることによって水質が変わるだけでなく、効果が出るまで時間がかかってしまうため、魚に負担がかかります。薬浴する際には病状をしっかり見定め、必要最低限の回数で済ませられるようにしましょう。

まとめ:初心者でも使える!熱帯魚のおすすめ治療薬!薬の種類から変更方法まで解説

アクアリウムでは常に病気の危険が付きまといます。そのため、熱帯魚の健康状態を長い期間にわたって維持するためには、必須の技術といっても過言ではありません。急に発症し、あっという間に水槽内に広がってしまうと焦って判断を急ぎがちですが、じっくり観察して症状に合った薬を選択しましょう。その方が、薬浴期間も短くて済むので、魚にかかる負担も抑えられます。

どの病気なのか判断に自信のない方は下記の記事も参考にしてみてください。